April 27, 2021

ウマ娘が楽しすぎて、仕事が憎い(支離滅裂)

職場に行ったら俺への連絡なく勤務スケジュール変えられて、時間つぶしに更新してみる。
(本当はついでに働かせられそうだったけど、勘違いならともかく連絡漏れなので即行で引き上げた)

だいぶ時間たったけどようやくウマ娘のアニメ1期・2期共に見れた。
(2期のBD欲しくてたまらないけど、値段がえらい事になってるから泣く泣く諦めた。
 でも特典考えたら十分適正価格に思えてならないw)

それどころか漫画版のシンデレラグレイも単行本買ってたw(マジ面白いから皆読んで!)
ウマ娘 シンデレラグレイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
伊藤隼之介(原作:Cygames)
集英社
2021-01-19


ウマ娘 シンデレラグレイ 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
伊藤隼之介(原作:Cygames)
集英社
2021-02-19



更にシミュレーションゲー苦手なくせにウイニングポスト9 2021まで買ってたww
(本当はモンハンライズも一緒に買ってもよかったけど、コントローラ別に買わないと不便そうだから止めた)
ウイニングポストの方はとりあえず1984年シナリオをEASYで始めてる。
→NORMAL以上でやる気しなかった+シンボリルドルフを倒してみたかった。

こっちの話については、また別の機会に触れるとして今回もウマ娘の話である。

まずアプリの方は前回以降新たにサイレンススズカ・カレンチャン
そして念願のシンボリルドルフが追加され、サポカも前回よりは大幅に強化し
気がつけば全トロフィーコンプも果たし、遂には初の(青)因子ガチャ初勝利も達成した。
まさかハルウララ有馬記念チャレンジの練習のつもりの育成でスピード+ダート星3が来るとはねぇ・・・
ただウララだから相性ボーナスには全く期待できないから、次の因子ガチャの戦いを始めてる(苦笑)
それにしても短距離オンリーとはいえカレンチャン優秀すぎて、チーム戦の勝率も上がり
遂にはCLASS6入りも果たした(翌週即落ちだったけど、初回昇格ボーナス貰えれば十分満足)

育成の方も、もはや人権カードと化した完凸キタサンブラック持ちフレンドを確保できたおかげで
URAシナリオ失敗率もかなり下がった。
大抵はBランク評価になってきて、稀にAに到達する程度のレベルだけど
微課金にしては十分ではないだろうか(と必死に言い聞かせて財布の紐を締める)
そして育成面で、ようやく前述の通りルドルフを確保した事で、自前での強差しナイスネイチャが
育てられるようになり、もはや育成回数はネイチャがトップである(本推し決定!)

レジェンドレースは、あれからキングヘイロー・タイキシャトル・サクラバクシンオー・カレンチャンが来たけど
タイキシャトルとカレンチャンはなかなかの強敵で、勝率5〜6割だった。
次は5月後半辺りになるらしいけど、今からピース大量GET強敵との戦いが楽しみである。

一方アニメの方だけど、1期・2期両方見て個人的には2期の方が好きだった。
・1期はウマ娘の世界観紹介かつ正統派スポ魂なので強い揺さぶりはない(先に2期見ちゃったのもある)
 サイレンススズカの故障→復活や日本総大将誕生は熱かったけど。

・2期はトウカイテイオーに視点を当てつつも、チームカノープス・ライスシャワー・ミホノブルホン・
 パリピコンビ(メジロパーマー・ダイタクヘリオス)・そしてライバルポジのメジロマックイーンにも
 焦点が当たる群像劇が繰り広げられつつも、トウカイテイオーの栄光・挫折・絶望・再起が
 見事に描かれている(日常パートはともかくレースや故障は史実通り)

・ナイスネイチャの出番(2期は、かなり見せ場あり!)

・ツインターボ師匠(10話は何回見ても号泣必至、アプリでも実装はよ!!)

・実は1番やばかったチームカノープス(これまた10話参照、もうね皆すき!!!)


詳しく語りだすとキリがないので、大事なことだけ出来るだけ纏めてみるけど
前述の通り2期はトウカイテイオーの骨折から始まる様々なアクシデントに
心が痛くならざるを得ないが、決して暗い場面ばかりではない。
笑い(4話のゴルシ、7話のライスVSスピカ、主治医です)
燃え(2話菊花賞、10話オールカマー、最終話有馬記念)
癒し(チームカノープス)、覚醒(8話のライス)、感涙(全話と言っても過言なし!)
尊み(パリピコンビ)と様々な感情の波に突き動かされ、気がつけばウマ娘が大好きになっている事でしょう。
1つだけ気になる事としては、メイショウドトウに救いはないのですか?
(占い師マチカネフクキタルになぜか振り回され、カノープス謎の覆面軍団に襲撃される)
  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 11:32Comments(0) 特撮・アニメ・マンガ | ゲームレポ

March 22, 2021

タイキ、トレーナー業から未だ戻れず(今回もウマ娘)

ウマ娘も来てくれた20人?分のURAファイナルクリアが完了して
ジュエルの入手もそろそろ厳しくなってきたのだが
ハルウララ有馬記念勝利を最終目標とするタイキにはまだまだやる事はいっぱいある。
ただ因子ガチャみたいな作業だけやり続けるのは流石にツラいから
とりあえずトロフィーコンプしつつ因子集めする感じで楽しんでる。
そう言いつつもうG汽肇蹈侫ーはコンプしたんだけどw

ただG兇G靴魯譟璽洪多くて、半分もやってなかったから
やりがい(ジュエル集め)あるけど、ある意味大変(育成バランス崩れる)

そういえばレジェンドレース2人目のお相手はスペちゃん(スペシャルウィーク)だったけど
レース環境は前回と同じだったから、今回もエースであるマヤノに頑張ってもらったんだけど
1回だけ敗れてしまった。(コンディション好調だったけど、まさかの出遅れ+スキルほぼナシ)

IMG_5175

懸命に踏ん張って走るマヤノのこの表情すき。

最後のお相手は皇帝シンボリルドルフだけど、条件同じなら勝てると思うけど
なぜか皇帝相手だと勝率下がるかもとなんとなく思ってたりする。
でもここ勝っておいてルドルフのピースを押さえておきたい。  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 03:15Comments(0) ゲームレポ 

March 16, 2021

ウマ娘が面白すぎて、他が手につかない!

IMG_4975

IMG_4976


ごるしっ!ハイという訳で今回もウマ娘に関するお話。
前回の投稿投下もあってか目標3つ中2つを達成してしまった。

>.魯襯Ε薀蕕URA優勝
→優勝どころか因子すら用意できてない

>▲好函璽蝓2章第4レースクリア(ここから難易度上昇)
→こちらもあっさりクリア。(SSRスーパークリークのおかげ)

>2浩旅行エンド(出来ればタイキシャトルで!)
→まさかのゴルシが初温泉旅行だったよ。(正直勝てると思ってなかった)

ちなみにURAチャンピオンなったのは・・・
ダイワスカーレット、マルゼンスキー、サクラバクシンオー、タイキシャトル
オグリキャップ、エアグルーヴ、アグネスタキオン、スーパークリーク、ナイスネイチャ
ハルウララ、マチカネフクキタル、ウォッカ、メジロライアン、マヤノトップガン(現在最高評価)
ゴールドシップ(ゴルシ、温泉旅行END)、スペシャルウィーク


残り(未取得は除く)
グラスワンダー、エルコンドルパサー、ウイニングチケット、キングヘイロー

特にグラスとエルは、イイ感じな能力値にできてもレース勝てないわ
デバフ起きるわで流れが来ない(泣)

流れが来ないと言えば、イベントのルーレットも靴ばっかで
イベント用スペシャルウィークを辛うじて4凸できたけど、あれは酷いわ。
全然ルーレットでビンゴ揃わない(皆苦しんでたみたいでクレームも入ったらしいが)

それと育成して思った事があるんだが、世間一般では逃げ・先行での育成が
勝ちやすく育てやすいなんて聞いたけど逃げはともかく、先行だと
タイキの育成成功率低いんだよねぇ…
逆に運が絡んでくる差し育成は大変だけどやってて楽しいし
レースもドラマチックだから、差し時々逃げのバランスで育成してる。
カードバランスやデッキ構成は、微課金なりには悪くないはずなんだけど
立ち回り悪いのかなぁ〜?  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 21:56Comments(0) ゲームレポ 

March 09, 2021

恐るべしウマ娘!

前回の投稿でさり気なく触れたウマ娘の件だけど、
2月24日にCygamesがリリースしたアプリゲーである。

ウマ娘については名前だけは知ってた程度の認識で2018年にアニメ放送してた事も
忘れてたんだけど、ウマ娘見ろおじさんこと天開司氏のとある配信にて興味を持つ。


そしてVtuber界にウマ娘ブームが到来したっぽく
Youtube上にウマ娘動画が目立つようになってきたので
俺もインストールしてみたのだが・・・普通にゲームが面白い。
シャニマスとパワプロサクセスを合わせたようなシステム・ウマ娘毎に存在するストーリー
そして競馬シーンでの臨場感あふれる描画。正直ウマ娘のスプリンター走りと聞いて
シュールな光景を想像してたが良い意味で裏切られた。
時間ある時はじっくりとレースシーンも堪能するようにしたくなる位に熱くなってくる。

チュートリアル終わったらガチャ回してみて、スペシャルウィーク・オグリキャップ
トウカイテイオー・タイキシャトル(名前に運命感じて第1目標)を引き当て
まずは期間限定ミッションオールクリアまでとりあえずやってみよう程度のレベルだった。

IMG_4934


そんな自分を動かしたのが、「フェブラリーステークスを3着でクリア」を達成すべく
現状このミッションクリアに最適な1人のウマ娘の出会いが
タイキをウマ娘沼に沈めるの運命を変える事となる。
そのウマ娘は「ハルウララ」…史実でも競馬を知らないタイキでも知っている
”1度も勝てなかった競走馬”であり、一時はハルウララブームで盛り上がっていたのを
覚えていた。しかしよくよく調べてみるとそんなハルウララを応援するファンもいれば
競走馬として勝てない事で盛り上がる事に否定的な意見があったりと
色々なエピソードがあったようだ。そんな史実やウマ娘のハルウララを知るうちに
「せめてゲームくらいは勝たせてやりたい」と思い始めるようになる。
運営の思う壺?分かってて釣られてんだよ言わせるな恥ずかしいw

そして後半の”有馬記念出走”イベントに潜む現実を知った時
「タイキはハルウララを有馬で勝たせるまでゲームを止める事はない」と決意した。
※既に彼女を勝たせたトレーナーが確認されている。

恐らく今すぐに勝たせることはできないだろう。
だがチャンスは必ず巡ってくるだろうと思ってるので今は気長に
ゲームを楽しもうと思っている。そもそも真エンドである温泉旅行も見れてないし…

ちなみにどうでも良い話だが、評判の悪いクレーンゲームだが
タイキは得意な方だったので、イベント発生=即クリア(巨大2・ノーマル3が最高記録)でしたw  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 00:30Comments(0) ゲームレポ 

March 08, 2021

2021年最初の投稿は、ただの近況報告

とうとう3か月も更新空けてしまった…
と言っても特別書く事ないというかモチベ上がらんと言うか
とにかく色々と余裕なかったのは確かだ。
副業ももはや適応できてないと言えるのではと思うほど空回りだし…
いや自分の能力と仕事が合ってないんだろう。もうこれに関しては嘆いても仕方ない。

一方プライベート面では1月の内は龍が如くブームが来て
主に0プレイしたり、関連動画漁りしてた。
そしてポプマスがリリースされて、プレイしてるけどパズルゲー苦手だから
ハイスコアとは無縁なスタイルw(担当引ければそれでよし)
もうすぐジュリア来るみたいだけど、少々ジュエル使い過ぎた。
それと担当・推しユニットで組めたのは良いんだけど
そろそろコーチングでの能力上げに限界が来ていて
やる気なくなりつつある。パズル何度も上がってきてるしね。

2月に入ってD4DJでホロライブコラボが来て、遂に課金に手を出したw
(ピキピキは無償ダイヤで何とか全員揃ってた。)
結局引けたのは★4[ぺこらうどすぴーかー]白鳥胡桃だけ
IMG_4878


あとはポイント報酬で★3[星街のデュエット]桜田美夢貰えたのは良かった。
(すいちゃんの応援してるからね)
IMG_4873


まぁそれでもやっぱり全員欲しかったけどさ!

このままD4DJ突っ走るかと思った矢先に、以前から予告されていた
デレステでのD/ZEALコラボ来ちゃったから、石集め兼イベントランキング目当てに
数年ぶりにデレステに復帰。
IMG_4933

IMG_4929


しかしここで今更ながらデレステがカバー曲の搭載及び”あの曲”のカバーの存在を知る。


・・・実装自体は大分前なので本当に今更なんだけど、復帰した身としては
相当びっくりしたよ(ブラビも聴きたい気もするが、正直イメージが湧かない)
これが切欠で今度はウリナリブームが到来し、デレステイベント終了後は
ウリナリ動画漁りが進むようになる。(主にポケビVSブラビだけど)
そういえばitunesのセトリ整理してた時に気づいたけど
ポケビ・ブラビの音源はあったけど、なんでか知らないがウルトラキャッツの音源が
消えてる事に気づいてショック!(恐らく旧PCからのバックアップに失敗したと想定…)
今からでも手に入れ直せるかなぁ?

そして3月現在、タイキは今ウマ娘に夢中である(長くなりそうなので次回へ続くw)  
Posted by chronoss_shine at 01:14Comments(0) トントンの独り言 

December 31, 2020

気が付けば2020年も終わり・・・(ただの雑談)

最終更新が8月と知って自分の事なのに、驚愕している大晦日。
思えば最後に更新した時は、確かにじさんじ甲子園がブームだったのだが
あの頃は夢中になれる余裕があったんだなとしみじみ感じている。
だがこれ以降このご時世が一向に改善されない事や今の仕事に中々適応できず
プレッシャーに押し潰されそうになりながらも胃腸を痛める日常をおくっている。

その一方で飲みM@Sにも1回しか行けず(身内がいると下手な事できないし)
家にいてもほとんど寝てるかSwitch(主にどうぶつの森・桃鉄・時々マリカ)
でも最近じゃゲームよりも、前回更新当時よりもVtuber動画視聴が趣味になりつつある。
その影響でAmong Us(宇宙人狼)も始めてたりする。
クルー(村人ポジ)・インポスター(人狼)どっちもそれなりにやったけど
インポスターで完勝した瞬間は最高に気持ちよかった!
とりあえず日本語対応してるSwitch版がセールしてたから買ってやってみてるけど
やっぱりテキストチャットよりボイスチャットでプレイしてみたい。
(Switchのキーボード入力やりづらいんだよね)

そういえば映画館にも何回か足を運んだな。話題になってる鬼滅の刃 無限列車編観に行ったし
(本編未視聴で行った、現在では炎聴くだけで涙腺ヤバい)
FGOの第6特異点の前編も見たし、劇場版仮面ライダーゼロワン(+セイバー)も行ってきた。
て言うかつくづく洋画が入ってきてないんだね・・・
本当は早くワイルドスピードの最新作見たいんだけどいつになったら観れるんだか・・・
後はアニメだけど閃光のハサウェイと名探偵コナン(赤井一家メインらしいし)も早く観たい。
ハサウェイは声優変更の話題もあったけど、とにかく観てみない事には何とも言えないし。
※佐々木望さんVerで観たかったのは本心だけど。

そういえば少し脱線するけど2020年も様々な著名人が亡くなられてるけど
正直未だに志村けんが死んだ事だけは内心信じられないみたいだ。
先日年末年始の番組録画を登録する際に自然と毎年恒例の「志村&鶴瓶のあぶない交遊録」を
予約しようとしてたんだけど、その途中で「あっ…もうやる事ないんだよな…」ってなったから。
志村&鶴瓶VSナイナイの英語禁止ボウリング見たかった。  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 22:37Comments(0) トントンの独り言 

August 25, 2020

タイキの近況報告(2020年8月分)

前回の更新がBTTFシリーズ地上波放送の時以来だと知って
少しだけびっくりしている(苦笑)
確か自分の中ではアイドルマスター15周年を祝う内容を書こうとか色々考えてたんだけど
あまりにも書くネタと意欲がない上にブログ投稿に使ってるPCがまた壊れかけ(現在進行形?)
だった事が重なって全然更新してなかった。

さてそんな自分の近況としては、仕事面は最早語りたくもないので
(仕事量・情報量が多過ぎるのにサポートが不十分だしバンドリ8th行けなくなったし・・・)
早速プライベート面だが、最近はホロライブやにじさんじ等のVtuber動画を
チェックするのが趣味となりつつある(スパチャは投げてないけど)
そんな中でも最近熱かったのは、「にじさんじ甲子園」だね。
にじさんじ甲子園を簡単に説明するとしたら、パワプロの栄冠ナイン(監督プレイ)で育てた
にじさんじメンバー(メンバーもドラフトで集めてくる)で構成されたチームで
対決させるんだけど、プレイヤースキル以上にパワプロや野球知識、そして運が大きく絡む。
(プレイヤーが実際に操作するのは選手交代だけ!)

詳しくはこちらを参照してもらうとして、これに関する話も長くなりそうなので別途書く予定。
(育成パート未だに全部見れてないし、前身のパワクズやVtuber甲子園も触れそうだから)

アイマスPとしてはシャニマスがTrue稼ぎ出来なくなってきた事もあり
多少プレイ頻度が落ちつつある。
ミリシタの方は、オペラセリア・煌輝座の時は仕事忙し過ぎた中でも
頑張ってプレイした方だけどそれでも辛うじて30000ポイント稼ぐ程度だった。
それ以降はこっちもプレイ頻度が落ちつつある(最近音ゲーが正直しんどい)
もっとも9月に推しであるジュリア誕生日(9月26日)来るから
それまでにはプレイ頻度上げていくけどね。


その一方で雀魂(麻雀アプリ)のプレイ頻度は少し上がったかな?
一応ガチャあるけど、課金する必要性が今のところないし
麻雀の勉強がてらのプレイって感じかな。

・・・てな感じでこれくらいしか書ける事がないのがなぁ〜
仕事のせいもあるんだけど、やっぱりライブなくてモチベ下がってるね。  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 21:55Comments(0) トントンの独り言 

July 06, 2020

【祝!】数年ぶりのBTTFシリーズ地上波放送(Part3)

見事にレディ・プレイヤー1地上波初放送に間に合わなかった記念に更新します。

2020年6月26日、3週続いた金曜ロードSHOWでのBTTFシリーズ地上波放送もこの日が最後。
今回は2の終盤のアクシデントにて1885年に飛ばされてしまったドクと
1955年に取り残されたマーティ、そして1985年Aに残されたままのジェニファーという状態での
スタートとなる。ジェニファーの場合は年鑑消失の時点でひと足早く元の1985年に居るらしいけど。

BTTFといえばデロリアンを用いたタイムトラベルによる騒動が描かれる話なのだが
3の場合は、1885年に飛ばされたドクがビュフォード・タネン(ビフの先祖)に
殺害される”未来”を知ったマーティが、再びドクの命を救うべく1955年から1885年に旅立つんだけど
今作は今までの路線を考えると少し方向性が違うんだよね。

1・2までは歴史改変やタイムパラドックスに焦点をおいて物語が進んでいったんだけど
3の場合はマーティの成長・科学者ではなく1人の人間エメット・ブラウンの物語なんだよね。
デロリアンの存在が本当の始まりだけど、大筋としてはマーティの悪癖である
”チキン(腰抜け)”が全ての始まり。この悪癖さえなければ2で迎える未来が来る事もなく
断片的に未来を知ったマーティが年鑑を買う事もなかったのだが
今回は西部開拓時代での行動によって身を以て悪癖と向き合う事となる。
一方のドクも何だかんだ自分に甘い部分を見せつつも科学者としての責任を全うしようとするも
新ヒロイン・クララとの出会いによって揺れ動くドラマがメインであり
タイムトラベルシーンは僅か2つしかない(ELB号は除外)

今までのお約束的な場面・設定も3では多少ニュアンスが変わっている。

・弱虫どころか人格者のマクフライ家(シーマス・マギー)
・マーティVSタネン一派のチェイスでマーティ初の完全敗北(スケボーがない為)
・「なんてこった!」と「ヘビーだ」の掛け合いが逆
・タネンの宿敵は実質ドク(マーティはドクを救う為の成り行き)


幼少期のタイキには未来感溢れた2015年のある2の方が好きで
西部開拓時代やドラマ要素の強い3は、あまり好きじゃなかったんだけど
大人になって見返すと、違った印象を受けた素晴らしい完結編だったと思ってる。  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 05:00Comments(0) 芸能関連 

June 26, 2020

タイキ、コロナ時勢?あるいは激務影響?で体力低下を思い知る

こんなタイトルで始まったけど、今回は久々のヒトカラのお話。
だが僅か2時間半のカラオケにもかかわらず、相当疲れを実感したのは確かである。
て言うか最初の2〜3曲で少ししんどくなってたしw
カラオケ自体久々過ぎたのがいけなかったのかもしれないが(苦笑)

【今回のセットリスト】
世界が終るまでは/WANDS
→スラムダンク・・・ではなく、某Vtuberの麻雀配信見てて久々に歌いたくなった。

馬と鹿/米津玄師
→ドラマ「ノーサイド・ゲーム」に今更嵌りまして、特別編を何度見返した事か。

バラライカ/月島 きらり starring 久住 小春(モーニング娘。)
→ニコニコ史上最大の風評被害曲、しかしそれが切欠で覚えた曲

MOTHER/平沢 進
→桐生ココ会長の歌配信で知り、原曲聴いて格好良かったので。(+母の日記念)

DRAMATIC NONFICTION/DRAMATIC STARS
→アイマスのSideMより。バンナムフェス映像が触り程度で公開されたのだが・・・
 話には聞いてたけど、実際に目にしてみるととんでもない事になってたので。

いけないボーダーライン/ワルキューレ
→秘かに練習してたけど、イマイチ自信なかった1曲。

Yesterday & Today/Do As Infinity
→ドラマ「2000年の恋」の主題歌、ドラマ自体好きだったし主題歌歌う
 ボーカルの伴ちゃんも相当可愛かった。

EYE TO EYE/桑原和真・蔵馬・飛影
→まさかの幽遊白書のキャラソン。久々に歌ったけど忘れてなくてよかった・・・

グロウアップ/Hysteric Blue
→先日のブログで触れたのを切欠に。正直「なぜ…」にしょうか悩んだけど。

WHITE REFLECTION/TWO-MIX
→新機動戦記ガンダムW EndlessWaltzの主題歌(劇場版ではない)
W自体好きだけど、この曲のMVのアニメも結構好き。

鋼のレジスタンス/JAM Project
→喉が温まってきたので、JAM曲から選出(JAMでは今1番激熱な曲)

いっぱいいっぱい/秋月律子
→りっちゃんお誕生日おめでとう!(カラオケ当日が6/23)

A DECLARATION OF ×××/RAISE A SUILEN
→ガルパにRAS参戦記念!R・I・O・Tもやりたかったけど時間切れで断念。

ロマンス /PENICILLIN
→アニメ「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」主題歌。
 なのだがジャンプ連載時は読んでたけど、実はアニメはそんなに見てなかった。
 なので俺はこの曲を聴いて思い出すのは「学校へ行こう」のマサーシーなんだよな。

GREEN MAN/ポケットビスケッツ
→ポケビ曲のどれかを歌うつもりだったけど、りっちゃん繋がりで緑を選択した結果。
 めっちゃ盛り上がるから全然アリだけどね。
 失敗作なんて言わせねぇ!(ある意味そうなんだけどw)

SURREAL/浜崎あゆみ
→なぜか最近自然と浜崎あゆみの曲を口ずさむ事があってその中からチョイス。
 ちなみにSEASONSかA Song for ××で迷った。

My Will/dream
→以前dreamのライブに何度か行った事があって、聞き込んでた時期を思い出して
 選んだのだが、主題歌となったアニメ「犬夜叉」は見た事なかったな。

I am a father/浜田 省吾
→MOTHERが母の日記念なら、この曲は父の日記念。

銀座あたりでギン!ギン!ギン!/けん♀♂けん(研ナオコ・志村けん)
→志村さん、亡くなったんだよねぇ・・・未だに実感ないんだけど。

御旗のもとに /巴里華撃団
→いつ見てもこの曲のムービーの力入れっぷり凄いんだけど。
 て言うかリメイクやりたい。

ミュージック・アワー/ポルノグラフィティ
→本当はRASカバーの件で「ヒトリノ夜」をやるつもりだったけど
 もうすぐ夏だし、ポルノの1番好きな曲を歌いたくなったので。

Revolution/きただに ひろし
→仮面ライダー龍騎の挿入歌であり、タイキの十八番。
 やっぱこれを歌わないとカラオケやった気がしないと思い始めてる。

やらないか/いさじ
→まさかのバラライカ2度目だが、ある意味原曲以上に有名になったと言える替え歌。
 勿論ながらカラオケに歌詞はないので、事前準備が必要。 

時間の都合で出来なかった曲やそもそもリストにない曲もあったのだが
次のカラオケはもう少し時間をおいてからにしないとこのご時世もあるし
体力面でもややしんどいかもしれないな(苦笑)  
Posted by chronoss_shine at 21:30Comments(0) セットリスト(カラオケ) 

June 25, 2020

【祝!】数年ぶりのBTTFシリーズ地上波放送(Part2)

2020年6月19日、シリーズ3部作の内今回は2作目が放送されたのだが・・・
今回は1985年→2015年→1985年A→1955年と行ったり来たりという事もあり
場面展開が多く、少々難しい話だったが逆に言えば話についていける人は
間違いなくタイムトラベルものの面白さをこれでもかと満足できる内容となっている。
(ちなみに姪っ子ちゃんは初視聴だったが、Part1をだいぶ気に入ってくれたらしく超嬉しかった!
 しかし2は難しかったらしいので、今度相当噛み砕いて解説しようと思ってる。)

実際後半でマーティにとっては昨日までいた1955年に再びやってきてビフを追跡する事で
あの日の別視点を堪能できるし、マーティだけでなくドクまで1955年に向かい
過去の自分自身とさり気なく接触してしまうというタイムトラベルならではのハプニングが目立ち
タイムトラベルの危険性を視聴者にも伝えてくれる。
(自分自身同士の鉢合わせ・タイムマシン悪用・歴史改変の恐ろしさ)
ただしこの映画シリーズでは相手が自分自身だと認識してない(ビフ)
あるいは認識できてもパラドックスが発生しない(ドク・マーティ)という矛盾があるけどw
もっとも矛盾を突き始めるとキリがないんだけどね・・・

・ビフの歴史改変起きたら、1のマーティは1955年にいないのでは?
 仮に存在できても1985年Aに飛ばされるのでは?

・老ビフはなぜ1955年→2015年に戻ってこれたのか?
 裏設定では戻った途端消滅してるんだけど(1985年Aの世界線ではロレインに殺害される運命)

まぁご都合主義と言ってしまえばそれまでではあるんだけどw

それにしても我々の世代がこの映画見た時の2015年という未来への期待は半端なかったんだ。
車は空を飛んでエネルギー問題はミスターフュージョン(お手軽核融合炉、宇宙世紀もびっくり)で
ほぼ解決してそうだし、ホバーボードがあってジョーズがPart19まである。
(リアルではシャークネード等のサメ映画盛り沢山だがw)

しかし実際の現代では映画の2015年を上回った部分もあるんだよね。
スマートフォン(2015年にアメリカの番組で触れられてた)とか
インターネットとか・・・多画面というのは負けるけどブラウン管ではなく
液晶テレビに変わってデジタル放送になったし・・・もっともこの時期には
もうテレビよりYoutubeやニコニコ等のネットメディアの方が盛んになってるけど。

他にも色々ありそうだけど本編と比較するとこんな感じだけど
とにかく未来への夢があった。だけど2015年がもはや過去となった人
あるいはそう遠くない未来である人たちからの印象はどうなのかが気になるところ・・・  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 22:10Comments(0) 芸能関連 

June 14, 2020

【祝!】数年ぶりのBTTFシリーズ地上波放送(Part1)

2020年6月12日(金)、地上波では数年振りかつ多くの視聴者リクエストによって
3週連続でのBTTFシリーズを放送する事となり、この日Part1が放送されたのだが
タイキは夜勤だった為、リアルタイムで観れなかったリアルタイムで観れなかったから
先程録画したやつを視聴したんだけど・・・通勤中に見てたTwitter情報から

・(想定はしてたが)かなりカットが入ってた。
・まさかのEDクレジットでのキャスト名ミス


と色々物議を醸しているその一方で映画そのものの魅力は35年経っても変わらず
初見の方にも面白かったとの評判だったらしく、この映画シリーズがこれからも
多くに人々に語り継がれていくんだなと確信できたのは自分の事のようにとても嬉しい。

■初っ端からカットって・・・
CMを入れる事情もあってか、どうしてもある程度の編集が必要になる事は分かる。
(ノーカット放送という例もあるので、理解はできるが納得できるかは別)
実際幼少期のタイキが地上波で観た時もいくらかのカットがあったのは覚えているが
どうやらこのカット、各局によって編集ポイントが違うようです。
(当時のテレ朝の日曜洋画劇場版が比較的マシかなと個人的には思ってる。)

そして今回の日テレ『金曜ロードSHOW!』だけど、まさかの初っ端カットから始まるというね。
百歩譲ってカットが多い事を許容するとしても

最初のテロリストとのカーチェイスやクライマックスの稲妻作戦は
例え数秒・数コマ分であっても編集してほしくなかった!


しかし逆に編集側の立場になって考えてみると、この映画をCM入れつつ放送時間内に
収めるのって相当難しいのではないか!?
何せ3部作の中で1番伏線の描き方が自然かつ丁寧でチェックポイントも多いので
編集が入る事で「あぁそうなるのか!」と感じる事が出来ないシーンもあった。
また、編集点が多過ぎるあまりに今回のBTTFが駆け足気味に思えてしまったのが残念だった。

もし今回が初見だった人は、円盤を買うなりレンタルするなりストリーミング配信サイトで
改めて観てほしい。ノーカット版が映像面・音楽面・テンポ・シナリオ・空気の良さが
組み合わさって何度でも楽しめて観れる素晴らしい作品だと体感できますので!
  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 08:41Comments(0) 芸能関連 

June 02, 2020

タイキ、学校の怪談シリーズを久々に視聴する。

※今回は学校の怪談(映画)の話であり、学校の怪談(アニメ)の話ではありません。
 ヒスブルの主題歌は好きだったけど、こっちはあまり見てなかった。


コロナの影響もあり、ここ最近のプライベートの過ごし方も考えなければならない
このご時世だけど、幸いにも映画鑑賞を趣味とするタイキにとっては
あくまで娯楽面ではそこまでストレスとなる事はない(映画館で観れないってのはるけど)
しかも最近近所の某レンタル店では旧作14泊15日なんてサービスも始めたので
折角なので久々に見たくなった学校の怪談シリーズを借りてみる事にした。



このシリーズはナンバリングとしては4作あるけど個人的に好きなのは
「1」>「3」>「4」>「2」かな?

1作目の場合、取り壊しの決まった旧校舎に閉じ込められた生徒+探しに来た先生1人が
様々な怪奇現象に襲われる事になるって話なんだけど
印象としては、初見だった幼少期なら1番怖かったと思ってる。
舞台である旧校舎がその雰囲気を出すのにも一役買ってる。
だけど大人になって改めて見るとアドベンチャー要素の方が強く
そしてちょっとした恋愛要素が切なくなる。
そういえばこの「1」だけSS(セガサターン)版でゲーム出てたんだよね。
正直あれゲームと言っていいかどうか微妙だけど、手軽に1作目を楽しめる作品だと思ってる。
小説版(集英社の方)も古本屋で売ってたのを買って持ってるけど、どこにしまっちゃったかな?

2作目の場合、とある小学校で30年前の4月4日4時44分。当時の校長先生が(岸田今日子氏)
何者かに首をもぎ取られて亡くなる事件があり以降4月4日4時44分には
誰もあの学校には近寄らないと噂される小学校に、4月4日うっかり肝試しとして
入り込んてしまった子供たち+大人1人を再び怪奇現象が・・・て話なんだけど
正直2作目はあまり怖くはない。BGMがあまり恐怖を感じさせないものだったのもあるけど。
幼少期見た時は岸田今日子氏が怖かったんだけどその後に
「とんねるずのみなさんのおかげです」で見た事を切欠に恐怖を克服し
現在ではむしろ下の動画うp主同様萌えキャラじゃね?と思ってるw


ちなみにコミック版も持ってるけど、映画とは設定が全然違うけど
こっちはホラーじゃなくて完全コメディだったような・・・  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 20:09Comments(0) 芸能関連 

May 22, 2020

タイキP、2周年を記念して久々にシャニマスについて書いてみる(転機回)

前回に引き続いてシャニマスについてのお話だが、単刀直入で書こう。
タイキがシャニマスにカムバックする転機となったのは
Vtuber内でシャニマスブームが到来した事だ。

・ブームの火付け役となったと思われる動画


実際リアルタイムでこの人のシャニマス配信動画後のTwitterのタイムラインで
結構ネタを目にする事も多く「これはもしかしてブーム来ちゃう?」と期待したところ
主にチェックしてるホロライブメンバーも次々とシャニマス配信を始めたではないかっ!
残念ながらリアルタイム視聴出来た回は少なく、ほとんどアーカイブでのチェックだったけど
そこではリリース当初のかつての自分のように、高き壁のWINGに挑むPの姿があった。
(運命のガチャ羨ましかったなと思ったのは置いといてw)

そんな光景に久々にシャニマス頑張ってみっか!と思い、とりあえず手持ちのSSRとSRで
True見てないカード片っ端からやり始めつつ、無料10連や溜まってたジュエルで
一気にガチャ回してみたら、結構SSR集まって戦力も充実した結果・・・
リリースから2年にして初めてのSランクアイドル育成(+Trueクリア)に成功!
IMG_4558


それだけではなく、今回新シナリオであるG.R.A.D.編の攻略にも成功!!
IMG_4547


これはもう本格的にカムバックしてもいいでしょ!
という訳でここ最近ミリシタ以上にシャニマス頑張ってるタイキPであります。  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 19:26Comments(0) アイドルマスター | シャニマス(シャイニーカラーズ)

May 21, 2020

タイキP、2周年を記念して久々にシャニマスについて書いてみる(振り返り回)

2020年も5月に入り、相変わらず自粛生活を過ごしているタイキですが
ぶっちゃけ4月からの新しい仕事や新人教育の影響もあって
色んな意味で余裕がない日常を過ごしている。
職場に行けば新しい仕事の引継ぎ+今までの引継ぎ+兼任での管理者業務(後任者選任待ち)と
二足どころではない掛け持ちに振り回されており、ただでさえ業務そのものにも
トラブル続きでもはや出社=負けとなってる状況(コロナ情勢でも在宅勤務できない)
まぁ満員電車に乗る事がなくなったくらいしか利点はないけどね。

とまぁ副業のせいで余裕ないとはいえこれで嘆いても仕方ないので
早速本題に入るとして、今回このブログ上では相当久々となるシャニマスのお話。
振り返って何だかんだ1周年すら振り返らず、リリース当初しかブログに書いてなかった事に
気づき、内心我ながら驚いている(苦笑)
少なくともあれから新ユニット(ストレイライト・ノクチル)の追加や1周年もある。
1周年ライブ参戦はしてた。最終日の日中公演だけど・・・
(これも書いたと思ってたんだけど、見当たらないw)

ガチャやWING攻略もそれなりにやってたんだけどね〜
当時のブログでも書いたようにタイキは咲耶推しで行こうと決めてたのにさぁ〜
【紺碧のボーダーライン】白瀬咲耶


なのに・・・それなのに・・・公式(!?)がこがたんや夏葉を推してくるんだよな〜w
【ばりうまかブルース】月岡恋鐘
【アルティメットマーメイド】有栖川夏葉


という訳で現在では主に咲耶・恋鐘・夏葉推しとなっておりますw
(と言いつつシャニマスPの皆はプレイしていく程、283プロ箱推しとなっていくはず)
シャニマス_ホームユニット
  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 18:50Comments(0) アイドルマスター | シャニマス(シャイニーカラーズ)

April 29, 2020

タイキ、長年の夢を遂に叶える!

以前、このブログでも触れた事があったのだが改めて触れるとして・・・
俺には長年の夢があった。それはタイキの大好きな映画である
バックトゥザフューチャー(BTTF)シリーズを映画館で視聴する事だ。
この映画に関して今更説明する必要はないだろうと思えるほどの
SF・タイムトラベルを描いた名作である。

マーティに憧れて幼少期はスケートボードの練習をしたりNIKEのスニーカーを好んで購入したし
最近ではエレキギターの練習も始めた。
ドクに憧れて科学の勉強を頑張ろうと思った事もある(こっちは即挫折したけどw)

タイキは地上波放送も録画してテープが擦り切れる程観返したし
ある時には1日でシリーズを2周見た事もある。勿論字幕でも観たし
山寺Ver(セル版の吹替)も好きだし三ツ矢Ver(地上波版吹替)も好きだ。
個人的な思い入れは三ツ矢Verかな?織田Ver・・・知らんなぁそんなの!
DVDも買ったし、BD-BOXも購入した。ぶっちゃけある程度は脳内再生もできる。
それでもやっぱり映画館で観るのは特別だと思ってる。
大きなスクリーンに独特の音響は自宅では再現するのは容易ではない。
(ホームシアター設備でもあれば変わってくるのかもしれないが)

そんなタイキは以前、BTTF3だけ映画館で観る機会が1度あり
今度は全作を映画館視聴しようと思っていたのだが
2020年3月に遂に叶えるチャンスがやってきた!

※過去の投稿はこちらを参照

午前十時の映画祭のグランドフィナーレにてBTTF3部作の公開が決定していたからだ。
その事を知ったのは2019年の頃だったが、この時を心待ちにしていた。
2020年3月は新型コロナの件でピリピリしてた時期だけに
「映画館に行ってていいのか?」と思う自分もいたが長年のチャンスを不意に出来ない
思いの方が強く3部作視聴を果たしてきた。(本記事UPを躊躇した一因でもある)
IMG_4486
IMG_4504
IMG_4513
  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 21:07Comments(0) 芸能関連