November 27, 2005

11月26日後編−かつて過ごした町を歩く−

痴漢男終了後、今度は問題なく渋谷駅へ戻れた私は、今回のもう1つの目的地である
日吉ヘ向かう事に。日吉は私が小学校から高校2年まで過ごした場所であり、
特にこれといった目的はなかったのだが、改めて歩いてみたくなったので
途中下車する事にしていた。
いざ日吉駅で今日最初の食事(マックのグラコロセット)を摂ると、
まずは前の自宅がある日吉本町まで歩く事に・・・
そこに行くまでに私の知っていた店等の一部はやはり変わってしまっていたが、
昔からあった家族曰く80階段にある竹やぶが今も変わらず残っていた事が
何となく嬉しかった。80階段を下りると今度は私が幼少期世話になった
保育園に着いたのだが、ここも大して変わっていなかった。
ただ保育園が一段と狭く感じたけれど、恐らく変わったのは私の方だろう。
最早15年位前の事なのに一部の思い出は鮮明に思い出せる。
当時の私は誰かと一緒に遊ぶよりも本を読んだり絵を書いたりと
1人で迎えを待っている事が多かった。
そんな記憶が次々とよみがえってきたが、さすがに中に入ろうとは思わなかったし
時間もなかったので再び自宅を目指す事に・・・
それからはかつて保育園内で崖山と呼ばれていた場所が公園になっていたりと
また新たな発見もあった。崖山には私の幼少期の最も嫌な思い出があり、
散歩の際、上から滑り降りて帰らなければならなかったのだが、あまりにも急勾配かつ
スピードが出るので、わんぱく系以外の子供には恐怖の対象だったはずだ。

勿論私も泣きながら嫌々必死で降りてきた記憶がある。多分この時私は
生涯初めての命の危険を感じた事だろう。
話は戻り、かつての自宅に到着すると様々な思い出が浮かんできたが、
意外と長くは留まらずにその先にある中学校を目指した。だが私の中学校時代は
私の半生の中で暗黒時代と言っていいほどろくな事がなかったのに何故か自然と
足はそこへ向かって進んでいった。
でも今ならその理由はハッキリわかる。私はそこの近くに住んでいた
かつての想い人に逢いたかったからだ。彼女はその中学の近くに住んでおり
尾行はしなかったが、住所をアルバムから突き止めてどんな家か遠くから伺った事がある。
また同時にそこは、偶然にもかつて盗まれた私の自転車が乗り捨てられていた
場所でもあった。
とにかく私はそこで彼女を一目でも見ておきたかった。でも当然かもしれないが
彼女の姿は確認できなかった。最も過去に彼女に振られている為逢えたところで
どうしたいとか深くは考えていなかったが、それでも姿を見れなかったのは
とても残念だったし何か悔しかった。
最後に隣駅の綱島まで歩き、かつてよく行っていた「キングチャイナ」というラーメン屋
で未だグラコロ+ポテトLが残っている体内にラーメン・半炒飯・餃子を放り込み
満腹感を通り越した圧迫感と戦いながら私は帰宅した。
とまぁこんな感じで久々に私は1日ずっと出かけて過ごしたのだがとても楽しかった。
また資金や時間に余裕があったら外を歩いてみようと思った。  

Posted by chronoss_shine at 12:27Comments(0)TrackBack(0) 今日の出来事 

11月26日中編−痴漢男ってどう?−

肝心の痴漢男の内容ですが知らない方の為に説明しましょう!(某戦艦医療班女医風に)
痴漢男とは、ある日帰宅中に不運と自らの余計な行動が元で女性から
痴漢と間違えられる痴漢男(20歳彼女居ない歴=年齢、爬虫類好き、アニヲタetc・・・)
その後、誤解は解けるのだが、相手の女性カンチ(20歳、過去にストーカー被害
アリ、1人暮らし)にピュアな下心を描いた彼は、
お近づきになるべく電車男同様2ちゃんねるの住人に助けを求める。
ところが痴漢男はカンチにストーカー対策の相談を受けた際、
姉御肌で相談役の関西(20歳、家族と同居、身長高い)と
痴漢男に恋するロリ(20歳、巨乳、身長低い、1人暮らし)と出会う事になる。
(ちなみに私は関西派なのだが、ロリも悪くないと思う。)
そんな彼らの関係を描いた物語なのだが、電車男と違い痴漢の場合彼は大抵暴走した挙句
確実に評価を下げる事になるのだが、不思議と彼らの関係が崩れる事はないのだ。
しかしそれでも、痴漢男が現れた事で彼女たちの関係も微妙に変化していく事になる。
テーマは「友情と愛情・愛とは何か?」という事なのだが、
あれ?どこかで聞いた事あるな??前に似た内容のテーマを書いた気が・・・
と、大体の説明はここまでにして、次は感想なのだが
あまり期待してなかった分、コメディ部分が笑えたので意外と面白かった。
ミニシアター物でも舐められないなと思わされた。
お笑い部分では電車男(映画)負けてるかもしれんな。
比較的原作を再現していたのでトレースもしやすかったし、
原作に出る例のシーンとかも
見やすくなってるし今回の映画は結構気に入りましたよ。
心配なのはあまりにも小規模なのでDVD発売されるのか不安デス。
あと聞いた話によると痴漢男を演じた柳浩太郎は、2年前に交通事故で
意識不明に陥った挙句、右半身にまひが残り、スムーズに話せなくなったらしく、
リハビリの結果奇跡的に復活したそうで、今回が彼の初主演映画となったのだが、
体調も厳しかったらしくさすがにセリフとかはきつそうでしたが、
怪我を感じさせない演技(全力疾走とかあった)を見せてくれた彼に
私とても感動してしまいましたよ!!
彼の事は今回初めて知りましたが、これからもどうか頑張ってほしいものデス!!!
最後に映画に出てきた印象的な一言を書いておこう。
「告白しようと追いかけたらストーカーと通報されたけど
好きな相手を追いかける事の何が悪いんだ?」
もっともこれ痴漢のバイト先の店員の発言なのだが(笑)
確かに彼の言う通りではあるが・・・まず告白に至るまでの自分の行動を悔い改めてから
言うべき言葉だな。(どんな感じだったかはご想像にお任せします。)  
Posted by chronoss_shine at 03:32Comments(0)TrackBack(1) 今日の出来事 

11月26日前編 −ミニシアター初体験のタイキ−

11月26日土曜日・・・
この日は今回の夜勤帯で知った映画版「痴漢男」を渋谷まで見に行く事に。
どうやら「電車男」とは違って、渋谷のミニシアター1館限定で
公開されているらしい。まぁ痴漢男は偶然にも発売当時何も知らなかった私が
問題の双葉社Verを購入して知ったのですが少しはそれなりに気になってはいたので
一応見てみようと意を決して渋谷まで行く事にしたのだが、
東京に行くのが3ヶ月振りでしかも渋谷に至っては
小学校の自由研究で行ったきりで約9・10年振りとなる。
前もって地図やGPSを確認して出かけたのだが、案の定迷いました!
しかも渋谷駅から109方面へ一直線だったのに彷徨った挙句、
自由研究で来た「たばこと塩の博物館」に辿り着くわ渋谷駅に戻ってしまうわで
もう大変でした・・・(ちなみに場所どころか方向さえ合ってない)
私の方向感覚がとてもよろしくないようデス。
前回の大阪旅行の時なんかなんばグランド花月に行こうとして
(勿論地図を見ながら)
その先にあるオタクグッズのショップ街に着いた時なんか
一瞬ここが何処か全く分からなくなってしまいましたよ。
もしかして私は笑いより萌えを求めていたのではと混乱してしまったくらいデス。

結局はM氏のGPSで引き返すことが出来たのですがM氏と受付嬢の口撃を受けて
立ち直るのにかなりの時間をかけてしまいました。
他にも新宿に舞台版電車男を見に行った時なんか目的地へ向かう為に
駅から甲州街道を歩き始めたのは良かったけれど全く建物が見えなかったので
諦めてタクシーを捕まえるとどうやら見当違いの方向を歩いていたようデス。
私は未だ駅員に嵌められたと思っていますが今では私のせいかもと思えてしまいます・・・
話は戻り、今回の場合は幸い予告中に何とか到着できたので映画は堪能できました。
内容は中編まで持ち越すとして、館内を見渡してみると40人が入るのがやっとな感じ
でホントに小さい劇場でした。ただ椅子は座り心地は良かったと思う。
それに前方には喫茶店にある円テーブルがあってそこでお茶を飲みながら
映画を楽しめるらしい。大きいトコで見慣れるとこんな光景が不思議に思える。
ミニシアターはどこもこんな感じなのだろうか?私は結構嫌いではないが。
あと予告が物凄く見づらい。目のピントがなかなか合わず苦労しましたが
本編は結構綺麗に映っていたので見やすかったのが唯一の救いだ。
でも、小規模な映画でも宣伝によってはとても気になる映画もあった。
もしかすると私の趣味にマイナー映画鑑賞が追加されるかもしれないな!

  
Posted by chronoss_shine at 02:55Comments(0)TrackBack(1) 今日の出来事 

November 25, 2005

再びツキがまわって来たタイキP

11月25日、いつものように給料を下ろし終えた私は
ブーストが来ていた事もあってゲーセンへ・・・
久しく行ってなかった事もあっていつの間にかアイマスゾーンが
オンライン・オフラインの2つのコーナーに分けられていた。
いやーこれはかなり助かりますなぁ!
だがブーストや待ち受けに反映させる為にいつものようにオンラインでプレイ。
すると突然うちのあずさが「国民的アイドル」に一時的に昇格しちゃいましたー♪
まぁ簡単に言えばLV10から14に一気に上がってしまったのだ。
理由としては恐らく・・・敏腕記者+流行ジャンル変更+ブースト効果
によるものだろう。
早速果たせなかったマスター系に挑む事に。その結果・・・

今回のあずさ2世
1週目・・・ボーカルマスター(5万1枠)→圧勝、敏腕が抜けてLV10に戻る。
2週目・・・ビジュアルマスター(5万1枠)→ジェノサイド戦法発動で辛勝
3週目・・・パフェ喰い

総計83万5000人(残りマスターオデ1つ、ファン人数16万5000)


もしかするとやり方次第では、Aランクも狙えるかもと希望が出てきましたよ!
ところで、今回のバトルで1つ気になってることがあるのデス。
それはCPUの暴走、突然彼らは私にとって意味不明な行動をし始めたのデス。
まぁそのおかげで勝てたという事もあるのだが。
異変は2週目のビジュアルマスター戦の時だったのだが、
彼らは注目3位のダンス審査員に一斉攻撃を仕掛け始め、その結果お帰りになられた。
全く持って意味分からん!

(ちなみにその後ついでに注目1位のビジュアルも私の手で帰しておきますた。)
更に結果発表の際、メンバー内最大LV14のCPUが最下位で終わっていた。
詳しいデータを見なかったから分からないが、
どうやったらあのLVで最下位なんて狙えるのだろうか?
ここまで来ると考えるのも某globeもどきのラップ担当並にアホらしくなってくる。
彼らは本当何をしたかったんだろうか??
  
Posted by chronoss_shine at 18:32Comments(0)TrackBack(0) ネタ・暴走系 | アイドルマスター

November 21, 2005

種の新作に注目!

これはアイマスで念願のBランクに上がった11月19日、横浜のビックカメラで
先日発売したPS2ソフト「機動戦士ガンダムSEED連合VSZ.A.F.T
を購入。
本当は近くのいつも通うゲオで買いたかったけど在庫が予約分だけでなくなったそうだ。
今回のソフトは恐らくSEED系としてだけでなく、ガンダムのVSシリーズの中でも
最も売れるソフトになるだろう。何せゲーセンでも必ず人だかりが出来ていたアレの
家庭用が発売されたのだから結構な数のユーザーが購入していった事だろう。
そして今日ようやく私もプレイしてみたのだが、やっぱ面白い!
家庭版では、最初から全キャラクター(DESTINY系は除く)が
全機体に搭乗可能で好きなキャラクターで好きなユニットが使える事が
私としてはとても嬉しかった。
(ちなみに私のやってみたかった組み合わせは、ムウ+プロヴィデンスガンダム)
私のプレイスタイルとしては、
まず嫌いなユニットは使うけどキャラは絶対使わない事。
(特にキラ・アスラン・シン・連合3人衆が嫌い!)
2つ目は、お気に入りのキャラ(ムウ・ミゲル・ディアッカ・アンディ等)
での全機体使用。とまぁ今のところはこんな感じ。
ただ、今までのVSシリーズにあったクエストモード(宇宙世紀モード)が
なかった事が唯一の残念なところかな。
まぁ仮にあったとしても処理や容量的にもキツかったかもしれないが。
だがその分戦闘シーンはゲーセン同様かなり細かく動けるようになっていた。
コレがこのゲームを面白くさせたのだと思っている。
SEEDの場合、宇宙世紀ものよりも攻撃がかわし易く当てにくい。
例えば射撃の場合ファーストやZなんかは、1度敵をロックオンできれば
ダッシュしながらとかでもある程度ビームや弾は飛んでいくし、
機体の反応速度も遅かったから結構当てやすかったのだが
SEEDは回避面が向上している為、通常射撃はおろかオールレンジ攻撃も
技量次第ではかなり避けやすくなっている。
だが先程も書いたようにその分攻撃側としては当てるのが難しくなっている
感じがするので慣れるまではちょっと苦労するかも・・・
だが問題はむしろ近接戦の方だと私は思っている。
かわし易くなったと同時に、攻撃側の機動力も上がっている為
近接時もただ一直線に突っ込むよりも回り込みながらの攻撃がより効果的になったのだ。
だが、近接時は過去のゲームよりも近づかないとなかなか距離を詰められなくなっていた。
この事は今まで近接戦をメインとして戦ってきた私としてはかなり辛いものだった。
まぁ個人的な感想・考察はコレくらいにして、
早速これからまた続きをやりこむ事にしよう!とにかく今回のSEEDは面白い!!


  
Posted by chronoss_shine at 01:08Comments(0)TrackBack(0) 今日の出来事 | シリアスモード

続・アイマス報告−あずさの運命の人−

では早速3週目のBランクアップイベントについて書かせてもらいます。
今回はあずさとタイキPは、かつて話した「運命の人」に関する話を
再び会話する事になるのだが、その時あずさはこんな事を言い出すのデス・・・
あずさ「本当に貴方が必要としているものがあるなら、
まず裏庭を探しなさいと友人に言われたのですが、それってどういう意味か分かります?

てな感じだったはず。
注 私の記憶力は仕事中だろうとプライベートだろうと全く当てにはならない
(+物忘れもたまに発動)のでセリフそのままには書けません

・・・どういう意味かすぐに理解した私は驚きを隠せなかった。
だってあずさはこの時まで、恋愛に疎くむしろ恋愛ネタを振ると
拒否するタイプの人間だったのだから。
(おかげであずさ1世のコミュはかなーり苦労していたのだった)
だが、私自身が気付いても分身であるタイキPは鈍感プロデューサーらしく
運命の人が自分だという事に気付かなかったようだ。
まぁギャルゲー主人公のお約束みたいなものですな!
タイキP「本当に大切なものは既に身近にあるって事ですよね」
と特に考えず答えていたのがちょっと腹立った。
その後、勢い衰える事無くあずさから爆弾発言が飛び出していく。
あずさ「私、もしかすると運命の人が誰か気づいたかもしれません・・・
いくらなんでもコレはもう間違いない!
そう思い、すっかり顔をニヤつかせてると鈍感の答えは
タイキP「俺は・・・気づいてほしくないな。育てたあずさを
そいつは奪っていくかもしれないだろ。」
と言い出す。そしてその答えに思わず笑い出すあずさ。
あずさ「大丈夫ですよプロデューサーさん、そんな事は絶対にありませんから!」
うっひゃー何なんだこの会話!言葉の意味が分かりすぎちゃってるから
私も笑いが止まらんよ。
あぁこの空気もうダメダメです。(某種 ムルタ氏風)
以上、駄目オーラでハイパー化したタイキのイベント報告でした。  
Posted by chronoss_shine at 00:16Comments(0)TrackBack(0) アイドルマスター 

November 20, 2005

Bランク突入!これで条件は整った・・・

11月19日土曜日・・・遂に私はBランクへと上り詰めた。
これでドームでの引退コンサートが可能となり、
トゥルーエンド条件は全て整った。

減衰も始まり、もうこれ以上のランクアップは望めないと認識しているので
これからは引退準備に取り掛かる事になるだろう。
(たまにはオーデも出ないと減衰は加速してしまうが)
とにかく今回のプレイは行く度重なる偶然と練密なプランニングのおかげだと思っている。
だが、同時に思い通りに行かず大きなハプニングを引き起こしてしまった部分もあった為
反省点はまだまだ多い。特にこの日のプレイはそれを思い知らされる事になった。

19日現在のあずさ2世
1週目・・・全国5万2枠→不合格(3位)
2週目・・・全国流浪3万5千2枠→合格(1位+ランクアップ+敏腕ゲット)
3週目・・・パフェ喰い(Bランクアップイベント)


これにブログ未記入分だった前々回の分
(書く暇がなく、その頃には詳細を忘れてしまった)である
約10万人をプラスした結果・・・
総計70万6千人(Aランクまであとマスターオーデ3つ+29万5千人)

1週目の不合格は、まさに予想外かつ1ポイントに泣く結果となってしまった。
久々のブーストでLV11まで上がり、メンバーの平均LVも約10と
決して負けない組み合わせだったのだが、
流行ジャンルの変更(前々回はボーカルだったので調整したが、
今度はビジュアルに戻っていた)と
ジェノサイド戦法(ビジュアル審査員の帰宅)という
致命的なミスが重なった事が原因だった。
よりによって私の比較的得意かつ好きな勝ち方であるジェノサイド戦法に
足をすくわれてしまった事がとても悔しかった。

一方2週目は、これ以上の減衰を最小限にとどめるべく、
衣装・アクセを大幅に変更した上で、めったに出現しない流浪オーデにてBを狙う事に・・・
衣装はボーカルからビジュアル系に変更、
アクセサリーは1度つけてみたかった婦警さんの帽子
以外は能力調整用として装着。(駄目オーラ充填50%)
いやー婦警さんコスプレはいいですね!ハッキリ言って大好き(駄目オーラ充填150%
あぁ、帽子だけじゃなくて婦警さんセット作ってほしいなぁ(駄目オーラ充填300%
でもお世話になるような事は勿論しませんよ(笑)
話がそれてしまったが、オーデ結果の報告に戻るが
ここでの勝利は重要なものとなったのだが、後味の悪い結果となった。
何故ならこのオーデに参加していたプロデューサーたちの
平均レベルが低く(約7〜8)しかもその1人が敏腕を連れていたからだ。
ハッキリ言って下手にボムを使わず普通にプレイしても合格どころか
1位だって簡単に取れる状態であり、そんな時の私の参戦コメントが
さっきから調子悪いので勝たせて!」みたいな事を書いていたので
明らかな嫌味発言になってしまった事に私は罪悪感を感じた(エントリー時はLVは表示されない)
しかし、私は一切手加減や様子見は行わず、減衰ブレーキ要員(敏腕)確保の為に
全力でプレイ。勿論圧勝!

敏腕持ちのプロデューサーさん、この場をお借りして・・・
私を助けていただき本当にありがとう!そして強奪して本当にスイマセン。
3週目のランクアップイベントでは、あずさに大きな変化が訪れる事になった。
続きは長くなりそうなので、独立させます!


  
Posted by chronoss_shine at 23:33Comments(0)TrackBack(0) アイドルマスター 

November 15, 2005

減衰発動!そろそろ危険デス・・・

11月12日、夜勤後注文していた仲間由紀恵(大ファンデス!)のカレンダー
を受け取ると早速ゲーセンへ直行。
いざアイマスをプレイしてきたのは良かったが、
どうやら勢いは前回で止まってしまった様だ。
何故なら、曲固定から10週間が経過した影響で能力減衰が始まったからだ。
ちなみに私のあずさ2世はもう曲を変えられない
現在何とかLV10で固定しているが
このまま減衰が進めば、Bランク昇格も正直微妙になってきていた。
前回LONGTIMEを合格していたおかげで
合格まで稼ぐ人数が比較的少ない事が救いだが正直どうなるかはホント分からない。
最近はブーストも来てないので私の戦場はほとんど
全国3万・2万5000の2つになるだろう。
もしBに上がれたらオーディションはもう受けられそうにないな。
さっさと引退準備に取り掛かってトゥルーエンドを目指すとしよう!
それと、2度目の「ある日の風景6」を堪能しましたよグフフフ・・・(邪笑)
ついにやってしまいましたよ太郎さん!全くキミは何て男なんだ。この確信犯が!(笑)

とりあえずはCランクで行う事は全て済ませてきたのでまぁ最悪再びC引退になっても
いい経験になったと言えるプレイになるだろう。
それにしてもやっぱ土日の日中はかなり危険みたいだね。HUMAN皆強すぎだよ・・・(涙)

【今日のあずさ2世】
1週目・・・パフェ喰い
2週目・・・減衰発動、全国5万2枠→不合格(4位)
3週目・・・パフェ喰い
4週目・・・全国3万2枠→合格

総計ファン人数55万人(Bまであと15万)


ところで、今回は久々にマジックアカデミーもプレイしたのだが、
コチラはかなり調子が良かった。ていうか未だに私の知識だけで勝利できたわけとは
思えないが、勘でクリアできたわけでもなかった。
今回私の知らない問題で正解できたのは驚いた事に
どれも無意識でパネルを打った問題だった。私自身答えを本当に予測できなかったのに
手が勝手に正解を打っていたのであったのだからビックリしましたよ。  
Posted by chronoss_shine at 16:43Comments(0)TrackBack(0) アイドルマスター 

November 11, 2005

ひと夏の青春物語って感じ?

では前回記述したように、今回は未来日記PART
サマーデイズ(ありきたりな名前と正直思う)」の感想・解説を
書かせてもらいます。
今回のテーマは「ひと夏の海で出会った男女の友情と恋」みたいな感じで、
男女それぞれ4人ずつが出会い、友情を育みながらも
それぞれが恋に落ちていく物語
となっている。
そして今回の登場人物もドラマとしてみるには結構面白い事になっており
男性側には、リーダーシップを取れていて何事も積極的な「沖君」
一人旅が趣味でメンバー内のムードメイカー的な存在の「今井君」
一方女性側では過去に苦い恋愛経験をしている「千恵ちゃん」に
打って変わって恋愛経験がない為、恋する気持ちが分からない「明香ちゃん」

の4人となっている。
そんな彼らの物語・・・かなーり長い!(スケッチブックより)
でも「3人のクリスマス」のようなドロドロはなく、
むしろ綺麗かつ気持ち良くホントの青春物語のように話が進んでいくので、
見てて悪い気分にはならない。ただ少しありきたりな感じもするが・・・
今回の話は見てて泣けたりとかの話はほとんどない為(本人たちは違うだろうけど)
あまり感情移入は出来なかったが、今回貴重なドラマチックな恋愛シーンは
心動かされてしまう要素がいくつかあったのでいいとは思う。
ところで3人のクリスマスもサマーデイズもそうだが、
ハッキリ言ってグループ交際物になると恋愛より友情が重点的に描かれてしまってて
後者の方に共感してしまうのは恋愛物としてはあまり面白く感じなかったな・・・
やっぱ1対1の関係の方が私には良いみたいデス。  
Posted by chronoss_shine at 13:52Comments(0)TrackBack(0) シリアスモード 

November 10, 2005

彼女と親友との三角関係・・・見てて痛いよ(泣)

さて、順調に未来日記鑑賞を制覇している私ですが
今回は、PART掘3人のクリスマス」をレンタル!
今回のテーマは今までの1対1の関係とは違って1対多となっており、
親友と同じ相手を好きになった時、友情想い人との愛どちらをとるか!?」という事らしい。
物語としては、実際に同じ仕事かつ学生時代からの親友同士で
更に同じ寮(部屋は隣同士)に住む2人の青年
が、
1人の女の子と出会う事で生まれる三角関係を描いた物語なのだが、
これがまたドロドロな展開で進むので
最初はかなり険悪ムードになりがちなのデス(ほとんど日記の指示が原因だが)
しかも今回は実際の親友同士だから、ロケ以外でも一時期彼らは
本当に仲が悪くなってしまったそうで、見てる私も何だか辛くなっていく感じ・・・
それに比べて彼女側の方は特に大した試練などはなく、
ただ2人への気持ちが揺れていくのがほとんどとかなーり不公平な展開。
まぁテーマがテーマなので納得できる部分はあるが、ちょっとコレには正直不満でしたよ。
最初の頃なんか彼女の方がかなり空気が読めていない会話のやり取りをしてたりと
明らかに彼女は友情に亀裂を入れる火付け役になっていたしね
(流れ的に仕方ないとしてもやはりそう見える)
「3人のクリスマス」は恋愛面より友情面を重点的に見ると結構いい感じに思えます。
彼ら2人の駆け引き・衝突・絆の再確認といくつかの工程で
より一層彼らの友情が深まっていく姿には私も強く共感できました。
見てていくらか不満要素があったけど現実に同じ事があるとしたら
もっと酷くなるだろうなと私には容易に想像できた
ので
コレは比較的まだマシだったのかなぁ・・・

次回はもう1本借りてきたPART察サマーデイズ」(思い切り季節外れだが)
の感想を書きたいと思います!
  
Posted by chronoss_shine at 23:41Comments(0)TrackBack(0) シリアスモード 

November 08, 2005

タイキ、視力低下に悩む(今日の健康診断結果デス・・・)

今日は横浜で14時から健康診断があった為、再び横浜でアイマスをやってきた。
自分でも思うがホント最近こればっかでワンパターン化してきたなぁ。
早く新しい趣味を見つけないとね・・・
だが今回、前回のプレイ以上の事件が私に襲い掛かる。
第1の事件
タイキP、ブースト期間に間に合わず!(笑)

→最初のプレイ時にメールの話題が出なかったので、
 不思議に思ってメールを確認すると、「火曜午前11時まで」となっていた。
 その頃は普通にちょっとしたソフト断食中でしたよハハハ・・・_| ̄|●

だが、そのタイキの失敗を一気に帳消しにする事件がこの直後発生する。

第2の事件
タイキ、覇王エンジェルに勝利!

→これは2週目のプレイにて特別オーディション(歌姫楽園)を受けた時の事だ。
 早速エントリーを済ませると次々と入ってくるHUMANたちの中に
 さり気なく現れた覇王様(ランクS、Pレベル15の記者憑き)・・・
 What!?早くもミーはピンチでござるよ・・・
 と思っていたがエントリーしてしまったものは仕方ないので
 「やっぱ俺って不可能を可能に・・・」と某種に出る鷹の名言をぼやきつつ
 全力でプレイ!だが既にこの時アナザーワールドへテイクオフ寸前だった
 私は取りこぼしをいくつかやってしまっていた為、勝負を諦めていた結果発表の時
 奇跡は起こった。(5ポイント差で勝利)
 しかもデータを見ると2回目の審査で覇王様を既に抜いていたらしい。

勝因はハッキリ言って育成ジャンルだったと思う。
現在の流行ジャンル
1.ビジュアル 2.ダンス 3.ボーカル

タイキ・・・ビジュアル 覇王様・・・ボーカル

この偶然がなければ私は敗北していたに違いない!
更に副賞として善永記者GET!
これでクリアできる!あの忌々しいマスター系オーディションを!!(邪笑)
これまた某種のブルコス盟主のような発言を叫んでしまった。
まぁその後は念入りに全国5万2枠でとどめておいたが
これも合格した時なんか既に「僕は・・・勝つんだ!そうさいつだって!!(狂笑)
と言い放ち、すっかり盟主にとり憑かれてしまっていました(笑)

今日のあずさ2世!

1週目・・・Cランクアップイベントでパフェを喰う
2週目・・・特別オーディション(歌姫楽園 5万1枠)→合格、覇王エンジェル撃破!
3週目・・・全国オーディション(5万2枠)→合格

総計ファン人数・・・51万人(Bまで残り19万)

とまぁ今回の結果を纏めるとこんな感じデス。  
Posted by chronoss_shine at 18:51Comments(0)TrackBack(0) 今日の出来事 

タイキPの風向きが変わってきた日−11月3日−

11月3日・・・
この日の私は、貴重な休日だったのでゆっくり休みつつ例の「この胸いっぱいの愛を」
を見に行ってきたのだが、その前に横浜にて
両親結婚21周年記念アイマスをプレイしてきたので
今回はその結果を記す。

1週目・・・全国オーディション(5万2枠)→合格
2週目・・・パフェを喰う(レッスンはダンスを選択、かなり酷い事に
3週目・・・特別オーディション(LONGTIME 10万1枠)→合格(ギリギリ)

総計ファン人数約38万人(Bランクまであと32万+特別1つ)

いやー正直勝てるとは思ってなかった。
だって私以外は皆Pランク「B」以上で、しかもイメージレベルも11以上。
かなり望みは薄かったはずだったのだが、結果を見ると
HUMAN側は成績かなり悪かったようだ
(きっと減衰思い出ボムだろうな原因は・・・)
そんな中、ランク「C」のイメージレベル9で挑んだ私が
CPUと同率1位でシステム上勝利した事になったわけデス。
これはひょっとしていい感じに進めるんじゃないかと思いつつ、
怪しい笑みを浮かべながら映画館へ駆け込んでいきました
この時点でかなり怪しい人物ですよね・・・  
Posted by chronoss_shine at 18:03Comments(0)TrackBack(0) アイドルマスター 

究極の選択! 夢をとるか?愛をとるか?

先日、未来日記のビデオを返却したもののすっかり中毒になってしまっていた私は
その場でもう1本追加レンタルをする事に・・・
そして、今日ようやく見れた「未来日記此‘になりたい」を簡単に解説。

今回は大舞台でのライブを夢見るミュージシャンの彼と、
その夢を応援する彼女の2人が繰り広げる物語。
基本的に彼はストリートライブをして夢の為に努力し、
彼女はそんな彼を応援しつつ、徐々に惹かれていくのだが
最終的には2人は「夢」をとるか「愛」をとるか選択を迫られる事になる。

さて、皆さんならどんな選択を選ぶ事でしょうか?
ちなみに私だったらをとるだろうと思う。
私としては、もしそこで夢を叶えられたとしても、
肝心な時に喜んだり感謝する相手を失う事の方が1番辛いと思うからだ。
きっと私にはそんな事耐えられないだろう・・・
彼らにしても、たった数週間しか一緒にいなかったとしても
共に彼の夢の為に必死に戦ってきたのだから、
恋愛を抜きにしたって、そんな相手を無くすことは
頑張る原動力を失うに等しいと私は思える。
彼は最初「もし夢が叶ったとして何かを失うとしても貫き通す?」
という彼女の質問にも「俺はやり抜く」とそう答えていたが、
それはそれで正しい選択の1つだとは思う。
でも現実に夢か彼女かを選ばなければならなくなった時、彼は苦悩する。
そして彼が出した結論とは!?
それは実際に見てもらいたいですね・・・

今回の未来日記を見て、実際に夢をつかみ取れた人は
一体何を犠牲にしたのか?あるいは手に入れられたのだろうか??
そして夢に向かって努力する事とはどういう事なのか???

たかがTVのバラエティー企画の1つとはいえ、私は深く考えさせられた気がする。
  
Posted by chronoss_shine at 00:31Comments(0)TrackBack(0) シリアスモード 

November 07, 2005

祝 20代突入!その時タイキは・・・?

10月31日、とうとう私も20歳となり成人の仲間入りをしました!
それを何故今頃書いてるかって突っ込みは勘弁願おう。
まぁとにかくこの日は幸い短めの日勤(と言っても9:00〜18:00までと長い)で、
とりあえず普段の日勤よりは時間を確保できたので
寄り道してアイマスを・・・(ヲイ待て)

Q.何故20歳の誕生日にアイマス?

A.ブーストが来てて他にやりに行く日がなかったから(T_T)


→じゃあ、仕方ないな・・・って普通の人は思わないだろうな

Q2.成人したら普通は飲酒や喫煙などありますが、それは挑戦しなかったのですか?

A.飲酒は高校から軽くはしてたし、タバコは煙が苦手だから無理っす!
  でも仮にやっても良かったけど次の日はロング日勤(9:00〜22:30)
  だからキツイデス。


それはまともな理由で納得してもらえるな!
でも、未だにチャレンジ出来てないな(アイマスはやったけど

ではここで誕生日記念アイマス出撃の結果報告!
私はあずさ2世の育成に専念している為、毎度のように500円で3週分プレイ

1週目・・・パフェ喰い
2週目・・・オーディション(全国3万2枠)→合格
3週目・・・オーディション(全国2万5000 3枠)→合格

10/31当時 あずさ2世 Dランク ファン人数総計 約25万人(Cまであと5万) 

とまぁこんな感じデス。
て言うかホントは特別(歌姫・LONGTIME)を狙いに行ったのに
そこには私の誕生日を祝福してくれるつもりだったのか(!?)
どちらにもエントリーされた「覇王エンジェル」を確認。

覇王エンジェル
プレイヤーのふりをした偽装CPUの1人で
能力としてはPランク「S」、イメージレベル16の最強CPU
→という訳で全力で回避した結果が
全国でとりあえずファン稼ぎという結論に至る。
ってか勝てるわけないだろうが!!!(特別は全オデ1枠)

その後は普通に帰宅し、予約したサントラVol.2が届くまでは
大人しくして過ごしましたよ。

  
Posted by chronoss_shine at 23:52Comments(0)TrackBack(0) アイドルマスター 

クロノス・ジョウンターの伝説(注 ネタバレ有!)

折角「この胸いっぱいの愛を」の話が出たのでこの場で
クロノス・ジョウンターの伝説」についても解説しよう。
まずは、どの話でも登場するタイムマシンの役割を果たすクロノスジョウンターについて、
クロノスジョウンターは物質を過去へと送り込む機能があり、
これを使用することで過去へのタイムトラベルが可能となる。

しかし、使用者は過去へは長くとどまる事は出来ず、しかも元の時代ではなく過去へ飛んだ分代償として未来へと弾き飛ばされてしまう性質を持っている。他には1度設定した時間には2度と行く事は出来ず、更に昔へさかのぼる事は出来ない等タイムトラベルには欠陥が多い。
そんな制約がある中、今までの人生全てを賭けて旅立っていった人々の物語がこの作品である

1.吹原和彦の軌跡

【STORY】
とある会社で物質過去射出機(クロノス・ジョウンター)の開発が行われたある日、
ある事故によって吹原の想い人の女性が死亡してしまう。
開発スタッフの1人である吹原は彼女を救う為、クロノスへと密航する・・・
実際に過去へ乗り込んでみても簡単にはいかず、何度も彼女は死んでしまう。
そんな挑戦の中で友や生活を失っていきながらも彼は挑戦をあきらめなかった。

この物語はまさにクロノスジョウンターの性質を知りながらも
自分を犠牲にしつつ運命と戦い抜いた男の話
であり、
まだ恋人でもなく、相手はどう思っているか分からないのに
彼は彼女を救う為に何度も過去へと飛んでいく事になる。
ハッキリ言ってこの物語ほど簡単な説明にもかかわらず
最終的にどのような結末を迎えたか想像が容易なものはないと思う。
しかしそれでも私はこれが「悲恋物」だとは思えない。よく考えてほしい・・・
これはあくまでタイムトラベルの話なのだから、
もし全ての発端となった彼女の死が回避されたとしたら、
彼はクロノスを使う事はないかもしれないし、また仮に世界が複数存在するとして
時を越えた彼とは別の「その世界の彼」は普通に現れる可能性もあり、
その彼と彼女が上手くいくかもしれない・・・
結局、最後の跳躍から彼と彼女はどうなったのかはもう分からないが。
(もしかしたら結局は救えなかった可能性もあるし・・・)
まぁどの物語もそうなのかもしれないがタイムトラベル物の話は
無限の可能性を秘めているからそれを想像しながら、
それぞれ違う「それから」を考えてみると面白いものだと改めて思える。

2.布川輝良の軌跡

【STORY】
吹原和彦がクロノスへ密航し行方不明になってから数ヵ月後、
今度は過去への一定期間滞在実験のために、布川は1991年12月へと跳躍する。
布川の目的はある建築家最後の作品を拝む事だったのだが、
過去にて枢月圭という女性と運命的な出会いを果たす。
2人はお互いに惹かれあっていくのだが、彼に残された時間は長くなかった。

私が全話の中で1番好きな物語である(圭のある部分はあまり好きではないが・・・)
前話とは違い、目的を果たす事より過去で出会った彼女と過ごしていく数日間を
重点的に描かれている。
それにしても彼女、婚約者いるのに婚約者に対する態度ちょっと冷たいなと感じた。
最初読んでてコイツ(婚約者)邪魔とかしてくるのかなと思ったら、超イイ奴!
彼女の為とはいえ、布川の秘密を知りつつ彼に協力していく姿を見て
「いくらなんでもこんな人として魅力ある彼をあっさり捨てるのはどうだろう」
と思ってしまった。
そういえば、この物語ではタイムリミットばかりが目立って
物語としては普通の恋愛物語なんだよな、決して悪いとは思っていないが。
そして最後に一言・・・「圭さん、頭使いましたね!

3.鈴谷樹里の軌跡(これが映画の原作となった)

【STORY】
1980年、小学生だった鈴谷は入院生活中に出会った絵本作家志望の青年、
青木比呂志(ヒー兄ちゃん)に恋にも似た感情を秘めていたが
彼は難病チャナ症候群によって亡くなってしまう。
そして1999年、彼が亡くなったという出来事は彼女のトラウマとなり、
その結果彼女は男を寄せ付けずに医師としての日々を過ごしてきた。
そんな時にようやく現れたチャナ症候群の治療薬とクロノスジョウンター。
彼女は、彼を救う為に布川が使用した物質固定装置の改良版と治療薬を手に
1980年へと旅立つ・・・
ところが、過去にたどり着いた彼女は彼に関する意外な真実が隠されていた事を知る。

この物語は私もあまり予想できない展開で話が進んでいきました。
物語のキーワードは「プログラム
この意味が理解できた方はもしかすると話の展開が結構読めてしまうかもしれません。
それにしても少女時代はひたすら彼女が彼に恋していたのに、
いざ彼女がもう1度その時に戻ってくると
今度は彼の方が未来の彼女に惹かれていくとキタ!
そして彼らも布川×枢月カップル同様物凄く強い絆が出来ていく姿に
本当に思い合えた2人の姿はこうなるものなんだなと
現在彼女なしの私は強く感じてしまいました。  
Posted by chronoss_shine at 20:12Comments(2)TrackBack(0) シリアスモード 

この胸いっぱいの愛を

この間、前に日記で取り上げた「この胸いっぱいの愛を」をようやく見に行ってきた。
物語は原作である「クロノス・ジョウンターの伝説」とは全く違い(一部人名等が同じだけ)、
ある理由で現代(2006年)から1986年の北九州門司へ
タイムスリップしてしまった人々を描く話
なのだが、
内容としては、「黄泉がえり」のように主人公たちに起きた現象の説明よりも
彼らそれぞれの人間模様のほうが重点的に描かれていた。
まぁ今回は「黄泉がえり」とは違ってタイムスリップの理由なのかは不明だが、
きっかけとなった出来事に関しては単純かつ分かりやすく説明されていたようだ
(ヒントは「未来からの黄泉がえり」)
だが、原作者である梶尾真治氏が書き上げた小説版(原作とは別)では
詳細に描かれている為(微妙に違うが)、結構分かりやすいので
読書が苦手な方以外は小説版の方が結構気に入ると思う。
そしてこの物語は映画と小説ではわずかな違いによってオチが違うものになっている。
(キーワードは「十か条」かな)
どんな違い、そしてどのような設定になっているか等は実際に比べてみるといいと思います。

感想としては、まず主人公である鈴谷比呂志(すずたにひろし)が20年前の自分であるヒロをあくまで別人として普通に対応出来てる事に驚いた。動揺してたのって最初だけだったし・・・
見ててこれがまさか自分自身相手にコミュニケーションしてるとは思えなかった。
それにしてもヒロ少年最初はかなりひねくれてましたねぇ(笑)
だけど後半は憧れのお姉さんの青木和美(あおきかずみ)の方がどんどんひねくれていきましたね、まぁあんな風になる気持ちは分かりますが。
それとほのぼのとしてたラストシーンだけど私には意味がよく分からなかったな・・・アレ何だったんだろうか?
でもエンディングでSweetMom(柴咲コウの主題歌)が流れると何かジーンときてしまう。
しばらくはこの曲聴くだけで映画の情景が鮮明に浮かび上がる事だろう。
  
Posted by chronoss_shine at 20:01Comments(0)TrackBack(0) シリアスモード