July 07, 2006

ビームライフル

読者の皆さんはまず「ビームライフル」という言葉を聞いて何を思い浮かべますか!?
もし私だったらまずガンダムが浮かんできます。て言うかコレしか浮かばん!
しかし今回話すのはガンダムに登場する兵器の事ではなく
ちゃんとしたスポーツの1つであるビームライフルの事である。
(ちなみにいつものようにウィキペディアでコレを調べたら、
普通にガンダムの方の説明が先に出てきたwww

私がこのビームライフルを知ったのは、会社から届いたメールだった。
どうやら社内コミュニケーションの一環としてビームライフル大会を開くという
内容だったのだが、当然この時脳裏に浮かんできたのは
例の宇宙戦争の光景なわけで、正直少し混乱しましたよ(笑)

そして先日、社内で行われた予選会に挑戦してきました。
だがビームライフルがどういった競技なのか全く分からないので
ある程度予備知識だけは覚えて参加してきましたよ。

それではここでビームライフルの競技説明を簡単に・・・
ビームライフルは小銃型光線銃(重さは約10kg位)を用いて行う射撃スポーツで
およそ10m程度先の小さな的に対しビームを照射し得点を競う競技である。
また的も数段に分けて得点が違うため、感覚・呼吸・姿勢等を訓練しないと
高得点を出す事は難しい競技らしい。

ちなみに射撃スポーツの1種だが、ライフル射撃のように特に免許は必要とはしない為
誰でもプレイする事は出来る。
更に人体に向けて撃ったとしても実弾ではなく光が飛ぶだけなので
害はないので安全な射撃競技である。
(無論、それ以前にマナー的にも人に向けては撃たないように)

簡単な説明はこれ位にして、実際に挑戦した感想を書こうと思う。
まず射撃を行う際は、スコープを見て照準を合わせて撃つのだが
自分で合わせたつもりでも実際は大きく中心から外れた結果に終わる事が多く
難易度は結構高い。更にライフル自体がちょっと重いのでそれをうまく支えつつ
ぶれる事無くターゲットを狙うのは結構大変でしたね。
それでも最終的には練習3発・本番10発で点数は42点でプレイ終了。
ちなみにうちの会社のベスト5は皆50点越えをしているので
代表に選ばれる事はないだろうが、初めてにしては上出来だったのかな!?
  

Posted by chronoss_shine at 00:06Comments(0)TrackBack(0) 副業(サラリーマンw) 

July 06, 2006

キャラメルボックスの「クロノス」

7月の奈央ちゃんイベント・オフ会も終わり、
再び平凡な日々に戻った私だったが、人によっては空虚感に襲われてる方もいるそうだが
私の場合はと言うと、特に変化はない。auユーザーな私は雑学のススメ
いつでも奈央ちゃんを拝む事が出来るし、特に寂しくなったり足りなくなる事はない。
そしてオフ会から帰ってみると、家に念願の「クロノス」のDVDが届いている事を確認。
予定ではあと2週間はかかるはずだったが、まぁ早く届いた分には何も文句はないね。

さて・・・届いた事を確認して、早速中身を見てみたのだが
まず感じた事は上演時間2時間が、凄く長く思えた事ですね。
映画館や特番ドラマと大して時間は変わらないのに、
舞台に関しては何故か時間の感じ方が違いました。

それと原作にはない人間関係を深く描いた事によって、実に盛り上がる内容になっている。
原作では主人公、吹原和彦の孤独な挑戦というイメージがあったのだが
舞台版では勿論実際に時間跳躍に挑むのは彼1人だが、
彼の周囲が挑戦を支援する形になっているので、気持ち良く見る事が出来ます。
それではここで原作との違いをいくつか紹介しよう。

・吹原和彦の過去
原作ではごく僅かな登場人物だけで物語は進んでいく形になっており
基本的には「現在」と「未来」の2つの時代からしか彼の挑戦を知る事が出来ないが
今回新たに「過去」を登場させる事によって、人間関係等が充実した内容になっている。

・登場人物設定
大きな変更は、まず和彦と来美子の関係が「客と店員」な関係ではなく
学生時代の元同級生という設定に変更されており、来美子との接点をつける為
新たに来美子の弟や和彦の妹が登場している。
そして和彦の同僚の藤川の性格等にも変更がかかっている為
終始シリアスに物語が進んでいた原作とは違って、
コミカルかつ微笑ましく見れる内容となった。
そして後の物語で重要な役割を持つ事になるあの登場人物たちも既に出演しているので
今後の作品が実に楽しみですな。  
Posted by chronoss_shine at 23:43Comments(0)TrackBack(0) 芸能関連 

July 05, 2006

タイキの長かった3ヶ月 第9章 燃料切れの危機

とりあえず前回書き上げたカラオケ大会にて、某管理人主催のオフ会は終わりとなった。
しかし・・・正直、私はまだ物足りなかった!
他人から見れば「あんだけやればお前は十分だろう!」と読んだ方は
思うかもしれないでしょうが、日頃溜め込んできたマイナスエネルギー
一気に爆発させていた事や時間的にもまだ早かった事もあって
どうしてもこのまま終わるのは嫌だった。
最悪、自分から物足りないと思える人たちを集結させて2次会を始めようと思った位だ。
だが実際はそこまで頑張る必要はなかった。
精算後に帰宅組・飲み会組・歌い足りない組の3つに分かれて行動する事になり
カラオケボックスに半数以上残る結果となったのだった。
そして始まる第2次カラオケ大戦・・・

【セットリスト(便乗含)】
・はだしの軌跡(RIKKU)

FF10-2のリュックこと松本まりかが歌っていた曲なのですが
私、この曲結構気に入っているんですよ。
ただ本編で実際に歌う事はないのが残念ですね。
まぁ曲だけなら本編でも流れていたはずだけど・・・

・×○×○×○(長澤奈央)
こちらは歌ったというよりはRAP部分のみの参加という事で・・・
さすがにあまりに悪ノリが過ぎるとまずいかなと思えたので(苦笑)

・日本ブレイク工業社歌(萬Z量産型)
勿論実際に存在する会社の本当の社歌なのだが
社歌にしてはあまりにも特撮チックな歌の内容に
ネット上で人気が出た曲なのだが、この曲を歌うのは実に久し振りでしたね。
だが・・・この曲以降から私自身のブレイクアウトが始まる・・・

・dreamメドレー
順番を忘れてしまった為・・・と言うかふと突然襲い掛かってきた眠気・頭痛・吐き気等の
体調不良を身体に感じた事で考える余裕がなくなってしまった為
何とか便乗だけ済まして終了。ただこの頃には出番以外では眠気との戦いとなる。

・恋はスリル、ショック、サスペンス(愛内里菜)
名探偵コナンでも使われたこの曲なのだが、体力を温存していたおかげで
何とか歌う事が出来たが、声量はかなり弱まってしまいましたね・・・

・OverDrive(JUDY AND MARY)
奈央ちゃんがハリケンで歌っていた事もあって、繋がりで入れたこの曲。
ジュディマリは普通に好きなので、歌うのも少し楽だったかな!?

・Dear My Teacher(AKB48)
デビューシングル「桜の花びらたち」と一緒に入っているこの曲。
そして私が再びぶっ壊れてしまったこの曲。
B賞でもらったDVDや劇場参加経験が変に影響してか、振りについていける自分に恐怖(爆)
こんな事やってたりするから、皆さんから「チームAKBの一員」だなんて
勘違いされるんですよねぇ・・・

・SPEEDメドレー
今回も順番を忘れてしまったが、全部歌える曲ばかりだったのは確か。
しかし意外にも皆さんも歌えるようで、気分的にも楽にやれました。

とまぁこんな感じだったのですが・・・
物足りない割には突然訪れた不調のせいで、無様な姿を晒してしまった事が少し残念。
それからは浅草で皆さんと別れて、何とか京急と繋がっている都営浅草線に
乗り込む事に成功し、順調に横浜まで帰る事が出来たのだが
既にその頃には、体調は完全に復活していた。  
Posted by chronoss_shine at 11:13Comments(2)TrackBack(0) セットリスト(カラオケ) 

July 04, 2006

タイキの長かった3ヶ月 第8章 迷走から暴走へ・・・

オフ会第1プログラム「ボーリング大会」で見事な記録をたたき出した私と皆さんは
次の目的地であるカラオケボックスへと向かう事になるのだが、
その途中でウルトラQ「小町」に登場したあの「ラーメン屋」の前を通る・・・
この場へ案内してもらえた事に激しく感謝!
ちなみにこの時点でボーリングプレイ中の迷走に関しては
完全に忘却の彼方へ葬り去ったので!
(ただし参加者の皆さんは多分知ってると思いますが、まぁそれ位は無問題。
とにかく楽しいけりゃいいんですよ!と自棄に言ってみるwww)

そして私たちがカラオケボックスへと辿り着くと、参加者全員が
1つの部屋へと案内された。それにしても部屋が実に広かったですね。
そこで先程のボーリング大会のスコア発表があり、
優勝者・ブービー賞・某管理人の発表があり、実に盛り上がりました(笑)

そしてここからが、カラオケタイムとなったわけなのだが
いきなりトップでぁみにぃの「せんちめんたるじぇねれーしょん」が来たのには
ある意味流石とも思えつつ、選曲に苦労しました。
実はさり気なく携帯に自分が歌えるであろう曲リストを簡単にリストアップしてきてたので
やる気だけはかなり高かった。
そんな感じでまず1曲目は喉慣らしに浜田省吾の「I am a father」を熱唱。
とりあえず喉の調子が良い事が分かり、次の曲を探していた頃
遂にあるチームが動き出した。その集団は、チームAKB・・・
どうやら曲に合わせて打ちたかったらしいのだが、
それにはまず歌ってくれる生贄協力者が必要だった。
そしてこの場で歌える事を公言してる人間はごく僅か・・・
という訳でかつてこのブログのセットリスト公開で持ちネタバレしてた私が指名を受けて
「スカート、ひらり」を歌う事に・・・
ひょっとしてコレも一種の罰ゲーム!?
だが・・・こういった煽られてピンチを迎えつつも密かに気力も上がる残念な男
である私は、前回以上の出来での熱唱に成功。
そしてこの時・・・私の迷走は暴走へと変わり、悪ノリ便乗犯(精神崩壊寸前)へと
変貌を遂げたのであった。

もうこうなってしまったら一刻も早く壊れるか乗るかしたもん勝ちですな!

【セットリスト(今回は便乗した曲も含む)】
・I am a Father(浜田省吾)

実はこの曲のPVを見てジーンときた事をキッカケに聴き始めた曲。
内容としては子供を持つ「父親」になってた男の歌ですね。
私はこれで感動しましたもん。

・スカート、ひらり(AKB48)
完全にチームAKBの為に一肌脱いだ曲。
もうイントロでマイクを持った時は私もやる気満々でしたよ!(壊)
でも残念な事に、残念な声援の再現は聞けても、振りまでは見れなかったんですよね。
何せ私、ただ1人歌ってましたから(苦笑)

・ラブボディー(長澤奈央)
折角奈央ちゃんのイベントのオフ会なんだから、奈央ちゃんの曲も入れなきゃという事で
用意したものだが、この曲は大抵の人にマイクを回す感じでやっていたのだが
私は歌・踊り(奈央ちゃんサイド・ファンサイド共に)もノリで決行!
まさに「もう失うものなんてない!」状態でしたねあの時間帯は・・・

・勇者王誕生!ー完璧絶叫ヴァージョンー(遠藤正明)
名前通りガオガイガーの主題歌の究極形。
流石に絶叫し続けるのは困難だったので、歌部分と一部のセリフのみ
頑張らせてもらいました。ちなみにこの時歌ってたメンバーは
ある意味チームスパロボでしたね。

・reality(dream)
奈央ちゃんファンの中にも私同様ドリのファンもいるわけで、私もそれに便乗。
これでカラオケではドリの曲は3曲歌った事になるんだよな。もっと増やさなきゃ!

・ふたりの愛ランド(GirlsBox)
昨年の夏のガルボメンバーで歌われた、懐メロのカバーソング。
勿論この曲もメンバー大半で熱唱。無論手も振りながら!

・ママセッド(長澤奈央)
ここで奈央ちゃん単体第2弾。
私前回はこの曲を最高速で軽く振りをつけて歌った事があるけれど
コレはかなり疲れるんですよね。でも今回のオフ会ではそんなの関係なし(爆)

・道産子シーサー(GALAY)
かつて沖縄出身のガレッジセールと北海道のGLAYのコラボレーションで生まれたこの曲。
これも私の希望で最高速で歌ってみるが、何だか変な感じですねやっぱり。
まぁ噛まなかった分だけまだマシな方かな!?

・忍び恋(長澤奈央)
ハリケンジャーで登場した野乃ナナのデビュー曲であるこの曲だが
私の場合は、語り部分をいつものようにしっかりやって(調子がよければ台詞も変える)
映像にあった第30話を楽しませてもらいました。

・Giant Xmas(GirlsBox)
これは去年の冬に歌われた曲。
この曲は振りとかも特に難しくはないので、歌いながら出来る所は
ちゃんとやっておきました!季節外れでもいいものはいいんデス!!

こうして総勢15人近くいた大規模オフ会はこの曲をもって幕を閉じた・・・はずだった。
しかし、まだまだ私のオフ会は終わらない。
て言うかこんな感じで終わっていいの!?次回へ続く!!
っと自分に対してハートビートフリークス風に書いてみるテスト。  
Posted by chronoss_shine at 03:11Comments(0)TrackBack(1) セットリスト(カラオケ) | ネタ・暴走系

タイキの長かった3ヶ月 第7章 オフ会開始!

奈央ちゃんのイベントが終わり、いよいよ私たちは某管理人さんによる
オフ会へと向かう為に、昼食を済ませて浅草へと向かう・・・
この時初めてつくばエクスプレス乗りましたけど、実に快適でしたね!
まぁ実際はたった3駅位しか乗ってなかったけど(笑)

そして着いた浅草の最初の目的地は「楽天地ボウル」でのボーリング大会。
どうやら今回は罰ゲームはないが、優勝者には賞品が用意されているらしく
ボーリングが始まった訳なのだが・・・
実を言うとこの時点で私は優勝争いには参加できない事を理解していた。
理由はいくつでも挙げられる。

・ボーリングするのは1年近くやってない
・コントロール率が悪い
・脳と身体の動きがフィットしない
・過去の最高スコアが、初めてターキーを取った時のものetc・・・


とにかく私はいくつか見せ場を作れればいい位にしか考えていなかった。
どうせ順位を気にしてもどうもならんし、会話に専念しようと思ってたその矢先・・・
私に異変が起こってしまった・・・簡単に言えば大故障の発生だ。
投げるボールが次々と左側の溝へと吸い込まれていく・・・
立ち位置・指サイズ・ボール等を変えても、修正できるようにはならなかった。
まぁ前半の迷走は既に想定の範囲内だったのだが、
まさか1ゲームかかっても修正できなかったのには驚いた。
とても会話をしてる余裕なんてないはずなのだが、とにかく外面は
「どうやら病気らしいので・・・」等と明るめなテンションでごまかしていたのだが
内心、このままではいけないと何度深刻に考えただろうか?
結局私の順位やスコアがどうなったとかは・・・黙秘権発動の方向で!(苦笑)  
Posted by chronoss_shine at 02:30Comments(0)TrackBack(0) シリアスモード 

タイキの長かった3ヶ月 第6章 2日目の朝

7月2日・・・
ココスでの夕食会から、約半日で再びアキバに戻ってきた私たち・・・
私もこの日無事に起きれるのか心配しながら眠りについたのだが
何とか3時間は眠る事が出来たので、自分的には満足しました。
確かイベントが始まる11時半の約1時間前に辿り着いたのに、
沢山の同志の皆さんが勢揃いしてたのには少し驚いた。
ところが・・・この日私は悩んでいた。
実はイベント質問ネタが浮かばない状態で来場してしまったのだ。
握手会で語る内容はいくつも用意していたのに、質問だけは用意できなかった。
しかも前日に高評価(らしい)な質問をしているので、
同じレベルでの質問はあまりにも厳しかった。

そしてイベント会場に突入したのだけれど・・・
1日と全く同じ場所からの鑑賞というのも嬉しいのやら悲しいのやら
何だか複雑な気分でしたよ。
一方1日とは違い、司会も芸人さんに変わり進行していくのだが
さり気なくお喋りご無沙汰な奈央ちゃんに対して、どんな突っ込みをかましてくれるか
ちょっと期待もしてたりもしていたのですが・・・特に気になる部分なし。
だが奈央ちゃんの喋る勢いはかつてのペースに戻りつつあるようでしたね。
今回は千葉での撮影という事で、ホテル内のプールや砂風呂に関するエピソードを
語ってくれたのだが、私も砂風呂はまだ経験した事はないんですよね。
ただそれほどやってみたいとは思いませんが(えっ!?)

そして遂に訪れた質問タイム。まず先に結果から言っちゃうと
私、指されませんでした。でも私的にはこれで正解だったと今では思えますね。
これからの事を考えれば実に些細な問題なわけですよ。
逆に私的にちゃんとした質問が出来ないのは、ちょっと悔しくも思えるので
本当によかったですよ。要は今回はその後の撮影と握手会さえうまくいけば無問題。

ちなみにその握手会だが、会話に関しては先日の健康診断での
視力・聴力回復を報告。奈央ちゃん、凄く羨ましがっていました。
そして私自身もかなり嬉しかったんですよ。もうすぐ車の免許更新の時期も来る事ですし・・・
後はお互いこれからまた忙しくなるから頑張りましょうと声をかけてそのまま退散。
今回は前日が異様に盛り上がり過ぎたのと、この後のオフ会の事もあったので
いつもよりかは勢いが弱かったものの、それなりに満足できるイベントになりました。  
Posted by chronoss_shine at 01:58Comments(0)TrackBack(0) 長澤 奈央 

タイキの長かった3ヶ月 第5章 テトリスファイト!

キャバ嬢イベントが終了した後は、いつものメンバーの皆さんと
近くのココスで夕食を摂る事になったのだが・・・相変わらず人数も多いので
食事だけでも実に盛り上がりましたね。
ところでその場にて食事が来るまでの間、DSでのテトリス大会となったのだが
ふとここで某管理人の代理で2回戦を戦う事になり、いざ参戦。
その結果・・・見事に勝ち残りました!ただその代わりに途中に来ていた料理に
手をつける事が出来ず、空腹との戦いともなってしまった。
それにしてもテトリスってパズルである以上、対戦もあるわけだが
テトリスって「己との戦い」なゲームだと思うのは私だけ!?
だって他のパズルとかとは違って、別に連鎖とかもなくただ列を崩して
積み上げないようにする事が目的なわけであって
とても相手を気にしながら出来るゲームではないですよね!?
少しでも集中力・瞬発力・判断力がなくなれば、あっという間に自爆も有り得ますしね・・・

テトリスが終わってからは必死に夕食。デザート代わりにフライドポテトを追加する位
かなり頑張りましたよね・・・
あと皆さんとのトークや写真交換、それに翌日のイベントについてなど
約1時間半をあっという間な感じに楽しませてもらいました!

P.S DSを使ったのはその日で2回目でした。  
Posted by chronoss_shine at 00:19Comments(0)TrackBack(0) シリアスモード 

July 02, 2006

タイキの長かった3ヶ月 第4章・・・ある意味拷問な4ショット

質問タイムも空振りのようで、何とか乗り切り
(この質問を評価してくれてる人もいるようで、感謝します!)
次にいよいよ参加者全員による4ショット撮影会が始まるのだが
4ショットを撮る事に少しだけ緊張はしていたものの、あまり不安要素は抱いていなかった。
しかし・・・あえて言うのであれば2つある。
1つは撮影時のポーズ。大体の方がダブルチーズで撮影してしてたけど
(両手でピースして撮影なのでダブルピースでもいいみたいだけど
奈央ちゃんがそう言ってたから、この名称で通します)
私にはダブルチーズでの撮影は精神的ダメージが大きすぎた。
3人がやってくれる分には全然構わないが、その中に自分が混ざって
同じポーズで撮影する訳だから、後で見直した時にそんな自分を見るのが
少し辛く思えたので、ポーズを考えようと悩んでいたのだが・・・
いくつかの案に意義をあげていた所、ふと某弁護士の「意義あり!」が脳内に浮かぶ・・・
コレだと思った私は成歩道スタイルで撮影。最近で言えば釈 由美子もやってたなぁ。
しかもこのポーズには写真を見直した時に、自分を除けば改めて自分への
悩殺効果がある写真になる為、この案を実行する事に・・・

2つ目の悩みは、会話である。
今回の対象者は3人、参加者は200人近く、そして制限時間はあまりにも少なく
実に困難な状況に追い込まれる事は間違いなかった。

まぁ最初は握手してすんなりはけて終わるのかなと思っていたが
そうはいかなくなってしまった・・・
また3人もいればそれぞれの会話の内容を用意しておかなくてはならなく
奈央ちゃんと優ちゃんならともかく、接点がない上に初対面な早織ちゃんとは
どんな会話をすればいいのかギリギリまで考えましたね。
まぁ結局は話すべき事は何とか直前に決めたのだが・・・

そして握手会に望むのだが、撮影までは実に順調に進む・・・
しかしその後は、奈央ちゃんが手を差し出してきてくれたのでそのまま握手。
3ヶ月振りのこの感触・・・嬉しくない訳がない!
いくつか会話を計算通りに済ませて、次に優ちゃんとの初会話。
ライブとかには何回か行ってたけど、こんな間近で顔を見るのは
初めてで感激した事を報告。だがここで遂にスタッフからお叱りを受けてしまい
遂に緊張感+焦燥感に耐えられなくなった私は、必死に早織ちゃんとの会話を
済ませたのだが、結局本来言いたかった事は言えなく、
何だか自分でも何言ってんだと思えるような事を話すだけで終わってしまった。
悔しかった・・・実に悔しかった。そして早織ちゃんが流石にあまりにも気の毒に思えた。
出来る事ならあの場でテンパった事を謝りたい位だった。

ちなみに早織ちゃんのブログではこのイベントの事が書かれていたのだが
やはり時間がなかった事について書いてありましたね。
まぁイベントそのものは楽しめたようで良かったと思いますが、
自分的には何だか不様な結果に終わったような気もどこかでしています。

  
Posted by chronoss_shine at 08:32Comments(2)TrackBack(0) 長澤 奈央 | 芸能関連

タイキの長かった3ヶ月 第3章 突然訪れたチャンス

イベントでのトークは一旦終了し、抽選での2ショット写真撮影権を賭けた
番号発表があったのだが、奈央ちゃんの会は勿論優ちゃん・早織ちゃんの回でも
干されてしまった。しかし・・・世の中にはとてつもない強運の方がいるようで
抽選の結果、何と全員との撮影に成功した人まで出てきたのには驚きましたね!
まぁ私個人としては、どんな形でも一緒に写真が撮れれば何でもよかったんだけど。

その後のスケジュールは、3人に1回退場してもらって4ショット撮影の準備に
取り掛かろうとしていたが、ここでてるや氏の突然の質問タイム開催コールが!
ここまできて今回は質問がないと思って安心したり凹んだり複雑な心境だったのだが
突然の不意打ち発言には私も流石に動揺してしまった。何せ3ヶ月のブランクもあるのだし。
ちなみにその時に出た質問はこんな感じ・・・

Q1.コンプレックスはありますか?
→何故かてるや氏が自分について解答。しかし3人に関しては、事務所的にもアウトだろうと
質問は行われなかった(確か)

Q2.最近はまっている事は??
→これに関しても何故かてるや氏が答えるだけで、実際に3人は答えていなかったはず。
でもこれは答えてもらってもよかったのでは!?
(まぁ私の知らない内に答えてるのかもしれないけど・・・)

そして、ここからが私が用意していた質問になる。

・もし3人がキューズ東京(恋キャバの舞台となった店)に客として訪れた時
 皆さんはそれぞれ誰を指名しますか?

→これに関してはてるや氏も納得したのか、質問を直接聞いてくれたのですが
優ちゃんの「難しい」発言により、何故かてるや氏に突っ込まれちゃった。
私的には、普段からそのキャラクターに「直接」接してきただけあって
1番それなりの理由で答えやすいであろう質問をしたつもりだったのに・・・
でももしかすると、接してた分逆に難しかったのかもしれませんね。
しかしここまで質問に答えられてなかった事もあったのか、
難しいながらにもちゃんと答えてくれたので、嬉しかったですね。
ちなみに結果は優ちゃん・早織ちゃんは「奈央ちゃん(星羅さん)」を指名するとの事。
奈央ちゃんの方は、自分自身ではなく元気な「優ちゃん・早織ちゃん(アンナ・ゆな)」を
指名するとの事だった。

しかし実は私がどうしてもお願いしたい事がもう1つあった。
それは「優ちゃんにラブボディーを踊って欲しい」だった。
前にも書いたかもしれないが、撮影の合間優ちゃんはよく奈央ちゃんの曲や振りを
やってくれていたそうで、その出来は全く曲のイメージを変えてしまうものだったそうな。
そんなラブボディーを是非見てみたかった・・・
出来る事なら早織ちゃんにもやってもらいたかったけど、流石に無理があるだろうと思って
今回は止めておきました。でもいつかきっとチャンスは巡って来るよね!?
  
Posted by chronoss_shine at 01:48Comments(2)TrackBack(0) 今日の出来事 | 長澤 奈央

タイキの長かった3ヶ月 第2章・・・恋する!?キャバ嬢

7月1日 18時・・・
イベント参加に必要なDVD(約14500円)を購入したファンが総勢200人近くも集まり
いつものイベントスペースとは環境が違う状況の中で、遂にイベントが始まった。
今回の司会はてるや氏、そしてゲストは長谷部 優ちゃん・長澤 奈央ちゃん
そして山本 早織ちゃんの3名によってイベントが進められる事になっていた。
しかし実際はてるや氏・奈央ちゃんが司会ポジションで
優ちゃんたちが奈央ちゃんの会話にうまく入っていくという感じで
進行していくのが目立ってましたね。

ところで今回はドラマで使用していた衣装で3人共登場してくれていたので
私のテンションも結構高まりました!
さて・・・今回のイベントで語られていた内容の一部をここに紹介しよう。

・奈央ちゃんの場合
優ちゃんたち曰く、奈央ちゃんが「No.1キャバ嬢 星羅」になっている時は
本当にスカウトされてキャバ嬢になれるのではと思っていたそうな。
しかしシーンの撮影が終わると、素に戻って喋りまくる為
そのギャップの差に結構驚いていたそうデス。

・優ちゃんの場合
本作品の主人公である為、当然出番も多くなるので
日夜撮影に臨む形になってしまい、撮影当時11月〜12月の寒さは
かなりきつかったそうデス。
もう現場では毛布なしではとてもやり続けるのは厳しかったと話していました。
後は主人公が「お金好きな元気少女」という役柄が今まで経験した事がなく
(どうやら今まではクールな役柄だったり、悪役が多かったみたい)
生まれ変わった気分でキャラチェンジしなくちゃとても出来なかったとの事。

・早織ちゃんの場合
彼女の場合は、今回が女優デビュー作品である事が判明。
その為本来の仕事であるグラビアとドラマの仕事の違いに戸惑う部分もあったらしい。
例えば昼食の時なんかは時間厳守の為、彼女を待ってはくれないという事。
(グラビアではスタッフは本人が食べ終わるまで待つらしい
ちなみに優ちゃんの場合は、食べないと辛かったので必死に食べたらしく
奈央ちゃんの場合は、何より食事が優先との事・・・笑)
それと撮影のために、毎日台本チェック・イメトレを欠かさなかったようだ。
ただし実際にそのイメージ通りに事が進むとは限らなかったみたいだけど(爆)
だけどいくら初回だからとは言え、やっぱり偉いですね早織ちゃんは。

そんな中、てるや氏の口撃が早くも始まる。
まずは普段の奈央ちゃんをよく知っているてるや氏は、奈央ちゃんをターゲットに。
奈央ちゃん、今回はいいようにいじられてしまいました(核爆)
言うまでもないが、そんな奈央ちゃんに親近感を感じたのはここだけの話。
次に天然系らしい早織ちゃんが新たなターゲットとなり、いくつか口撃を受けてしまったが
ここはイベント上手な奈央ちゃんが、何とかフォロー。
やっぱりてるや氏は、強力な司会者ですね!  
Posted by chronoss_shine at 00:52Comments(0)TrackBack(0) 長澤 奈央 

タイキの長かった3ヶ月 第2章・・・恋する!?キャバ嬢

7月1日 18時・・・
イベント参加に必要なDVD(約14500円)を購入したファンが総勢200人近くも集まり
いつものイベントスペースとは環境が違う状況の中で、遂にイベントが始まった。
今回の司会はてるや氏、そしてゲストは長谷部 優ちゃん・長澤 奈央ちゃん
そして山本 早織ちゃんの3名によってイベントが進められる事になっていた。
しかし実際はてるや氏・奈央ちゃんが司会ポジションで
優ちゃんたちが奈央ちゃんの会話にうまく入っていくという感じで
進行していくのが目立ってましたね。

ところで今回はドラマで使用していた衣装で3人共登場してくれていたので
私のテンションも結構高まりました!
さて・・・今回のイベントで語られていた内容の一部をここに紹介しよう。

・奈央ちゃんの場合
優ちゃんたち曰く、奈央ちゃんが「No.1キャバ嬢 星羅」になっている時は
本当にスカウトされてキャバ嬢になれるのではと思っていたそうな。
しかしシーンの撮影が終わると、素に戻って喋りまくる為
そのギャップの差に結構驚いていたそうデス。

・優ちゃんの場合
本作品の主人公である為、当然出番も多くなるので
日夜撮影に臨む形になってしまい、撮影当時11月〜12月の寒さは
かなりきつかったそうデス。
もう現場では毛布なしではとてもやり続けるのは厳しかったと話していました。
後は主人公が「お金好きな元気少女」という役柄が今まで経験した事がなく
(どうやら今まではクールな役柄だったり、悪役が多かったみたい)
生まれ変わった気分でキャラチェンジしなくちゃとても出来なかったとの事。

・早織ちゃんの場合
彼女の場合は、今回が女優デビュー作品である事が判明。
その為本来の仕事であるグラビアとドラマの仕事の違いに戸惑う部分もあったらしい。
例えば昼食の時なんかは時間厳守の為、彼女を待ってはくれないという事。
(グラビアではスタッフは本人が食べ終わるまで待つらしい
ちなみに優ちゃんの場合は、食べないと辛かったので必死に食べたらしく
奈央ちゃんの場合は、何より食事が優先との事・・・笑)
それと撮影のために、毎日台本チェック・イメトレを欠かさなかったようだ。
ただし実際にそのイメージ通りに事が進むとは限らなかったみたいだけど(爆)
だけどいくら初回だからとは言え、やっぱり偉いですね早織ちゃんは。

そんな中、てるや氏の口撃が早くも始まる。
まずは普段の奈央ちゃんをよく知っているてるや氏は、奈央ちゃんをターゲットに。
奈央ちゃん、今回はいいようにいじられてしまいました(核爆)
言うまでもないが、そんな奈央ちゃんに親近感を感じたのはここだけの話。
次に天然系らしい早織ちゃんが新たなターゲットとなり、いくつか口撃を受けてしまったが
ここはイベント上手な奈央ちゃんが、何とかフォロー。
やっぱりてるや氏は、強力な司会者ですね!  
Posted by chronoss_shine at 00:50Comments(0)TrackBack(0) 今日の出来事 | 長澤 奈央

タイキの長かった3ヶ月 第1章・・・スーパーマリオワールド

7月1日・・・
遂に迎えたイベント当日、その目覚めは自分自身の腹痛によって始まった。
当然眠気なんか吹っ飛び、痛みと格闘しなくてはならなくなって
何とか症状を軽くなったのを確認して、時間を確認すると
まだ午前3時を過ぎたばかりだった。
だからと言ってもう1度眠り直すには、不安要素があった為
結局は横にもならずにそのまま朝を迎えた。
(腹痛治ったと思って横になると、また痛くなるのは何でだろう・・・?)
しかし朝を迎えても、ハプニングは続いていた。
何とペットの犬(ボーダーコリー)に左手首を噛まれて出血してしまう
怪我を負ってしまった。これには流石に私もかなり怒りましたね。
そんな不運な出来事もあって、結局DVDチェックも中途半端なまま
アキバへと出撃しなくてはならなくなってしまった。

出発するまではあまりにも酷い目に遭い続けた私であったが
せめてイベントでは良い事があって欲しいと密かに思いつつ
会場である石丸SOFT1へ向かったのだが・・・今度は到着が予定より早く到着(笑)
仕方ないので2階にあったゲームセンターCXのDVDコーナーにあった
「スーパーマリオワールド」体験コーナーにて時間潰しをする事に。
それにしてもスーファミのコントローラをまともに触るのなんて
一体何年振りになるのだろうか!?
PSを購入してから1度も触れていなかったから、恐らく4・5年振り位になるだろう。
だがそんな状態でもかつてはやり込んだ記憶はそのまま残っていたので
普通にラスボスのクッパ倒しちゃった(爆)
しかもそこのTV上のパネルには「よゐこ有野の挑戦を体験してみよう」
とコメントが書かれていたのに、あっさりクリアしちゃった愚か者デス・・・

それにしてもあの番組で有野が、様々なムズゲーに挑戦してきた事には
とても感心している。たけしの挑戦状・スーパーマリオブラザーズシリーズ・魔界村etc
どれもが高難易度のゲームばかりで、ホント「今までよくやった」と思っていたのだが
このゲームに関しては話は別デス。確かに隠しゴールを見つけないと先に進めない
ステージがいくつかあったりはしました。しかし難易度はそれほど問題ないはずなのに
クリアできずにいるのが、最初は微笑ましく見ていたのだが
正直、段々腹立たしくなってきたりしましたね。
特に気になったのが、彼が行っていた無限増殖だったのだが・・・
誰もあんな難しい方法なんてやらないって!

気がつけばすっかりマリオに浸かってしまっていた私はいつの間にか同志の皆さんが
徐々に集結していた事を確認すると、モニタでエンディングが流れている事を確認して
いよいよイベントへと臨んでいった。続く!  
Posted by chronoss_shine at 00:24Comments(0)TrackBack(0) 今日の出来事 | 芸能関連