March 31, 2007

自己嫌悪に陥った瞬間

と言っても、そんな事はしょっちゅうあったりするんですけど
今回はちょっと人前にもかかわらず泣きたくなってしまいました。

それは家族が揃っての夕食時の出来事。
ここ最近の近況を報告しつつ、食事をしていると上の妹がある話を
私に振ってきたんデス・・・

「お兄ちゃん、いつになったら新しい彼女できるのかなぁ〜」
・・・正直に言いましょう。言われた直後は別に何とも思ってませんでした。
何故ならこの時の脳裏に浮かんだ思いが「最近は恋愛に関心がない」という事だったから。
だからそのまま妹や家族にそう答えると、珍しくこんな事を言ってきたんデス。

「お兄ちゃん、そんなんで婚期を逃したらどうすんの!?」

普段ならそんな一言なんて出てきたりする事は滅多になかった。
だけどその日はその一言が出てしまった。
その時から、何だか分からないけど何故か苛立ちが募っていくのを感じていた。
だがそれは妹に対してではない。周囲にいた家族に対してでもない。
実を言うと今でもハッキリとはしていない。
だけど推測の話でなら大体見当はついている。
自分の内心募った怒りの矛先は自分自身に向いていたんだと思える。

妹にこんな事を言われてる自分が情けなくて・・・
そしてそれを「最近恋愛に興味ない」の一言であっさり流そうとした自分が
何だか嫌だった・・・だけどコレは事実だ。

自分の中に「孤独が嫌で誰か傍にいてほしい自分」もいれば
「不思議と誰にも特別な感情を抱かない自分」もいる訳で
本当に自分がどうしたらいいかも分からないし、仮に相手が出来たとしても
今の自分が相手の為に何もしてあげられないんじゃないかと思えてならない事が
情けなくて、カッコ悪くて、悔しくて、納得も出来ない。
せめてそんな事を言ってきた妹に対して叫ぶ事さえ出来たなら
少しは気楽になれたかもしれない。でもそうする事さえ出来なかった。
結局何も言葉を返す事も出来ず、ただ不快な表情を表してるつもりで
夕食に戻ると、今度は両親が声をかけてきた。

「あんた・・・何、泣きそうな顔してるの?」

自分でも驚いたよ・・・自分がそんな顔になってるなんて思いもしなかったからさ。
だけど冷静になって考えてみると、目頭も熱くなってたし、
気分も沈む一方だったから、むしろ声をかけなかったら
自分は泣き出していたのかもしれない。
これには両親や妹も心配になったらしく、それ以上声はかけてこなかった。
皆に悪い事しちゃったかなぁ・・・気を悪くさせちゃってゴメン。  

Posted by chronoss_shine at 01:45Comments(2)TrackBack(0) シリアスモード 

仮面ライダー電王 第9話「俺の強さにお前が泣いた」

ようやくチェックできました!
明後日にはもう次回放送だけど、とりあえずはポイントを書いておきますね。

今回発生した事件は、1年前の空手大会出場者が謎の怪人に襲撃されるといった
内容だったのだが・・・今回は色々と複雑な事になっているようデス。

【今週のモモタロス】
ストレス発散を何とか済ませたモモタロスだったが、
たまたま契約済みイマジンと出会った事から、物語は始まった。

1.M良太郎VS謎の空手家(本条 勝)
早速M良太郎は、イマジンが憑依した謎の空手家に先制攻撃をかますが
あっさり受け止められ、逆に投げ飛ばされてしまう。
しかも相手にならないと判断されたのか、涙をぬぐう紙まで用意される始末。
(ちなみにこれは、戦った相手が敗北の際涙を流しても拭けるようにと
気を配った礼儀のようなものらしい・・・)
まさに「俺の強さは泣ける」と言っていいだろう。
勿論モモタロスが涙を流すなんて事はなく、油断しただけだと怒り狂っていたが・・・

2.モモタロス、1度ならず2度までも・・・
本条(に憑依したイマジン)に敗れてデンライナーへ帰還したモモタロスだったが
結局はウラタロスに馬鹿にされる結果となってしまい、
更にご機嫌の角度はえらい方向を向いていた。
終いにはお気に入りのコーヒーまで飲まれてしまい、怒りの卍固めが炸裂!
だが結局はその仕返しに再び唐辛子を盛られて爆睡する事に・・・www
まぁその前に久々にハナパンチがクリティカルヒットするわ
ストッピングを喰らうわ、まさに良い事ナシ。
良太郎君の不幸レベルを超える日も近い!?

3.モモタロスVS謎のクマイマジン(本条に憑依してたイマジン)
リベンジに燃えるモモタロスだったが、電王に変身しても実力は相手がやや上。
終いにはエクストリームスラッシュ(俺の必殺技)も見事にカウンターで
斧の一撃が決まり、大ダメージを受けてしまう。
結局この戦いも決着がつかないままデンライナーへと引き返す羽目に・・・
このままでは益々良いトコナシ!?

【今週のハナ様】
デンライナーにてモモタロス相手に準備運動を済ませたハナ様だったが
遂に今回待望のアクションシーンがっ!!!

1.ハナ様VS空手家軍団
イマジン相手の強さは人間相手でも見事に通じた!
大勢に囲まれて袋叩きにされかけていた良太郎君を救い出すべく
遂に単身動いたハナ様・・・でもこれじゃあまるで
良太郎君がヒロインでハナ様が正義にヒーローなのでは(笑)
それにしてもあの空手家軍団も相手の事を考えて行動すべきでは!?
あれではただのチンピラ同然じゃないのか?
  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 01:09Comments(0)TrackBack(0) 特撮・アニメ・マンガ 

March 28, 2007

何をしてても楽しくなくなってきた

前回の更新から気がつけば1週間が経過してしまった・・・
夜勤など色々あってなかなか書けるような出来事もなかった・・・訳でもないんだな。
まず久々に仲間内と戦場の絆を久々に徹底的にやりこんできました。
おかげさまで最後の種類である狙撃型MSを入手できたのだが、
これが使ってみると結構楽しい。戦場を把握してなければならないという
ちょっとした重圧もあるけれど、それは徐々に練習してつかんでいこうと
あの時はそう思えた。今月分の給与明細を確認するまでは!(滝涙)
今月分の額を見て僕は全ての意欲を失いましたよホント。
誰にでもあるだろう「もし給料が入ったらまずやる事」が
全て出来なくなったのだから・・・
ちなみに自分の場合は、まず貯金分を引いてその残りで旅費の足しにしたり
妹たちへの誕生日プレゼントや新しい服や靴を調達しようかと考えてたのに・・・
それも何もかも全てが出来なくなってしまった。
それどころか来月も貯金を崩して生活しなければならなくなったのだから
前向きになれるはずもない。


資金を稼ぐにはうちの職場だったら残業や休日出勤など
少しでも長く会社で仕事をする事が確実な手段でもあるが
もはやそんな事をして何とかできるレベルではなくなってた。
人間、何かしらのやりがい(意欲や娯楽と言っても良いだろう)をもてなければ
どんなに頭の中で分かっていてもどうにもならないんだな・・・
もう昨年のように自分の時間を充実させる事は出来ないのだろうか!?  
Posted by chronoss_shine at 02:53Comments(0)TrackBack(0) シリアスモード | 副業(サラリーマンw)

March 19, 2007

仮面ライダー電王 第8話 「哀メロディー・愛メモリー」

今週も始まった仮面ライダー電王!
今回は一体どんなドタバタ劇が待ち受けているのかっ!?(違)

【今週のモモタロス】
前回の戦いで良太郎君共々負傷してしまったモモタロス。
だがそれでもウラタロスに実力を馬鹿にされれば、話は別。
売られた喧嘩はいつでも買い取りOK!

1.食堂車バトル ラウンド2
負傷した身でもウラタロスに言いたい放題させるわけにもいかないモモタロスは
再び乗客のいる食堂車でのバトル開始・・・
しかし今回は不思議と誰も邪魔が入りません。
ただ乗客が食していた料理が次々と台無しとなっていくだけで
結局今回も決着はつかず。少しは他人の迷惑も考えましょう。
だがこれを言うのは彼らだけでなく、オーナーやナオミにも言える事だが。

2.久々のストレス発散!新必殺技誕生(!?)
敵イマジンの空中奇襲を解決させる事に成功した良太郎君とウラタロス・・・
だが戦闘力の問題では良太郎君はモモタロスの実力を評価していたのか
ロッドフォームからソードフォームへチェンジ!
陸戦にさえ持ち込めば、こちらのものとでも言うように、次々と攻撃を仕掛ける
電王ソードフォーム・・・そして遂に溜めに溜めてた新必殺技
その名も「俺の必殺技Part3」で見事敵イマジンの撃破に成功。
でも・・・今までとどこが違うのでせう?

【今週の良太郎君】
今回は久々に見せ場のあった不幸な良太郎君・・・
珍しくモモタロス以上に頑張ってますw

1.良太郎君、河川敷にて生命の危機!?
今回のイマジン契約者である由美を追いかけ、契約内容を確認しようとしてた
良太郎君だったが、ここに来て日常以上の不幸が炸裂!

三輪車に激突→負傷した足でふらつき、河川敷を転落→野球ボールを顔面ブロック
→テニスボールが脳天直撃→サッカーボールが(以下略)→ラグビーボール(略!)

この光景に由美も「何これ・・・有り得ない!」の一言(笑)
そうだ!もっと言ってくれ、もっと突っ込むんだぁーっ!!
彼の周囲の人間は不幸に慣れすぎちゃって、全然突っ込んでくれないものだから
視聴者である自分たちの方が変なのかとも少しだけ考えた事もあったし(苦笑)

だが、彼の喜劇はこれで終わらない。
ようやく戻ってきた良太郎君は、またもやふら付き看板ソリで河川敷転落。
今度は危うくトラックに轢かれそうになる・・・
由美ではないが本当に「他人の事より自分の心配しろ」と言ってやりたいですな。
まぁそれ以前に不幸を与えた連中は全員、確信犯に思えるのは自分だけ!?
終いにはイマジンにまで踏まれると確かに最悪な部類の1日となった事だろう。  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 17:12Comments(0)TrackBack(4) 特撮・アニメ・マンガ 

March 16, 2007

仮面ライダー電王 第7話「ジェラシー・ボンバー」

正式にデンライナーへの乗車をお情けで認められたウラタロスが
今回もまたやりたい放題!それでは早速いつものようにいってみよう!!

【今週のモモタロス】
不幸な良太郎君のお情けに未だ納得できない部分がありながらも
共存する事になったモモちゃんだったが、どうやら彼も良太郎君同様
不幸な目に遭わされていくようですね。
このまま話が進む度に彼の不幸がエスカレートしていく事に期待
不安を抱きます・・・(棒読み)

1.モモタロス、ウラタロスに一腹盛られる!
モモタロスは今後、自分の許可なく良太郎君の身体を使う事は許さない等と
言い聞かせる事にしたのだが(良太郎君は彼の所有物かい!)
ウラタロスは素直に従う振りをして、イマジン専用コーヒーに唐辛子を投入して
モモタロスを爆睡モードに追い込んで、デンライナーを脱出。
まさか朝からまるで2時間サスペンスドラマのような光景を見る事になるとは・・・
(と言いつつ、自分はリアルタイムで見てませんがw)

2.再戦!モモタロスVSウラタロス
一腹盛られた事に激怒したモモタロスは、戻ってきたウラタロスと
再びバトル開始!しかも今回は普通の乗客もいる食堂車での乱闘という事で
オーナーも黙ってみているわけにもいかず、遂には乗車拒否警告(レッドカード)を
ちらつかせると、一転して「ちょっと運動してるだけ」を声をそろえて弁解。
更にナオミのフォローでオーナーを(やや強引に)納得させて再びバトル開始。
しかし相変わらず決着はつかず。

3.モモタロス、ストレス発散に失敗
新たに現れた敵イマジンに気づいたモモタロスは、早速電王に変身して
戦いを楽しむ事にするが、一方の敵イマジンはというと電王を全く相手にせずに
撤退してしまう。眼中にも入ってなかった事にモモタロスは大激怒!
何だかここ最近モモタロス怒りまくってばかりだが、ホント大丈夫だろうか!?
その後第2ラウンドに持ち込む事が出来ても、相手は空中を飛び回り
奇襲をかけてくるので、まともな戦いも出来ず苛立ちが募るばかり。
次回こそはモモタロスのカッコいいストレス発散(戦闘)が出来る事を祈ろう。  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 14:30Comments(0)TrackBack(2) 特撮・アニメ・マンガ 

March 13, 2007

有り得ないクラッシュ!

歯医者に行った帰りにいつものように時間つぶしで絆をやりに行ったんだけど、
相変わらず全然勝てない僕がいる。しかも第1戦の終了間際には
突然パリンという音が聞こえた途端に画面がブラックアウト!
パリンという音が聞こえた時、一瞬「種割れ!?」とか
「光子力研究所バリア!?」なんて思いついちゃった自分に苦笑。
しかもその戦いで負けていた事もあって画面のブラックアウト発生と共に
「タイキさん、ナイスです!」という一言が・・・w
俺は壊し屋じゃねぇー!と叫びたかったが、ボイスチャットで全て筒抜けになるので
胸の中にとどめる事にしたんだが、結局他のメンバーは普通に戦闘続行で
自分だけポッドを降りる羽目に・・・何てついてないんだろうか!?
まぁプレイして多分のクレジットは返ってきたし(当たり前だ)
使ってたカードのデータも無事だったんだけど・・・
いくらめったに起きない出来事とはいえ、何だか複雑な気分だ。

結局その後もまともな戦いが出来ず、唯一の戦果としては
狙撃型MSが手に入った事ぐらいだな。でもあの機体使ってみると
大変だけど結構面白いね。
ちなみに原因としては画面を映すプロジェクターに使ってるランプが
突然破損した為らしい・・・パリンという音はその部品が突然割れた音だった
わけなんだけど、勿論自分は戦闘中に頭上にあるプロジェクターに触れたり
ぶつかったりなどはしてないのだが、自然に壊れるには不自然ではないだろうか?
しかも修理にかなり手間がかかるほどの重症だったみたいだし、
一体あの時プロジェクターに何が起きたんだろうなぁ?  
Posted by chronoss_shine at 20:29Comments(0)TrackBack(0) ゲームレポ 

March 08, 2007

龍が如く劇場版観てきた!

連休に入ってからほとんどスパロボ漬けなタイキですが、
流石にそのままなのもまずいので、外へ出る意味で久々に映画館へ行ってきた
(これって何か目的と違う!?)
今回観てきたのは「龍が如く 劇場版」だった訳なんだけど、
基本的にはゲームの「1」とストーリーに変化はないのだが、
感想としては良いも悪いも半々な感じですね。
ある意味ここからはネタバレになってしまうかもしれないが、
回避する事を意識してても、これからの事が説明できないので
多少は触れていくつもりですのであしらかず・・・

・劇場版の良いポイント
まずは基本的に設定に極端な変化がないので、ゲームをやってから観た人でも
違和感を感じる事はあまりないでしょう。劇場版のオリジナルキャラクターも
多数登場してますが、特別桐生さんに絡む事が少ないので
それ程気にする必要はないと思える。

次に挙げるポイントは多数のアクションシーンですね。
原作の設定をうまく取り入れているので、ヒート状態などもCGで
うまく表現されているので、純粋な格闘が見たいと思う人以外は
結構気に入ってもらえるだろうと思ってます。
そして桐生さんの強さという魅力もしっかり伝わってきます。
桐生さんを演じる北村一輝さんの「桐生一馬」も決して悪くないと思えますね。
ただ原作よりか若く見えるので、そこに違和感を感じる人にはどう思えるだろうか?
そしてアクションの中にも笑える部分があり、要注目と言っていいだろう。
特に「スタミナンスパーク」に関してはゲーマーにとっては最高デス!(爆)

・劇場版のツッコミポイント
ここからは個人的に気に入らない部分を書いてみよう。
まず風間のおやっさんが渡さんじゃない事。(笑)
ただ渡さんが実写でもおやっさんをやってもらえるとしたら、
足負傷前の二丁拳銃使いの殺し屋モードか、あるいはショットガンを持って
大暴れしてもらいたいですな(核爆)


次にオリジナルキャラクターのシーンが多すぎるので、
本編ともいえる桐生さんの人間関係等についてのシーンが
あまりにも省略されている事。ゲームをやり込んで観に来た人には
大した問題ではないのかもしれないが、何も知らずに映画を見た人には
登場人物の関係などの把握は難しいのではないだろうか?

3つめとしては、元ハリケンジャーなあの彼が犯罪に走ってる事(水爆)
これに関しては詳しく言えないのが残念だが、
かつて「伝説の後継者」と呼ばれた彼も、この作品では普通の青年でした。
だがしかし!彼の登場するシーンは結構多いので、ハリケンファンとしては
久々に注目して観る事が出来ました。
(エンドクレジットでは2人目だったよ彼!)

まぁ他にもいくつか挙げたい事があるのですが、
これ以上長くするのもどうかなとも思えるので(説得力ないがw)
最後にひとつ・・・真島の兄さんはやはり不死身かつ最凶の男だった。
あっ!・・・白鳥さんがどこに出てたかチェックするの忘れてたぁーっ!!不覚!!!
  
Posted by chronoss_shine at 19:19Comments(0)TrackBack(0) 芸能関連 

March 05, 2007

また新しいゲーム買っちゃった(スパロボW 登場人物編)

前回、キラゲームの話に夢中になったばかりに、本題のこっちを忘れてました(笑)
て言うか実の所、スパロボよりもキラゲームの方に力を注ぎ込みがちだったもので
普段の自分からすれば信じられない事だが、決してWがつまらないんじゃない。
キラゲームの方が出だしが少し良かっただけだ。

ストーリーやシステムについてはまだちゃんと分かってないので
興味のある方はWiki等で確認して欲しいのだが(他力本願ですいません)
そこで今回は電王同様個人的に気になるポイントの「さわり」を書いておこう。
ちなみにこのさわりでもそこそこ長くなるのであしからず(一応第1部序盤のみ)

・ガンダム系の場合
前にも挙げたと思うが、アストレイの参戦が1つある。
しかし現時点ではまだ登場人物が軽く出てきただけで、
本格的参戦はしばらくお預けになりそうだ。ルートによっては増援とかで
出てくれるみたいだけど・・・
一方本編に関しては、久々にメビウスゼロに乗ったムウさんと再会!
どうやらこの時はまだ本編以前の話らしく、エンディミオンの鷹とも呼ばれてないし
階級もまだ中尉だったけど、有線式ガンバレルの腕前は相変わらずデス。
ただこちらも本格的参戦はしばらくない様子。
まぁマリューさんとくっついて、見事最後まで生存してくれれば何も文句はない。

次に久々のガンダムWの参戦確認。しかもエンドレスワルツの方で(嬉)
いつもだったらデュオのデスサイズヘルカスタムで、毎回大活躍してるのだが
今回はいきなり第1話から登場してるので、撃墜数を稼ぎまくってます。
そして主役機のウィングゼロカスタムは、相変わらずグラフィックや戦闘シーンが
綺麗なんですよねぇ・・・勿論戦闘力は言わずもがな。
最後に、今回のノインさんの顔グラフィックが・・・
綺麗デス、まさにクールビューティー(照)
これは某火消しの風参戦以降のツンデレっぷりを期待しよう(違)


・フルメタルパニック系の場合
ちょwwwいきなりボン太くん登場ですかーっ!!!(爆)
しかも量産型(陣内高校ラグビー部員)の方まで(核爆)

あんたら普通に強すぎだろ!相変わらず攻撃力はボン太くんに期待できないけどさ。
どうやら「J」同様にフルメタ系は主力候補ですな。
それにしても、あの変態ガウルンはめちゃめちゃ強すぎだろ・・・
何せ序盤からラムダ・ドライバ搭載のコダールで、
あの勇者王のプロテクトシェード(防御選択)を貫いて瀕死に追い込むなんて。

恐るべしブラックテクノロジー・・・

・ガオガイガー系
とにかくまず最初に・・・今回、小隊システムじゃなくて良かったぁー!(叫)
何せ苦手だった小隊システムのせいで、育成どころかαシリーズを諦めていたもので
今回こそちゃんと育成できる事が嬉しくてならない。
ただガオガイガーは長射程武器もなく武装も少ないので
ちょっと使いにくいとも思える。まぁ壁としては十分に役立つし
ゴルディオンハンマー(ハンマーヘル&ヘブン)も合体攻撃じゃなくなってるし
対ボス機体としては悪くないですね。
そして最強ロボ軍団が、今回大活躍ですよ!
ビッグボルフォッグでさえ回避率高いし、兄弟たちは状態変化攻撃たくさんあるし
マイクに至っては修理・補給・気力UP可能とどう考えてもレギュラー確定っしょ!
お気に入り作品に選んでおいてよかったぁ・・・  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 02:47Comments(0)TrackBack(0) ゲームレポ 

仮面ライダー電王 第6話「サギ師の品格」

「言葉の裏には針千本、千の偽り万の嘘・・・それでもいいなら僕に釣られてみる?」
という一言と共に前回登場したウラタロスとそんな彼が気に食わないモモタロスが
遂にデンライナーで戦いの火蓋をあげた所で前回は終わってたが、
今回は一体どうなったのかと言いますと・・・
詳細のストーリーは公式ページにも載ってるから敢えて書かないとして、
いつものようにポイント紹介いってみよう!

【今週のモモタロス】
1.久々のモモタロス(+ウラタロス)大説教大会
ウラタロスとのけりをつけようと戦い始めたものの、
デンライナーまで壊しかねない勢いに、最強ヒロインであるハナ様が久々に大激怒!
折角先週は大人しくしてたのに、結局ウラタロスと共にハナパンチを食らう事に・・・
だけどこの光景こそ実に電王らしいと思えるのは僕だけ!?
それにしても今回はいつも以上に荒れまくっていたハナ様は
遂に凶器(フォーク)に手を伸ばしてましたが、コレには流石にびびったようで
「これはよくないんじゃないかな?」の一言に正直笑いが止まりません。
見事自分の予想を上回ってくれました。これだから電王チェックは止められないね。

2.モモタロス、見事に釣られる!
ハナ様による有難い大説教の後に、モモタロスもウラタロスに文句をぶつけるが
ウラタロスが今までの自分の境遇を語りだした事で、
あまりの不遇ぶりに涙を流すモモタロス、そしてウラタロス。
だが勿論彼の話は真っ赤な大嘘な訳で、見事にモモタロスだけでなく
ナオミや不幸な良太郎君まで騙して、再び身体を奪って逃走に成功。
ハナからの電話で騙された事に気づいたモモタロスは、
先程とは打って変わって大激怒!
こんな光景を見てるとかつて泥棒の加担をしてた彼よりウラタロスの方が
よっぽど悪人に見えてなりませんね。

3.モモタロス、衝撃的弱点発覚!
過去にさかのぼった敵イマジンを追いかけて海までやってきた
電王ソードフォーム・・・しかしこれは敵の罠で、電王は海へ引きずり込まれてしまう
そしてここでモモタロスが一言。「やべぇ・・・俺、泳げねぇ!」
なっ!何ですって!?あの暴走野郎モモタロスが泳げないなんて・・・
しかもそんな理由でソードからウラタロスのロッドフォームへ初チェンジだなんて・・・
放送まで一体どんな理由でフォームチェンジするのか想像してたのに・・・ぷっ!

只今タイキは溜め込んでいた笑撃に耐えられず、笑い転げております。
しばらくお待ちください・・・(まさに抱腹絶倒ってやつ?)


4.次回予告にて更なる弱点発覚w
これはサイト上での話なのだが、どうやらモモちゃんは唐辛子が苦手なようデス。
ただ辛いのが苦手ではなく、大いびきをかいて眠る程の強力な作用が働く為らしい。
このまま完全にお笑いキャラとしての道をまっしぐら行くとしたら
終いには・・・本当にモモ缶になるぞ(核爆)  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 02:14Comments(0)TrackBack(6) 特撮・アニメ・マンガ 

March 01, 2007

また新しいゲーム買っちゃった!(キラゲーム編)

3月1日がスパロボWの発売日という事もあって、スパロボWと一緒に
同じDSの「DEATH NOTE キラゲーム」を買ってきましたよ!
本当はついでにルパン契い凌刑遒睛澆靴ったんだけど、
PS2のソフトは値段が高かったので、今月は我慢する事に・・・
それにしてもこのゲーム、面白っ!
買ってきたのが1日になったばかりの0時頃だったんだけど、
家に帰って早速やりこんでみると、気がついたら外は日が昇ってました(爆)

【ゲームルール】
ルールは簡単!プレイヤーは「殺人者 キラ」「探偵 L」となって
捜査員の中から敵を見つけ出し、キラならLを検挙するかデスノートで
「裁き」を下せば勝ち(これはあくまでゲームなので、殺人は行いません)
一方Lの場合はキラよりかは条件が厳しく、キラを検挙する事が出来れば勝ち。
ただキラを検挙するには、過半数以上の捜査員たちがキラに対して
疑いを抱いてなければ、検挙どころか誤認逮捕となってしまうので
ややLの立場の方が動き方が難しくなる。
(一応、キラもデスノートの使い方を間違えると、発言力がなくなるので注意。
あくまでデスノートでの裁きは切り札として使おう)
しかもLの場合は特有フェイズ「捜査」でキラを見つけ出せたとしても
あくまで検挙するまでは勝ちにならない為、メンバーの誘導が必要となる。

重要なのは自分に対する「信頼度」と相手に対する「疑惑度」をうまくつかんで
ゲームを操れるようになる事ですね。まぁコレが出来れば場合次第だけど
たった1ターンで敵を倒す事も可能なので、常に気を抜く事は出来ない。
勝負自体は結構短時間で決着がつくんだけど、
メンバーの探りを入れる時間も含めると、かなり長い時間戦ってるようにも思える。
それにしても月や竜崎は動きがバレバレなんだよね・・・
逆に松田や粧裕の発言がなかなか油断できないと思えたのは自分だけ!?


  
Posted by chronoss_shine at 18:47Comments(0)TrackBack(0) ゲームレポ 

身体中の痛みがまだとれない・・・(泣)

月曜日の宿泊から数日が経過したが、未だに右足の痛みがなかなかとれず
本当に困っちゃいます・・・
歩く時は勿論の事階段(特に降りる時)や自転車など、
日常生活に多少の影響は受けていると思える。と言っても足が痛むだけで
別に大きい怪我を負った訳ではないから、症状が落ち着くのを待つしかないけどさ。
だけど2日目のロング日勤後なんか特にヤバイと思ったね。
だってロング日勤までは何とか痛みつつも身体を動かせてはいたんだけど
自宅に帰ってリビングに倒れこんでからは、全く動けなくなったからね。
眠くて動けないとか疲れて動きたくないとかそういうのじゃなくて
頭では動かす意思100%あるのに、身体が受け付けないんだよ。
おかげでそのままリビングでそのまま朝を迎える事になったし。

だけどこの件にちょっとした心当たりはあるんだよなぁ。
何せ前回の記事を更新後に、眠りに就こうとリクライニングルームへ行って
横になりつつテレビを見てたら、アイドリングとか懐かしのアニメが放送されてて
ついウトウトしながらも見ちゃった結果、結局睡眠不足になってたし(苦笑)


ただその一方であまりに普段より不幸すぎた僕を少しは哀れんでくれたのか
会社でのトラブルは少しずつだが収まりつつあるようデス。
このままうまく収まって平穏な(ゆとりのある時間が持てるという意味)日勤を
過ごせるようになってほしいのだが、どうやら来月から始まる新業務の
本格的教育が始まるみたいだから、この先もゆとりが持てるかどうかは
正直あまり希望は持てないかなぁ・・・
  
Posted by chronoss_shine at 17:54Comments(0)TrackBack(0) 今日の出来事 | シリアスモード