January 27, 2015

タイキ、太閤立志伝を始める

最近はGE2RB(レイジバースト)が出るまでは新作購入を自重しようと決めた自分が
積んでるゲームの中から目をつけたのが、コーエーの太閤立志伝

詳しくはリンク先の説明通りなのだが、まぁ簡単に言うと武士だけでなく様々な職業で戦国時代を生き抜こう!
というゲームだったりする。なのでかなり自由度が高く、歴史を知らない人には特に
最初に何をすべきか分からなくなりがちだったりする。

元々「やる夫の戦国立志伝」を読んだのを切欠に興味をもって購入したんだけど
当初はおすすめの秀吉プレイで始めて、自分で天下統一する気はさらさらなかったから
もし信長が生存してたら?のif展開が見たくて、明智光秀や足利義昭の好感度上げたり
浅井家を朝倉から離脱させて完全に織田に取り込んだりしておもいっきし歴史改変してたんだけど
太閤立志伝では逆に本能寺の変起こすのが難しいらしく、あっさり信長生存。
終盤には九州勢を統一中に上杉と徳川が同盟破棄して一斉に攻めてきたのを守りきったら
いつの間にかエンディングになってたんだけど、よりによって異国(確かイスパニアだっけ?)に
あっさり信長は敗北したらしく、何かしっくり来ないエンディングになったんだよね。

その後は剣豪プレイで柳生宗厳(鬼武者2の松田優作フェイスの柳生十兵衛は確か彼)でも始めたんだけど
副業の医者の方が進行しすぎて、まさかの医者エンドを迎えてしまい、一応ちゃんとしたエンディングだったけど
この時も何かしっくり来ないエンディングになってしまい、以降プレイを止めてしまってた。

あれから数年後、ネット上の架空戦国小説の「腕白関白」「天地燃ゆ」に触れた事を切欠に
太閤立志伝熱が復活し、リハビリがてら再び秀吉で挑戦。
今回はとにかくスッキリするエンディングが見たい!を目標に家康並にコツコツ戦力を築いていくつもりだった。
その結果”ほぼ”歴史通り、浅井家同盟破棄までは順調に進んでいた。
しかしそこは太閤立志伝、ここから次々とおかしくなっていく。
まず浅井家との戦には秀吉は関わらず、ひたすら内政+資金稼ぎしまくってたので
代わりに柴田勝家が浅井家を滅ぼしてた。あれ?そうなるとお市の方や三姉妹は勝家に恨みを!?
とにかく秀吉が嫌われるフラグが完全消滅するわけで、清洲会議や賤ヶ岳の戦いは??
そもそもこっちでは勝家の好感度MAXまで上がりきってるから、仲悪くないんだけどね!


それからというものの、三方が原の戦いは起きたものの史実通り武田信玄が亡くなると
あっさり武田家は滅亡・・・長篠の戦いさえ起こることなく!
更にはそれに便乗するかのように、まさかの徳川家滅亡ときた。
おいおいまだ信長生きてるのにどうなってんの?て言うかうちの織田軍攻めるのは積極的だけど
防戦や援護に関しては放置し過ぎにも程があるぞww

さてそんなタイキワールドの戦国時代に勢いがついた家は、主に織田家・北条家・毛利家の3つ
上杉家もやばいけど、勢力的には意外にそれほど大きくなく、謙信が亡くなれば起きるか分からないけど
御館の乱で一旦落ち着くはず・・・毛利も史実同様対立状態ではあるけど積極的には攻めてこないまま
元就が亡くなったので、とりあえず一旦は放置。
問題は城も多く積極的に攻めてくる北条家。何と武田・徳川の勢力を取り込んだと言うか
滅ぼした張本人がガンガン攻めてくるからツライ!
しかもこっちからすれば遠征に近いので、信長本隊が攻めても攻めきれず敗走する事も・・・
て言うかいい加減合戦ばっかしてないで内政なり軍備整えるなりしろよな(怒)
あまりに本隊が情けないので・・・浜松城・駿府城そして小田原城取っちゃいました♪そして現在に至るwww
(小さい城は面倒くさいので、全部織田家に返上してやった。)
あれれ〜歴史上小田原城攻めるのかーなーり、後だし相当の兵力ないと駄目じゃなかったっけ?
でもそこは太閤立志伝、強力な部隊・名軍師の大活躍(竹中半兵衛・黒田官兵衛・秀吉本人)・膨大な資金さえ
しっかりしとけば、ゲーム上ではどうにでもなったりする。
ちなみに敗走した北条は現時点では江戸城にヒッキーしてたりする。

とまぁこんな感じに楽しんでやってます。近い内に北条泣かす!  

Posted by chronoss_shine at 18:30Comments(0)TrackBack(0) ゲームレポ 

January 26, 2015

タイキ、身体の衰えを痛感する

2015年1月25日・・・
この日も最近では御馴染みになりつつあるタイキ・Vorf氏・スプライト君のゲーマートリオで
ゲーセンに行ってきた。Vorf氏はCOJのイベントの為、スプライト君は最早休日の過ごし方第1位となりつつある
スティクロプレイ、そしてタイキはそんな彼らのパイプ役w(流石に俺抜きでは接しにくいww)

だが今日のゲーセンでの時間はいつもと違った事があった。
と言っても普段やらないゲームやっただけなんだけどね。
それはDanceDanceRevolution(通称DDR)
まぁやったのは俺だけだったんだけど・・・元々学生時代は結構やり込んでいたんだけど
社会人になってからはやらなくなったんだよね。だから懐かしくなって久々にやろうなんて
思っちゃったりしても、ちかたないよね!?

正直この時はまだ自分の身体の事を過信してたんだよ。矢印の動きは今でもついていける。
だから何とかなるなんて今思えば何の根拠もない確信を持って
当時プレイしてた曲を一応難度を下げてやってみたものの・・・

最後にやったのは10年以上前、当時と違い運動不足で体重は増加、スニーカーではなく革靴装備。
どうなったかはすぐにお察しできるだろうが、まず1曲目(4thのB4U)で呼吸が整わなくなってきて
僅かなインターバルを置いて2曲目(4thのORION.78だっけ?)で左足を痛める+過呼吸一歩手前
最後のインターバルを置いて3曲目(6thのMAX300)でクライマックス直前でタオル投入セルフノックダウンwww
今更ながらブランクある人間が決して選んではいけない曲ばかりだった気もする。
だけど難度をビギナーまで下げるのは流石に元プレイヤーとしてのプライドが許さなかったんだよ(苦笑)

その結果しばらく動く事も喋る事も出来ず、スプライト君が買ってた
レモンティー(何気に人生初レモンティー)を補給して何とか生き延びた('д` ;)
だが今でも左足の痛みがひかなくて帰りのチャリがめっちゃ辛かった。
うぅ・・・おとなになるってかなしいことなの。  
Posted by chronoss_shine at 18:30Comments(0)TrackBack(0) 今日の出来事 | ゲームレポ

続・シンデレラガールズについて語ってみる(アニメ版)

昨日は何かデレマスと自分の距離感についての話で終わってしまったので
今回はデレアニ(アニメ版の事ね)に焦点を当てて書いてみたいと思う。


まず放送が始まったのは1月になってすぐで、これを書いてる現時点では3話までの放送が完了している。
だが出だしは好調だったようで、周囲では今期で最も期待できるアニメではという声も聞く。
実際に自分もアニメ版欠かさずチェックしてるけど、アニマス同様結構楽しんで見てる。
今回のデレアニは結構アニマスを意識してるのか敢えて765プロ(アニマス)と346プロ(デレアニ)を
比較出来るような展開になってるんだよね。

例えば、765プロはアニメ開始早々は貧乏弱小プロダクションだが、346プロは大手プロダクションであるし
1話の展開の進み方もアニマスとデレアニでは正反対と言ってもいい。(公式もそのような事を言ってたらしい)
そして登場するプロデューサーのタイプも違う。
序盤時点では比較的接しやすく感情表現も豊かで自らアイドルと接しつつ事態を乗り越えていくタイプだが
まだまだ未熟な所が多い赤羽根P
。(声優が赤羽根健治さんなので)
その一方で、第1印象こそ愚直で寡黙だが、強面な見た目で1話では警察のお世話になりかけたりもしたが
あくまで裏方に徹する事を心がけ、他人を動かして最適なサポートをする有能な武内P

その違いっぷりはシナリオを追いかけると分かりやすい。
しかしやってる事は結構同じだったりするんだよね。
・1話ではアイドル・Pの紹介(但しデレアニではスカウトからスタート)
・2話では宣材写真の撮影(どちらも最初はうまくいかず、成功させるまでのプロセスがポイント)
・3話では初の大仕事(アニマスでは降郷村でのライブ、デレアニでは先輩アイドルのバックダンサー)

現時点ではデレアニの方が階段のかけ上がりっぷりが凄いけど、今後も期待して見ていきたいね♪
て言うか序盤からライブシーンとかめちゃくちゃ熱くなるっつーの!
フライドチキンから後はまるで俺も観客としてその場に居たかのように盛り上がってしまい
興奮のあまり普段飲まない酒を飲みながら、何度も見返してしまったじゃないかっ!!

感想はここで纏めきるのは多分無理なので、次の話題に行こうと思うけど
デレアニの話題と言えば、やはり欠かせないのがプロデューサーを演じた声優の武内君についてだよねw





詳しくはリンク先のニコニコ大百科に書いてある通りなのだけど、当然自分も武内Pのプロフ知った時には
大層驚きはしたけど、それ以上に好感が持てたのは確かだ。
だがまさかTwitterでトレンドに残り続けるほどの注目と熱烈大歓迎を受けるとは思わなかった。
1人の新人声優(重低音イケボなリアルガチ17歳高校生)としては大出世間違いなしだろう。
まさにシンデレラボーイな武内君。皆もそうだろうけど最近は武内Pで色々とネット見るのが楽しくてたまらんww
声優としての仕事だけじゃなく、今後の進路の事とかも含めて頑張ってほしいなと思う。
自分の時は殆ど進路なんて選べなかったと言っていいから余計にね(泣)
後は次のデレマスライブに来てほしいなぁ〜あ、でも労働基準法的にはどうなんだろうなぁ・・・
何とかして出るんだったら運パラメータ全振りでチケット争奪挑んでやる。(これでも結構抽選運は強い方)

でわ今日のところは一旦ここまでにして、最後に色んな意味で今後が期待できる事を
確信した動画をリンクしとくwww
  
Posted by chronoss_shine at 03:14Comments(0)TrackBack(0) アイドルマスター 

January 25, 2015

ムビマス公開1周年記念、話題のシンデレラガールズについて語ってみる

2014年1月25日にムビマスが公開されてから今日で丁度1年・・・
2014年はアイマス界そしてタイキPにとっても大きな1年だった・・・と振り返り始めるとキリがないので
早速2015年1月に悲願のアニメ化を果たしたアイドルマスターシンデレラガールズについて書いてみる。

一応知らない人の為に書くと2011年11月よりモバゲーで運用が始まったソシャゲが原作になる。
ゲーム自体には765プロのアイドルも参加しているが、現在では200人近くのアイドルが
デレマスより誕生しているとの事。さてここで気になった人もいるだろうが
何故説明を明確な表現を使っていないのか?
それは単刀直入に言うとタイキはシンデレラガールズについてはあまり知識がないからだ。
全く知らなかったわけではないし、ゲームもプレイしてたし二次創作とかでもよくチェックしたりはしてた。
しかしそれでも知らない理由としてまず第一に挙げると、タイキはお金がなかった。

無課金でもプレイ出来るし工夫次第なんだろうけど、それでも当然ガチャ等の課金アイテムが利用できた方が
その分欲しいアイドルだって手に入りやすいし、イベントだって進行させやすい。
そしてデレマス上のPの動きに驚きと恐ろしさを感じてしまったのも事実だ。
デレマスでPをやるにはここまでしなければならないのか?
そう思い始めると同時にプレイ頻度は落ちていき、終いにはデレマスからは離れていった。
デレマスとの繋がりは、最早CD購入とライブ参加、そして二次創作(主にSS)に触れる位しかなくなっていた。
CDを購入してもソシャゲ特典は、いつも知り合いに譲っちゃってたし・・・
最悪なタイミングにソシャゲの課金問題がニュースに取り上げられた時に
真っ先にアイマスの画像が出てきた時には、もう恐怖と悲しみしかなかった。
デレマスを本格的にやれば、きっと自分は洒落にならない事になりかねない。
だから自分の土台では無理なんだと思い込んじゃってたし。だけど完全にデレマスと決別はできなかった。
だってデレマスだってアイドルマスター。それにデレマス自体は好きだったんだからさ。

しかし数年後、GREEでのミリマス開始・ムビマス公開・アイマス9thライブでの
「応援の仕方はそれぞれ」コメント・そしてデレマスアニメ化という出来事が
自分の中で大きな転機となり、現在デレマスに出戻ってきた。
正直出戻ったところで強くもなければミリマスほど充実してもいないし
プレイスタイルだって変える事は出来ないし、相変わらず金だってない。
でもアニメ化&NO MAKE・マジックアワーが決め手となって出戻る事を決めた。
こんな自分が偉そうにデレマスを語るなんて言っちゃいけないのかもしれないけど
アニメも好調な滑り出しで話題にもなってるから、これからもどんどん人気出て欲しいなと思うんだ。
あ、でも今後もライブには参加したいので抽選運プリーズ!(台無し)  
Posted by chronoss_shine at 02:55Comments(0)TrackBack(0) アイドルマスター | シリアスモード

タイキ・スプライト、スティクロと出会う

しばらく更新してなかった事をまさかのスプライト君に指摘を受けたので
逆にこれを良い機会と捉えて、書いてみようと思う。
という事でまたしてもゲーセンについての話だ(苦笑)
あれから随分と時間が経ったけど、実はやるゲームがまたしても増えたw
きっかけは我が友人Vorf氏が(過去にもM氏という名でブログに登場してたがHNが判明したので早速採用!)
紹介したいゲームがあると言って勧めてきたのは・・・KONAMIの「SteelChronicle(スティールクロニクル)」
詳しくはWikiPediaでも見とけと言いたいけど、少しは説明しないといけない気もするので
攻略サイトにもあった言葉を少し引用して、「チャットしながらできる某EDF風TPS」・・・これで察してお願いww

元々カムバックサービスでやる程度だったらしいVorf氏だったが(高ランクいってフェードアウトしたらしい)
どうせなら俺らと一緒に始めたかったみたいだけど・・・何と俺以上にスプライト君が食い付いたwww
元々FPSとかやるタイプなのは知ってたし、アケ版L4Dも結構やってたから気に入るだろうなと思ってたけどさ・・・
休日になると電車乗ってまでゲーセンに行く生活を始めちゃうのは、いきなり段階ぶっ飛び過ぎじゃあ(苦笑)
おかげで今ではスプライト君からアドバイスを受けてプレイしてたりする。

しかも彼は余程気に入ったのか、ゲーセン行ってスティクロで十数時間過ごした事があるらしい(驚)
まぁ確かに値段の割には、COJ同様結構時間潰せるゲームなのは分かるけど
よくそこまでぶっ通しでゲームできるんだとある意味感心してしまうわ(笑)
まぁ小中学時代だったら、3度の飯よりゲームって感じだったからいけたかもしれないけど
流石に現在では多少生活は意識するようになったしなぁ・・・
今のスプライト君を見てると、まるで自分の1つの可能性を見てるようでならない(苦笑)

さてスプライト君弄りはここまでにして、タイキのプレイスタイルについて書いてみよう。
まずは選択したキャラクターだが、中の人優先でセレスティーヌ・シャルロアを選択。
(簡単に言えば高飛車ファザコンお嬢様)
そしてこのゲームでは、ハウンド(キャラクター)カスタマイズも出来るので、こんな感じに・・・
スティクロ(自画像w)


背景が白いので分からないだろうが、実はキャラ画像背景に白しぶきがかかってたりする。
つまり何が言いたいかというと・・・完全に薄い本みたいなセッティングにしてしまいました( ̄ー ̄)ニヤリッ
勿論これを見せて、Vorf氏やスプライト君から総ツッコミがあったのは言うまでもない。

次に戦闘スタイルについてだけど、このゲームではスティールスーツを変える事で
様々なバトルスタイルを選ぶ事が出来る。
オーソドックスな突撃型、機敏に動けないが防御・火力は高い重火力型
その逆で装甲は柔らかく火力も低いが機敏に動き回れる高機動型
様々な支援ポッドでサポートする特技型、そしてドンパチより殴り合い上等な格闘型といった感じ。

で俺はと言うと・・・基本近接戦闘オンリーでございます!
突撃ならビームブレード、重火力ならドリルスピア、高機動ならスタンロッド
そして格闘はひたすら殴り蹴りますぜ!まさに近接バカですね('д` ;)
い、一応射撃武器も持ってるよ。ほとんど牽制用だけどさ。
一方スプライト君は真逆のトリガーハッピー野郎なので、ある意味共闘の相性は良いのか!?
流石に近接のみでは今後勝てないので、射撃の熟練度も上げてるけど、武器は大分絞り込んじゃってます。

なんだかんだで俺も結構楽しめてるから(進行は大分遅れてるけど)
COJも一通りイベントもこなして落ち着いたし、こっちも頑張っていきたいね。  
Posted by chronoss_shine at 02:01Comments(0)TrackBack(0) ゲームレポ