May 30, 2016

タイキ、八重さんの心のレスキューしてみる(ときメモ2攻略2年目)

前回書いたやつを改めて見直してみると、深夜のテンションで書いてた事もあって
我ながら実に気持ち悪い、だがある意味自分らしいw
普段からタイキの行動はオープン気味ではあるけれど
今回の話は悪い意味で本領発揮するのも止む無しですから(′∀`)
というわけで今回は高2の八重さんとの日々を振り返ってみたいと思う。

高校生活も2年目に入ると、少しずつではあるが主人公を信じ始めた八重さん。
残念ながら一緒のクラスはまたしてもお預け(システム上好感度の低い女の子がチョイスされる)
今回クラスメイトになったのは佐倉さん。タイキの八重さん攻略プレイでは
もはやお馴染みの子だったりするのだがタイキ自身は佐倉さんは嫌いじゃない。
(むしろ別キャラだが苦手なヒロインいるけどね。)
しかしすぐに北海道に転校してしまうので、佐倉さんに片想い中だった
主人公の友人、純君(穂刈純一郎)はハートブレイク。

少し脱線するけど、その後純君の恋がどうなったかが描かれないのが気の毒。
わざわざ匠は報告しに来たりするのにさ。電話する意味もないし、まともに絡むのって
ヒロインがかぶった時の決闘だけとか。しかしシステム上そうなる可能性はほぼないだけに
本当に彼が気の毒でならない。そう思うと修学旅行での再会をセッティングしてあげたい気持ちに
毎回なるけど、沖縄に行かないと嫁のイベントフラグが立たなくなるので、
残念だが彼には毎回涙を飲んでもらってる(苦笑)
少しは彼をフォローする救済があってもいいと思うのは自分だけ?
せめてクラスメイトが佐倉さん以外だったら良かったんだけど…
嫁だった場合は容赦しないけど、ていうかそんな展開にさせないがね!  続きを読む

Posted by chronoss_shine at 12:21Comments(0)TrackBack(0) ゲームレポ | ネタ・暴走系

May 29, 2016

タイキ、八重さんと出会ってきた(ときメモ2攻略1年目)

先日、タイキはこのブログで宣言しました。
去年「ときメモ2の八重さん攻略」出来なかったリベンジとして
今年はちゃんとプレイしてみようと・・・(そういう割にはしょっちゅうやってますがwww)
という訳で、早速全力で嫁に落とされてきましたを攻略してきました!

幼年期プレイで、例の気まぐれ本気モード用にパラメータ調整をしつつ
一応全員分のイベントを起こして、いざプレイ開始。
普段は開始早々、即バレー部に入部させてパラメータ上げに臨んでいたのだが
今回は確実にイベントを引き起こすために、好感度上げを優先する為
通常の運動コマンドにて対応。(部活コマンドよりパラメータは上がりやすい。)
しかしこの選択が後に新たな問題を引き起こす事になる。

嫁との出会いは、GW明けのひびきの高校の屋上・・・
1人ぼっちで屋上にいた、八重さんと主人公は出会う。
最初は互いに自己紹介だけを済ませて終了。
現実ならここで近寄せない空気を感じてそれで終わりかねないけど
鈍感+天然フラグメイカーの主人公の猛攻はここから始まるw
例え初デートをすっぽかされても、主人公は動じない。
何人かのヒロインと出会いを果たすも、ひたすら八重さん一直線で突き進む主人公。
(お約束の光ボマーフラグ建立であるw)


そして、プレイヤーであるタイキの戦いも始まる。
そう、去年クリアを断念したキッカケとなったあの「気まぐれ本気モード」である。
前にも書いた事があるが、このイベントの発生率はかなり低い上に
好感度調整も多少工夫をしなければならない。
条件はクリアしている、後はタイキの根気と執念が頼り。
という事で嫁への愛を原動力に学校生活をループし続け、約1時間後・・・

気まぐれ本気モード


プール画面来たー!スク水八重さん来たー!!そして念願の気まぐれ本気モード来たー!!!
ようやく主人公の未来への扉が開かれ、タイキは早くも勝利を確信した。
ここさえ乗り切ればもう何も怖くない。(興奮のあまり脳内ではUNICORN流れっ放しw)

しかし、ここで問題が発生。気まぐれ本気モード発動後にバレー部に入部したものの
この時点で運動値300オーバーにもかかわらず、部活動経験値が少ないせいで
一向に試合に勝てねぇwwwこのままだとクラブマスター(インターハイ優勝)にはなれない危険もでてきた。
ときメモ2は主人公の行動にヒロインが影響を受けて行動するシステムが搭載されているので
嫁への愛があるのなら、無責任な行動はできない。

等と若干重い事を考えつつも、八重さんとの交流は順調に進んでいた。
しかし冬に差し掛かったころ、あるイベントがキッカケで八重さんは主人公を突き放してしまう。
だがそこは主人公、この程度で離れる訳もなく八重さんが他人を信じる事を恐れてる事実に気付くが
最初から信じる事を諦めてしまうのか?と問い掛ける事で、八重さんは主人公を信じ始める事となる。
こんな感じで大体1年目が終了した。  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 01:11Comments(0)TrackBack(0) ゲームレポ | ネタ・暴走系

May 22, 2016

タイキ、忠告を無視して1人で「アイアムアヒーロー」を観てきた

※タイキは原作版アイアムアヒーローを読んだ事がない状態です。
 今回はあくまで映画版のみの話の上に、後半ではネタバレに触れるのでご了承ください。




数日前の話になるんだけど、久々に深夜のドライブがてら
レイトショーでの映画鑑賞に行った際に、前々から見ようと思ってたアイアムアヒーローを観てきた。
キッカケは別の映画を観にいった時の予告編(当時はまだ特報レベル)で大泉さん出てるし
何か面白そうだと思ったから。ただこの時に原作の有無を確認はしなかったんだよね。
だってそれやるとさ・・・原作アリの実写化=駄作の可能性アリという脳内式につながって
観る気なくしかねなかったし。(それだけ漫画・アニメの実写化が受け入れられるのは難しい。)
特報を見た限りではZQNというキーワードと主人公が銃を所持している事から
パニック映画だというところまでは推察できた程度だった。

最初は真田丸でも騙されたり振り回されてるお兄ちゃん(真田信之)とウザいきりちゃんの活躍は
どんなんかな〜くらいにしか思ってなかったんだけど・・・(タイキ家ではこのような認識w)
実際に観てみると、想像以上に怖くてグロいのに何故か笑えて、そしてカッコ良く面白い!
ただ怖いシーンも一応焦らして、来るぞ!と思ったタイミングで来るから備える余裕は一応あるので
不意打ちでのビビらせとかはあまりないのでご安心を(!?)
ただそれ以上に徐々に日常が壊れていく光景や、人間がZQNに変貌していく瞬間とか
このジャンルの映画ではお約束の生き残った人間が陥る狂気の方がよっぽど恐ろしいけどね。


海外での評判も良かったみたいなので、大泉さんの雄姿が見たい方は
是非観てほしい映画だね。少なくとも漫画原作の実写化作品としては大成功だったのではと
個人的には思ってる。そういえば同じ実写化でもテラフォーマーズは散々だったとか聞いたけど
実際のところどうなんだろう?

※ここからはネタバレありの本編トークに入っていきます。  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 10:00Comments(0)TrackBack(0) 芸能関連 

May 21, 2016

タイキPのデレステにてよくある風景

久々に時間が出来てデレステやりつつインターバルでニコニコ動画を見ていたら
見つけてしまったストラビンスPの新作「765プロに見るデレステユーザーによくある風景」
元々この方の動画は”765プロのみなさんのおかげです”シリーズとかでよくチェックしてたので
新作という事で期待しつつチェックした結果、何べん見返しても笑いを堪える事が出来ないw



ちなみにあるあるネタではないがタイキPのデレステ風景だとこんな感じ・・・

・ガチャ更新のお知らせが来たら、石の残高・財布の中身・ヨドバシポイント残高をチェックする。
・Pro、MASTERばかりやって、REGULAR以下のプレイを忘れてる。
・モバイルルータを外出時に持ち忘れたら絶望する。
・帰宅したら、まず最初にWi-Fi接続状況の確認を最初にする。
・確認忘れて自宅でモバイルルータに接続したままデレステしてた時は絶(以下略)
(これはグラブルにも言えるw)



最後に一言・・・ちーちゃん可愛い!  
Posted by chronoss_shine at 03:39Comments(0)TrackBack(0) アイドルマスター | デレステ

May 20, 2016

【祝!花桜梨さん誕生日記念】タイキ、前回の誕生日から反省する

2016年5月20日・・・
今年も俺の嫁の誕生日がやってきた!(異論は認めないw)
という訳で今回もまずは、花桜梨さん誕生日おめでとうございます。

photo

初詣



そういえば前回の誕生日もこのブログでお祝いした事もあったのを思い出して
書いてた内容を振り替えてみたんだけど・・・あれから”気まぐれ本気モード”全然発動しなくて
ずっと1999年の入学〜夏までをひたすらループし続けてる最中だったわ(苦笑)
やっぱり幼年期でのパラメータ調整が足りなかったのかな?いやそんなはずはないんだけど
元々イベント発動率が低いのは知ってるから、根気よくやれば出てくるはずなんだが。

今回も我が嫁に関して熱く語ろうかなとか最初は思ってたんだけど
よくよく考えたら延々と語ってもいいなら、超弩級長文で花桜梨さんへの愛を語るところだが
ドン引き待ったなしな上に、さわり程度とはいえ前回も似たような事を書いてるから
たまには短めに終わらせるためにも詳細を知りたい方は
リンクを辿って読んでもらいたい(苦笑)

そういや誕生日よりも昔に小説版ときメモ2(勿論主役は八重さん、ただし相手は本編主人公とは別人)の
感想文なんて書いてるネタがあったのを思い出したから、そこのリンクも貼ってみる。

とりあえず今やってるクロノトリガーとガンダムブレイカー3がある程度落ち着いたら
こっちにも本腰入れてみようかなと思ってる。そうでもしないとブログネタが・・・
(スプライト君からはガンブレ進めろよwとツッコミを入れられましたがww)
それまではこの文庫版を久々に読んでみようと思う。他の文庫本と違って
ブックカバーとかもキッチリさせてるから探せばすぐに見つかるはずだし(´∀`*)  
Posted by chronoss_shine at 23:39Comments(0)TrackBack(0) ネタ・暴走系 

May 15, 2016

タイキ少年と超名作RPGの思い出

まず最初に書いておくが、タイキにとってRPGというジャンルは苦手だったりする。
(ちなみにスポーツは現在でも苦手)
最近はそれなりに楽しんでプレイしてるけども、少なくとも幼年期〜少年期は
苦手というか嫌いだったと言ってもいい。
何せRPGデビューは、高難度で有名だったあのドラゴンクエスト2だった事もあり
ふっかつのじゅもんを正しく入力したつもりでも再開できなくてイラついて断念したりと
今思えばあのDQ2だけでRPGを嫌いになってた訳なんだが。
※ちなみに数年後、セーブ可能となったGB版ドラクエ機Ν兇砲童事にクリアしある意味リベンジ成功済。

そんなタイキ少年が興味を持ったRPGがあった。それは・・・SFCのクロノ・トリガー


1995年に発売した今でも名作として語り継がれるゲームであり
PS版・DS版としてリメイク(というよりほぼ移植)もされてたりニコニコ流星群でも曲が採用されたりと
未だゲーマーの心を掴んでならないRPGゲームなのだが
そもそも発売当時、タイキ少年が通っていた学校ではクロノブームが到来しており
友人同士の会話でもクロノ・トリガーの攻略に関する話題で盛り上がっていた。
タイキ少年にとっては”タイムスリップが絡むゲーム”という事で珍しく強い興味を持っていた。
しかしクロノ・トリガーが、あの苦手なRPGゲームである事・当時のSFCソフトが
お小遣いではとても買えない事もあり、自分でプレイする事が出来なかったので
友人の家でのプレイ鑑賞にて楽しんでいた。今思えばRPGゲーで見て楽しんでたのは
このクロノ・トリガーが唯一だったかもしれない。

結局ゲームの最初からエンディングまでを友人と一緒に見届ける形で
ブームの終わりを迎えた・・・はずだった。むしろそれで終わっても十分満足できるレベルだったんだけど
”つよくてニューゲーム”の存在が、タイキ少年にやる気を持たせた。
いつか今度は自分でクリアしてみせようと心に決めたタイキ少年だったが
実際に自分でプレイするようになるまでは、しばらく後の話になる。

数年後、値段が落ち着いた中古のクロノ・トリガーを入手した頃には
何本かのRPGゲーのクリアに成功し、苦手意識を克服していたので
思い出の追体験のつもりで、敢えて前所有者のデータに頼らず
普通にニューゲームでプレイしてクリアしたんだけど
シナリオといいBGMといい、今でも通用する程のクオリティに
タイキの心はプレイ中はずっと震えっ放しだった気がする。
こんな時どう表現すればいいのか分からない自分自身が何だか悔しくてならないが
とにかく素晴らしいの一言に限る。ゲームに興味のない妹たちでさえ
BGMの一部は未だに口ずさむと反応するし、プレイ当時はリコーダーとか
吹奏楽で使ってた楽器で演奏したりもしてたし。

ちなみに妹たちによるとゲーム開始〜魔王城決戦までは結構印象に残ってるらしく
見てても面白かったらしいが、古代に入って内容がやや難しくなってきた辺りから
興味なくなってきたという寂しいコメントを頂いている(苦笑)  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 00:00Comments(0)TrackBack(0) ゲームレポ | トントンの独り言

May 14, 2016

【祝!サプチケ導入】タイキP、デレステのプレイ状況を振り返ってみる

2015年9月のリリースから既に半年以上が経過したが
遂にスペシャルガシャセットという名のサプチケ(要は好きなアイドルとの交換チケ)が
導入された記念に、今回は久々にデレステに関する内容で書いてみようと思う。

思えばデレステに関する内容で書くのはしばらくぶりなのだが
その間に変わった事と言えば、まずiphoneでのプレイに限界が見え始めた
(反応の悪さ及びバッテリーが弱ってきた)影響で一旦デレステからフェードアウトしていた。
ついでにこの機会をきっかけにサブ垢でのプレイはほとんどやってない。
→ある事情で引継ぎが出来ない事が判明し、ipodtouchでは流石にツライ事もあり
 完全にLike要員になってしまった。(流石に垢消すのは勿体ないので一応残してる)

次にiphoneでのプレイからiPadでのプレイに変更した。
その影響もあって親指勢から人差し指勢への矯正に成功した。
最初の内は親指プレイで簡単に出来てた曲も慣れるまでは散々な結果になりがちだったけど
徐々に親指では届かなかったハイスコアを出せるまでになってきた。
と言ってもハイスコアプレイヤーには到底届かないけどね。
もっとも基本的にハイスコアより1人でも多く親愛度MAXのアイドルを作り上げる事を
優先してるので(ジュエルも稼げるし)ハイスコアには興味なかったんだけど
流石にミッションも絡んでるから、いつかは挑戦しないといけないんだけど・・・
ってそういえばミッションとか称号追加されたりと少し離れてる間に結構変わってたんだよね(今更感w)

次に戦力面についてだけど、プレイは止めても課金は続けてたからそれなりには充実している。
現時点でお迎えできてるアイドルはとりあえずSSRのみでも(今回のサプチケ分は除外)

キュート:杏、智絵里
クール:アナスタシア、美波
パッション:拓海、仁奈、茜、愛梨(2枚)、きらり、未央(3枚)


何というパッションのヒット率・・・以前にも書いたけど未央に至っては3枚も引いてしまってるんだよな(苦笑)
一方のキュートとクールはめっぽう少ないんだけど、クールはまさかのラブライカ成立で
思わずタイキPほっこり(´∀`*)
前回書いた時には美波欲しいと嘆き、課金頑張ってたんだけど
結局その時には引けなくて別の機会で忘れた頃に引き当てたんだよな(苦笑)

それにクールではSレアのメンバーの戦力がパッションに負けず充実してるので
特に問題はないと思ってる。という訳で現在明らかにキュートの戦力の低さに戦慄w
下手すると曲によってはスコアランクSに到達できないケースもあるヤバさww
戦力の低さはレベルで補えればいいんだけど、その為のトレーナー姉妹も
ほぼクール・パッションにぶち込んじゃってるので、全然レベルが上げられないwww
上げようにもほぼ親愛度MAX済ばかりだから、積極的に使う気にもなれない。
流石に杏や智絵里はMAXにしてるけどさ。

そんな状況だが、SSR勢の中で特に引けて嬉しかったのは・・・
IMG_0023


期間限定かつ運良くシンデレラフェスで確率倍の時に引けたたくみんだね!
あの時は10連ガチャ1発で引き当てたからよく覚えてる。
しかも当時諸事情でその1発に賭けるしかなかったから尚更だ。
ガチャ引いた時は丁度1人ドライブ中だった事もあり
休憩がてら駐車してた時に引いたんだけど、SSRのエフェクトが出た時には驚きと同時に
神に祈りを強く捧げたし、向井拓海の文字が出た時には腹の底から喜びの雄叫びをあげたのも
恥ずかしながら鮮明に覚えてる(笑)
でもあれから今日までSSRとは無縁の日々を送る事になっているけど、ちかたないかもね(苦笑)  続きを読む
Posted by chronoss_shine at 06:30Comments(0)TrackBack(0) アイドルマスター | デレステ