November 25, 2005

再びツキがまわって来たタイキP

11月25日、いつものように給料を下ろし終えた私は
ブーストが来ていた事もあってゲーセンへ・・・
久しく行ってなかった事もあっていつの間にかアイマスゾーンが
オンライン・オフラインの2つのコーナーに分けられていた。
いやーこれはかなり助かりますなぁ!
だがブーストや待ち受けに反映させる為にいつものようにオンラインでプレイ。
すると突然うちのあずさが「国民的アイドル」に一時的に昇格しちゃいましたー♪
まぁ簡単に言えばLV10から14に一気に上がってしまったのだ。
理由としては恐らく・・・敏腕記者+流行ジャンル変更+ブースト効果
によるものだろう。
早速果たせなかったマスター系に挑む事に。その結果・・・

今回のあずさ2世
1週目・・・ボーカルマスター(5万1枠)→圧勝、敏腕が抜けてLV10に戻る。
2週目・・・ビジュアルマスター(5万1枠)→ジェノサイド戦法発動で辛勝
3週目・・・パフェ喰い

総計83万5000人(残りマスターオデ1つ、ファン人数16万5000)


もしかするとやり方次第では、Aランクも狙えるかもと希望が出てきましたよ!
ところで、今回のバトルで1つ気になってることがあるのデス。
それはCPUの暴走、突然彼らは私にとって意味不明な行動をし始めたのデス。
まぁそのおかげで勝てたという事もあるのだが。
異変は2週目のビジュアルマスター戦の時だったのだが、
彼らは注目3位のダンス審査員に一斉攻撃を仕掛け始め、その結果お帰りになられた。
全く持って意味分からん!

(ちなみにその後ついでに注目1位のビジュアルも私の手で帰しておきますた。)
更に結果発表の際、メンバー内最大LV14のCPUが最下位で終わっていた。
詳しいデータを見なかったから分からないが、
どうやったらあのLVで最下位なんて狙えるのだろうか?
ここまで来ると考えるのも某globeもどきのラップ担当並にアホらしくなってくる。
彼らは本当何をしたかったんだろうか??


Posted by chronoss_shine at 18:32│Comments(0)TrackBack(0) ネタ・暴走系 | アイドルマスター

この記事へのトラックバックURL