December 20, 2005

Mission 5 宴の終わりに・・・

12月17日 17時頃・・・
大阪 恵美須町「ディスクピア日本橋店」で行われた奈央ちゃんのイベントも全て終了し、
私はこの後の行動を特に考える事無く、空港へと向かう為に梅田方向を目指していた。
ところが、私は肝心な事を忘れていた!
それは、BS−iで18時半から放送される奈央ちゃん主演のドラマ
クリスマスのゆくえ」を見る事だったのだが、それに気づいた時には
梅田に到着していたものの、BSデジタルが見れるネットカフェを見つける事が出来ず
結局はドラマを見る事は叶わなかった。
その悔しさと悲しみから、残りの時間を観光する気分ではなくなってしまった私は
19時には空港へと戻ってきてしまった。
資金もほとんど底をつき、大阪土産を買う事も出来ず
(もっとも極秘旅行な訳だから、土産購入なんてそんなリスクを背負う事はしないが)
ただ完全燃焼して疲れ果てた身体を椅子に座って休ませる事しか出来なかった。
携帯でTVを見るという手段もあったが、どうせ映りが悪いのは予想できたし、
何だか身体が非常に重く感じていたので何もする気にはなれなかった・・・
思えばたった1日の出来事なのにかなりの期間大阪に滞在したような錯覚に襲われる。
実際は、伊丹空港・梅田駅構内・なんば・恵美須町しか回ってはいない訳で
滞在時間はたった半日しかない。
それでも、その半日の間に私が遭遇したハプニングはあまりにも多かった。
強烈な吐き気による体調不良・「たまごっち」への整列・551蓬莱のボリューム・
画廊への拉致(!?)・なんばから恵美須町までの怪我持ちの足での全力ダッシュ・
イベント会場での孤立・奈央ちゃんとの接触、一瞬見せた落胆・涙のドラマスルー・
特典ポスターの損傷・チャリカギの紛失等色々あった

(一部取り返しがつかないものアリ)
しかも上記のは、あくまで大阪内での出来事のみに過ぎない。
オペレーション全体でのハプニングは、とてつもない事になっているだろう。

でも・・・来てよかった。

例え皆が「お前はそんな事の為に何やってるんだ」とマジ批判・否定をしようが、
私は決して後悔はしない!
私は貴重なボーナスでこんな貴重な経験をする事が出来たのだ。
そして奈央ちゃんの笑顔・声・ダンス・手の感触全てをこの身体で直接感じる事が出来た。
私はそれだけでも十分に幸せな時間を過ごせたと思える。
ただ今後の生活がまた苦しくなってしまったが、
まぁいつもの事なので今回も何とかなるでしょ!(ヲイコラ・・・)
そして一部の私物を大阪に残したまま飛行機に乗り込み、
空港を離陸した時ようやく私は僅かばかりの眠りにつく事が出来た。

ところがこのまま終わるほどタイキの旅行は快適なものではない!
突然、光子力バリアの割れる音(マジンガーZ参照)で目が覚めた私・・・

決して飛行機が墜落したわけでも損傷したわけでもない。
飛行機は羽田へ着陸する直前だったし、フライトは順調だった。
ただ・・・異変が起きていたのは私の身体の方だった。
まずは、左耳の激痛・・・極度な空気圧によって全く音が聞こえなくなっていた。
そして光子力バリアの音も耳の中から響いていたものだったようだ・・・
欠伸をしたら少しずつ元に戻っていったので安心したが、
一時はかなりヤバいと思っていた。
次に、喉の痛みの勃発・・・どうやら大阪で風邪を土産に貰ってきてしまったらしい
こうやってブログを書いている間も身体がだるくて眠い(注 書き込み当時夜勤中)
更には、下半身の筋肉痛まで起きていた。
あれ?そんな使うような事はしてないはずなのだが・・・
最後に、MP3プレイヤーの電池が切れた。まぁ半日以上使っていたわけだから
当然といえば当然なのだが・・・
これじゃ「恋人がサンタクロース」が聴けないじゃないかー!!!(号泣)
よってかなりのテンションダウン(いい加減貴様は落ち着けタイキ)
しかも自転車が使えない為、30分近く真夜中の寒空の下を歩いて帰宅。
燃え尽きた身体に降り注ぐ寒さは、いつもより痛々しく感じた。

Posted by chronoss_shine at 13:43│Comments(0)TrackBack(0) 長澤 奈央 | シリアスモード

この記事へのトラックバックURL