January 09, 2006

新年最初のイベント出撃!(トーク編)

1月7日・・・この日は新年最初の奈央ちゃんのイベントデー!
ところがこの日は私、夜勤デー。一時は参加を諦めていたのだが
どうしても奈央ちゃんの誕生日を祝いたくて、また無茶して出撃してしまいました!

今回は秋葉原の石丸SOFT1にて、イメージDVD「Nao−ist」の
発売記念イベントを行ったわけだったのだが、今回の参加者は非常に多かった。
もしかすると150人以上はいたんじゃないだろうか?

とにかくあまりにも多かった為に行列は長くなるし、
会場では椅子はなく地べたに座る事になるときて、
明らかに大阪遠征時とは様子が違っていたのが印象に残っている。
まぁ幸い列の整理番号(若いほどステージに近くなる)も70番と
そこそこ見やすいポジションを確保できたので見るのには困らなかったが。

そしてイベントが始まり、奈央ちゃんと1週間ぶりのご対面!
今回は何だかあっという間だった気がしたが、実際は1週間経っているんだよな・・・
時間の流れなんて早いものデス。

ところで今回、司会の進行がどうもよろしくない。
奈央ちゃんも言っていたのだが、テンションが上がっていない印象が見受けられる。
司会もそれなりにやろうとはしてるようだったが(これでも大目に見ている)
声に力を入れただけでテンションを上げたとは言えないですよね!?

普段(プライベート)から、テンションをコントロールしている(!?)
立場の私から言わせると「テンションアップ=己の解放
という公式が当てはまると考えており、まずはイベントを盛り上げる立場としては
自分が盛り上がれないと他人を盛り上げるなんて到底出来ない訳だから、
ちゃんとやってもらわないと我々も困ります。
勢いだけが空回りする危険性が出てしまい、皆ノリづらくなるからね。


今回のイベントはトーク・握手会・2ショット撮影てな感じで進行していくのだが、
最初のトークではDVDに収録されているウエスタンショーのウラバナを聞く事が出来た。

1つは「鞭打ち」に関するエピソードで、鞭を振った際に足にヒットしてしまい
その痕が1週間ほど残ってしまって、シャチョーさんに怒られてしまったそうだ。

まぁ可哀相に・・・一生懸命身体張って頑張ったのにねぇ。

ただこの時司会の振りが一瞬空気の流れを止めてしまったのは残念だった。
まさか鞭を打った事ある人と、打たれた事がある人を聞いて来るとは思わなかった。
よーく考えてみてくださいよ。芸人さんでも鞭で打たれてる姿なんてあまり見かけません。
明らかに私はソッチ系ですと言ってる事と等しいわけだから、
冗談でもカミングアウト出来る訳ないでしょうが!

まぁ奈央ちゃんがうまくフォローして笑いに持っていったので
この時は事なきを得たのだが、後にこのトークがある所の火種となる(恐らくそうだろう)

次に塔(高さは確か4メートル)からの落下に挑戦したようだが
我らがアクション女優奈央ちゃんには、大した事なかったようで
普通に跳んでしまった様だ、しかも背落ちがやりたかったと言い出しちゃう時点で
余裕さえ見える。さすがだ!

ただ奈央ちゃんは、本来か弱くない女の子としてはあまり見られたくないみたいだけど
ファンから見たら、奈央ちゃんらしくなく見えてしまうとかで普通にやったそうだ。

ところで、その時見せてくれた「か弱い奈央ちゃん」を
表向きは微笑ましくじっと見ていたのだが、
実際は、撃沈されそうになってたのはここでだからこそ話せる事だ。
しかも2回もやってくれたのはマジ嬉しかったなー♪
(出来る事ならICレコーダーで録音したかった位!)


うーん最早この時点で私、ただのバカに成り下がってますな(笑)

Posted by chronoss_shine at 13:37│Comments(0)TrackBack(0) 長澤 奈央 

この記事へのトラックバックURL