January 17, 2006

今年の大河ドラマはどうだろうか・・・?

先週の日曜から、NHKの大河ドラマ「功名が辻」が放送を開始しているが
今回は、戦国時代を生きた山内一豊(やまうちかずとよ)とその妻千代(ちよ)
の夫婦を描いたドラマとなっている。

今回のドラマは、久々になるべく見ていこうと思っている。
(同じ大河でこう思ったのは「利家とまつ」以来だ。他にも私は竹中直人の「秀吉」や
渡辺謙の「独眼竜政宗」が好きである。)
最も大河ドラマは、今やっているドラマ勢とは違って、視聴者には嬉しい特徴があり
その週のうちに再放送を見る事が出来るし、地上デジタル・衛星放送に加入している
伯父を頼れば時間帯の関係でより多く見るチャンスが増えるから、
結構条件としては悪くない。

何故、普段親父と「ジャンクSPORTS」を見ている私が
今回のドラマのチェックを決意したかというと理由は2つ・・・
1つは、私は歴史でも戦国時代の話に興味があるという事。
(ちなみに父も好きで、特に武田信玄や織田信長がお気に入り)
そしてもう1つは、主演の千代を演じているのが、仲間由紀恵だからだ!

前にも書いた気がするが、私は仲間由紀恵のファンでもある。
しかもファミリーはそんな私を応援してくれてて、
よくグッズ等を集めてきてくれた事に今でも感謝している。
私にとって仲間さんは「理想(憧れ)の女性」であり、
奈央ちゃんは「身近にいてほしいお姉さん的な女の子」だと思っている。
もし仮にこの書き方が、失礼だと誤解してしまった方がいたとしたら大変申し訳ないデス。
日本語は難しいですからね。あまり言葉をよく知らないんですよ・・・
(思い入れの強さは、現在は長澤奈央>仲間由紀恵・長谷部優って感じかな。)

ところが先日起きた年賀状事件の影響で、どうやらファミリーは
私が仲間さんから奈央ちゃんに乗り換えたのだと誤解してしまったようで、
ドラマを見ている時に「いいのいいの。○○○(会員番号)は見なくて」
と散々からかわれた。
一瞬、この静かな住宅街に私の怒声を轟かして暴れてやろうかとも考えたが
あまりにも後が怖かったので、その場は何とか堪える事に。

だがファミリーが私に対する反応は、全て想定の範囲内!
(予想通りと言えばいいが、1度言ってみたかった。)
だから奈央ちゃんには悪いけど、ファミリー及び関係者にだけは
存在や私の活動を知られる訳にはいかなかったんだよー!(涙)


かなり脱線してしまったが本編に戻り第2話までの話となるが、
今回は一豊サイドをメインで書かせてもらう。時は、桶狭間の戦いの少し前・・・
織田家に戦で父を殺され、敵討ちに燃える山内一豊は
ある日同じように戦と残党狩りで両親を亡くし、命からがら逃げ延びてきた
1人の少女と出会う。その少女こそが後に妻となる千代なのだが、
一豊は「美濃(現在の岐阜)へ行く」と言う傷だらけの彼女の手当てを施し
一豊の母(名前忘れた)が住む屋敷へ身を寄せるよう手立てを行うと、
復讐のために信長のいる桶狭間へと向かう。
ところがいざ信長の前に立つと、一豊は信長が神の化身に見えたらしく
男として惚れてしまい(怪しい意味ではないぞ!)
木下藤吉郎の配下として織田家に仕える事になる。

一方、一豊によって一時的に安住の地を与えられた千代は
一豊の母を実の母のように慕い、平穏な日々を送っていた。
だが、一豊と再会した途端美濃へ向かうと宣言し屋敷を離れる事に・・・

ところが千代が旅立ったその日に織田家は美濃攻めを行う事になり、
千代が戦に巻き込まれる事を防ぐべく一豊は国境の川まで追いかけるが、
結局千代は美濃へと入ってしまう。
織田家に仕えてしまった一豊には、その川を渡る事は出来なかった。

美濃へと渡り、一豊から聞いた織田家が攻めてくる事を伝えた千代のおかげで
美濃は攻め落とされる事なく、織田家を撤退させる事に成功する。
それから数年後・・・
美しい娘に成長した(表現が昔話みたいw)千代は、
かつて一豊と別れた国境の川で、彼の姿を目撃する・・・
そこまでが第2話のお話。

2話分という事もあって説明が長くなってしまったが、
こんな感じで合ってますよね確か!?
いやー実は、内容よりも「千代、早く成長して!」の思いばかりが募り、
まともに見てなかった気がしていたので(爆)

久々に真面目な話を書こうと思ったら結局はいつもと同じような内容だし、
私は真面目に書く事は似合わないのか・・・?

A.恐らく動機に駄目な部分がある限り、シリアスを貫き通せるわけがない。
ところで昨年から話題となっていた「功名が辻」だが
どうやら視聴率の方はあまりよろしくないようデス・・・
まぁ理由としては仲間さんが中々出てこないとか、
山内一豊がどんな武将だったかを知る人が少ない等色々あるようだが
私的には、有名武将やその関係者を演じてる俳優の年齢層が
高い事にあるかもしれないと思っている。


Posted by chronoss_shine at 12:44│Comments(0)TrackBack(0) シリアスモード 

この記事へのトラックバックURL