February 20, 2006

やっぱりゲームは楽しい、だが熱は下がりつつある。

最近ゲームをやっていてもどうも長続きしない。
だからと言って、ゲームを卒業する時期が来た訳でもない。
でも最近PS2を使うにしても、ゲームをするよりもDVDを見る
機会の方が多くなっている。
見てるものはごく普通の映画だったり、アーティストのPVだったり
奈央ちゃんのイメージだったりと色々だが、
とにかくDVD鑑賞をする機会が増えた気がする・・・

その一方ゲームをやろうと思うと、最近は何故かセガサターンや
ファミコンがやりたくなるんデス。
サターンはソフトそのものが安く数も多い(18禁とかもあり、それは今でも高い)
だから未だに楽しめるのだ。更にソフトだけでなく今ならハードだって安く手に入るので
様々なゲームをお手軽にやりたい時は、まさにサターンがオススメ!

一方ファミコンもソフトの数では結構多い分類に入る。
だが私的に気に入ってるのはあのファミコン特有のサウンドにあると考えている。
今のゲームは音楽もオーケストラを使ったり豪華になっているし
またそれが私たちユーザーの心を大きく動かす力になっているのだが
その原点があのファミコンだと思うと、あの曲調でも妙に感動できるし印象に残る。
だから今でもマリオやドラクエ等のサウンドをイメージすると
FC版を浮かべる人もそう少なくはないだろうと思える。

今ではAV端子口の付いてるテレビなら、ファミコンをやる事が可能となっているのだから
余裕が出来たらまたソフトを揃えて色んなゲームを試したいなと何度も考えたものだ。
何事も同じだが、ゲームも常に進化し続ける。
それは画質だったり音楽だったりシステムだったり色々あるだろう・・・
だけど、徐々に過去の遺産となりつつあるゲームでさえも十分に楽しむ事が出来るのだから
益々ゲーム離れはしばらく出来そうにはない。

ただ私はPCゲームやネットゲーム(ゲーセンのオンラインは例外)は
正直あまり好きではない。何故ならPCなら容量を、
オンラインなら回線の負担があまりにもデカイからだ。
その負担量に耐えられなくなれば、ゲームが放つ様々な魅力を
いくつも殺す結果になってしまう。私はそれが気に入らない。
確かに大勢の人間と楽しむ事が出来るから、それなりに楽しむ事が出来るだろう。
ただその利点と欠点を比べてしまうと、やはり率先してやれそうにはない。

そろそろ昨年出来なかった発掘作業の続きをやり終えて、
久々に楽しんでおきたいな。じゃないとこれからどんどん忙しくなりそうなので(涙)

Posted by chronoss_shine at 23:22│Comments(1)TrackBack(0) シリアスモード 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
5
自分も昔より熱中度は下がりました。ある程度やると、「ゲームをする事」に飽きる感じですねぇ。
みんなそうなんでしょうか?
Posted by ギ・ムー at February 22, 2006 00:48