May 20, 2006

忍風戦隊ハリケンジャーVol.9−前編−

最初は七海チェックの為に始めたハリケンジャー視聴だったが
今では純粋にハリケンチェックを、そして特撮を楽しみつつあるタイキデス!
一応ハリケンチェック最大目標である第30話チェックが前回終わったわけだが
ここまで見た以上、最後まで見なくちゃ流石に中途半端なのでVol.9借りてまいりました。
今回の話は、「マンモスと6人」「キノコと100点」「キラリと三味線」「リングと復讐」
の計4話となるのだが、今回は解説・感想ツッコミが思ったより長くなったので
前後編形式で語りたいと思います。それでは早速行ってみよう!

1.マンモスと6人
これはVol.8の宇宙狼戦の完結編となるお話・・・
前回鷹介が命を一旦落としつつも奇跡の復活を果たし、宇宙狼が合体巨大化した
ファンゲロスとの戦闘に臨む所から、物語は始まるのだが
轟雷旋風神に合体しても、ファンゲロスにダメージを与えられない。
しかし、肝心な場面でサタラクラちゃんがお約束の犬笛破壊をやらかし何とか生還。
ところが、ファングルフに襲われた人々が凶暴化したまま街中に現れる。
この光景を見てバイオハザードを思い浮かべる方は何人いるだろうか?
一方邪悪なる意思からのメッセージだった流星群を解読した
シュリケンジャーは、ハリケン・ゴウライチームのシノビメダルを預かり
流星群のメッセージにある「最大の敵」を甦らせる事に・・・
その名もリボルバーマンモス・・・ってこれだけ英語かい!
しかもコイツをコントロールするにはニンジャミセンと呼ばれる
アイテムを使いこなせなくてはならないが、何故かシュリケンジャーが使うと
エレキギターのような音を出すニンジャミセン
・・・何じゃこりゃあ!!
一方シノビメダルを預けた事で、変身できない鷹介たちも
少しでも被害を食い止めるべく、ファンゲロスにシノビマシン形態で
戦いを挑み続けていると、そこに現れるリボルバーマンモス・・・
ってちょっと待てぇーい!!!象さん走行用に街が姿を変えていくのだが、
いくらなんでも無茶苦茶だろアレは!!!!

まぁ結局は象さんを用いた奥義サンダーハリケーンストライクで
何とか撃破するが、戦いはまだ終わらない。

ここで何故かカブトライジャーとマンマルバの一騎打ちのシーンが始まる。
だがここで今まで負け続けていた兄者が遂に勝利を掴む。
しかしマンマルバはこの敗北を既に予測済らしく、保険を用意しているようだが・・・
それでも幹部を倒すことが出来、兄者も完全復活を果たした事で
この回は無事に終了。結局作戦の失敗に今回ばかりは激怒したタウやんは
サタラクラを謹慎処分にする事に・・・それにしてもタウやん、怒りの割には罰が甘いね。
って何か今回の解説だけで充分長くなっちゃったなぁ・・・


2.キノコと100点
これまでのハリケンジャーたちの活躍に遂に切れた
ウェンディーヌは自ら作戦に臨む事になる。
今回は中忍クグツジュクキノコを使って作戦を行うのだが
実はウェンディーヌに恋心を抱いていたジュクキノコは
ガオレンジャー並にやる気満々だった(笑)

作戦はジュクキノコの洗脳忍術を使って子供たちを操り
ハリケンジャーたちを倒そうと企てていたのだが
さすがに子供を集めなければ意味がないので
ある時はテニススクール会員・女医・スーパーのレジ担当となり
ウェンディーヌは地道にビラ配りから子供集めを始める。
そんなウェンディーヌの力になろうとジュクキノコも懸命に
ビラ配りを行うが、ウェンディーヌと違い外見が人間とは
明らかに違う為、人々に逃げられてしまう。
果たしてジュクキノコの想いはウェンディーヌに届くのか!?
えっ!?ハリケンジャーはって?今回はジュクキノコが主役だから
別にどうでもいいっしょ(笑笑)


てな感じなのだが(ヲイ)とにかく今回の注目点は
ハリケンジャーたちよりもジュクキノコとウェンディーヌだろう。
もう見てて面白いんだ彼らは(笑)
それにしてもジュクキノコの報われなさ、あまりにも気の毒過ぎるな。
ビラ配りを頑張っても逃げられてウェンディーヌに蹴られ、
ウェンディーヌ本人は、シュリケンジャーゲストの橋本君をストーキングしてるし
ハリケンジャーとの戦いではやっぱり勝てないし、ウェンディーヌ巨大化のお陰で
一瞬存在忘れられていただろうし、しかもファンゲロスほど絶対強くないだろうに
象さんの奥義でやられちゃうし、もう散々だったね・・・
それにしてもウェンディーヌの切れっぷりといい、巨大化の際
ヴェルディの「レクイエム」が流れる中、豹変していく様は流石に怖いっすよ・・・
アレみた子供かなり泣いたんじゃないかな!?
私はおもいっきし笑わせてもらったけど、アレはか弱い子供たちには
衝撃デカイんじゃない(苦笑)


Posted by chronoss_shine at 12:24│Comments(0)TrackBack(0) 長澤 奈央 | 特撮・アニメ・マンガ

この記事へのトラックバックURL