May 29, 2006

忍風戦隊ハリケンジャーVol.10−後編−

それでは早速後半戦に突入デス!

4.オトリと忍びの掟
サンダールの登場によって何とか幹部あぼーんを回避したジャカンジャは
一時撤退する事に・・・しかしサンダールは地球忍者たちとの戦いを楽しみにしてたらしく
たった1人ハリケンジャーたちの戦いに挑む。
しかし実力差はあまりにもあり過ぎた。あの影の舞でさえ回避しつつ反撃を繰り出す
サンダール・・・さすが彗星と呼ばれてただけある(待てやヲイ)
これこそまさに「当たらなければどうという事ではない」ってか!?
結局地球忍者お得意の(!?)煙玉にて退却したハリケンジャーたちだった。
いつもだったらここで鷹介がきれまくってる頃だが、今回は意外に冷静。
サンダールに関する情報を探ろうとシュリケンジャーに問いただすが
御前に口を封じられているシュリケンジャーは何も答えられない。
「忍者は上の命令に従うのが掟」とだけ残し、その場を離れるしかなかった・・・
一方御前サイドでは、腐食忍者対策となるアイテムの開発に成功。
それを用いてジャカンジャとの再戦に挑む事になるのだが・・・

今回御前が用意したアイテムがきっかけでシュリケンジャーは選択を迫られる事になる。
そしてその選択が地球忍者たちの生死を大きく影響させる事になるのだが
今まで自分を助けてくれたハリケンジャーたちを見捨てる事は出来ず
6人の絆を益々強くする事になるのだが・・・
御前が用意したアイテムの副作用でシノビチェンジした者は身動きが取れなくなるのだが
ジャカンジャの攻撃を喰らっても身動き1つとれずに叫ぶ姿はちょっと笑える。

5.メダルと漫才
サンダールの目的は地球侵攻の他に、彼が持つ封印の石を解放する事にあった。
そしてその為に協力が必要とサタラクラと手を組み、今回は漫才忍者を送り込む事で
あるエネルギーを集めようとしていた・・・
一方、吼太の妹の鳴子が帰国するという事で迎えに行こうとしていた吼太だったが
そこでサタラクラたちと遭遇。いつものように戦いを挑むのだったが
その光景を鳴子に目撃されてしまう。しかもよりによって変身解除した霞兄弟まで
目撃するというハプニングが発生。吼太は自分たちの秘密を知られないよう
必死に隠すのだが、既に鳴子の疑惑の目は兄にも向けられていた・・・

結局全てバレテーラでしたちゃんちゃん♪
という訳で久々に黒子ロボ大活躍かと思いきや、鷹介たちに抑えられてるし
もうダメダメですねあのロボも(笑)
それにしても正体を探る為とはいえ、あの霞兄弟を逆ナンするとは鳴子ちゃん・・・
特に兄者の方に興味があったように見えたのは気のせいか!?
おのれ霞兄弟・・・いくらなんでももて過ぎじゃないか!?



Posted by chronoss_shine at 19:44│Comments(2)TrackBack(0) 長澤 奈央 | 特撮・アニメ・マンガ

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
またまたどーもです!「Nao N ナ・オ・ン」DVD発売記念イベント!!
7月1・2日と連続イベント決定ですね。今から資金を貯めて二日連続イベントに参加しましょう!!正直結構資金はシビアですけど(苦笑)
Posted by シャア at May 29, 2006 23:52
実を言うと資金面はあまり問題にならない事に気付きました。
後は職場のシフト次第ですね。もう祈るしかない!
Posted by タイキ at May 30, 2006 10:02