June 04, 2006

忍風戦隊ハリケンジャーVol.11−後編−

時間がかかってしまいましたが、いよいよ後半デス。
後半は5本目の「おせちと三巨人」について出来る限り書きますが
これは久々の七海メインのお話だという事なのですが・・・
ハッキリ言って見終えた後、ちょっとした苛立ちを抱いてしまいました。
ただその時色々あって機嫌が悪かった事も要因の1つだとは思うのですが・・・
それでは早速タイキ、いきまーす!

5.おせちと三巨人
ハリケンジャー世界では新年を迎えたらしく、おぼろ研究所には
鷹介・七海・吼太・一甲・一鍬・シュリケンジャー・御前様・おぼろ・ハムちゃんが
勢揃い+和服で(ごく一部例外あり)登場しており、七海が作ったという
おせち料理を堪能していた。そして今回このおせちが私にとって怒りを招く原因となる。
肝心なおせちはと言うとかなりの自信作らしく、大絶賛を受けていた。
鷹介に至っては吼太の分まで強奪し出す始末・・・
おい一鍬ちゃんもただうまいと言ってるだけでなく、鷹介のようにアクション
積極的に起こさなくちゃ!それとも某有名ギャルゲーの総番長のように
「その栗きんとんは俺様のじゃー!」と叫び狂い、
鷹介とバトルを繰り広げたりしなくちゃダメですよねぇ・・・(ネタがマイナーで申し訳ない)

ところが、御前様だけはおせちに箸をつけない。
そしてその事が七海にはどうしても気になってしまうのだった。


一方ウェンディーヌは、亡きサーガインが残していたカラクリロボ3体を用いて
(初期幹部3人力を合わせて作戦に臨むつもりだったらしい)
ハリケンジャーたちを襲撃する事に・・・
だがハッキリ言って今回ウェンディーヌ・フラビージョ・そして焼肉に釣られた
サタラクラの3人が出撃してるのだが、サーガインの為に+やる気があるのって
ウェンディだけのような気が・・・不憫だな(笑)

そんなこんなでいきなりロボットバトルを繰り広げる事になるのだが
おせちを食べてもらえなかったブルーだけ戦意がなく、旋風神の動きも鈍くなってしまう。
ここで私のイライラ度は30%に到達・・・ちゃんと集中しなきゃダメっすよ七海ちゃん。
一方そんな七海の悩みを知る由もない御前様は、おぼろの代わりに指示を飛ばすが
その度にブルーはおせちの事だとしか反応できず浮かれたり凹んだり忙しい。
イライラ度・・・50%に到達。そろそろ真面目にやってくれよなぁ七海さんよぉ・・・

遂にはジャカンジャ側も本気を出して攻撃を仕掛けてきた為に、
秘密兵器の量産型天空神を出撃。そして旋風神・轟雷神に合体!
ちなみに中に乗ってるのはあの黒子ロボらしい。
おぉロボちゃん、普段からただでさえ出番がないんだから頑張ってーと思いきや・・・
分離した事をいい事にハリケンブルー戦場離脱デス。
そこまでしておせちが気になるようですが・・・いい加減にしろや本当に!!!
もしここで負けたらおせちがどうとか言ってる場合ではないって事を
分かってるのだろうか!?(イライラ度90%突破)
こんなのに守られてるのって何かちょっと嫌だと一瞬思えてしまうではないか!


しかしおぼろ研究所に1人戻ってきた七海に気づいたハムちゃんは
何と叱る訳でもなく、おせち作りの苦労と七海の思いを御前に語りだす。
そしてハムちゃんに気づかれた七海は冷静になったのか戦場へと戻っていくのだが
ここで七海に対する怒り鎮圧+ハムに対する怒り100%。
ハムよ・・・まず状況を考えろ!お前の部下がいるべき場所にいない事に対して
言う事は何もないのかええっ!?


そして戦場に戻った七海が見た光景は、量産型天空神がオーバーヒートして
窮地に陥った仲間たちの姿だった。
それを見た七海はハリケンドルフィン単体でウェンディーヌに攻撃!
「さっさと終わらせて、御前様におせち食べてもらわなくちゃ!」
前言撤回(苦笑)何かちょっとむかつくが、目的が何であれ30話に近い強さを得た
七海ちゃんに敵なぞなーい!例えカラクリメカだってパンチで破壊(コクピットだが)
恐るべし料理への執念・・・

そんな事もあってジャカンジャを撤退させたハリケンジャーたちは七海の戦意喪失原因を
ようやく知るのだが、「何だそんな事悩んでたのかよ」とか
「御前様は食事を摂らないんだ」とかその一言に安心してる七海とか
とにかくそんな呑気な光景に、心底腹が立った。(怒り率120%)
言いたい事はそれだけか?他に言う事はないんか!?
下手したらそのせいでタマとられてたかもしれないんやで!
あんたらも正義の味方だったら腹くくってやる事やれや!(上3行から某極妻風)


だが私が特に許せなかったのは、おぼろ・御前の2人である。
まず御前だが、普段食事しないんだったら最初からそう言うか、食べても影響ないんだから
ちゃんと食べてやるべきだろうが!
まぁ結局は食べてくれたからまだ許せるが・・・
おぼろに至っては自分たちのメンテがしょぼかったくせに、
今回唯一真面目に戦った黒子ロボに対して量産型天空神破損の責任追及で
大反省会だなんて、見当違いにも程がある。
これではあんまりではないだろうかっ!?

ある時は記憶奪おうとして殴り飛ばされ、ハリケンジャーの正体を知った鳴子に対して
仕事の妨害をされて、シュリケンジャーに仕事横取りされて
戦場に出ても報われる事のない黒子ロボ・・・

まぁ何かの番外編では七海たちの記憶を奪うという大暴挙をしでかすという事実を除けば
あまりにも気の毒な黒子ロボだが、そんな彼らが最後にして
ようやく活躍できたシナリオだと私は思う。


Posted by chronoss_shine at 22:50│Comments(0)TrackBack(0) 長澤 奈央 | 特撮・アニメ・マンガ

この記事へのトラックバックURL