June 11, 2006

忍風戦隊ハリケンジャーVol.12−御前の過去−

遂にハリケンチェックも最終巻を迎えてしまいました!
いよいよこれでハリケンジャーとジャカンジャの戦いについて書くのも
本編に関しては最後となります(まだVSアバレンが残ってる為)
ちなみにシナリオは「封印と宇宙統一」・「罠と永遠の命」・「使命と天空忍者」・
「暗黒と新世界」・「風と水と大地」
の全5話となっており、今回で完結となります。

1.封印と宇宙統一
前回、サンダールに怒りの矢のメダルを奪われてしまったハリケンジャーたちは
サンダールの扇獣と戦いを繰り広げていたが、天雷旋風神の力を持ってしても
扇獣を倒す事が出来なかった・・・
そんな彼らに対して、御前は「宇宙統一忍者流奥義を極める必要がある」と判断。
だがそれには疾風と迅雷の極意が必要らしいが、ハリケンジャーたちはその極意が何かを
答える事が出来ず、失望した御前はおぼろ研究所を去ってしまう。
一方嘆きの弓のメダルを狙っているサンダールは、ひたすら御前を探し回っていた。
そしてハリケンジャーたちは、一足早く御前を見つけ出す事が出来たが
そこで御前はハリケンジャーたちにあるものを見せる・・・

今回は御前様の過去についてのシナリオであり、彼女に封印された闇石(嘆きの弓メダル)の為に500年間守り続けた苦悩がよく分かるのだが・・・
それを知ったハムちゃんの号泣っぷりが見事にシリアスな空気をぶち壊している事に
激しく笑える。
だがこれでハリケンジャーたちは改めて御前を守る為の戦意を高め、
実は既に極意を理解していたハリケンジャーたちの手で改めて扇獣と戦い、
遂に勝利を収める事で彼らは立派な忍者となったわけだが・・・
これはあくまで「ハリケン三大悲劇」の始まりに過ぎなかった。

Posted by chronoss_shine at 23:43│Comments(0)TrackBack(0) 長澤 奈央 | 特撮・アニメ・マンガ

この記事へのトラックバックURL