June 27, 2006

ナオしてあげる 第5回「未来」

eonna8月号が発売され、今月のコラムだけでなく
「激闘!アイドル予備校」の記事やグラビアページがあったりと
今月は充分に堪能させてもらっている私だが、まずはコラムの感想をちゃんと書こう。

今回のテーマは「未来」について語っているのですが
「もし未来を覗けるならどうする!?」という疑問に対して
答えてもらっております。しかし・・・私は未来を知りたいとは思えませんね。
理由としてはいくつか挙がってくるのだが、まず仮に自分の未来が見れたとしたら
その時点でその未来を迎える事はないと考えているから。
だって未来で自分で何をしてるのか分かった時点で、どんな些細な出来事でも
無意識に違う行動をとってしまうだろうし、その些細な行動が後の自分に
大きな影響を与えかねないと思えますしね・・・
まぁ仮に歴史が「※プログラム型」ならば、別に何の問題もないのだけれど。
どこぞの某マッドサイエンティストは全宇宙が破滅しかねないとか言ってたし・・・
さて・・・いい加減SFトークはここまでにして、本編に戻ろう。
奈央ちゃんが言いたかった事もそんな話ではないですし(笑)

そして第2の理由としては、未来を見た時点で人生の結果を知る事でつまらなくなるから・・・
実はこれ奈央ちゃんも言っている事なのだが、要は人生のカンニングである訳で
明るい未来をその手に掴む為に、現在を懸命に生きている事が無駄に思えるし
楽しく感じる事が出来なくなると思うからだ。
それならば「未来を知る」事より
「過去をやり直す」方が私は心から望む。
「現在」は人によって実に楽しい人生であれば、絶望を感じる人生もあるだろう。
だけど、どんな人にも伝説のガードのつもりではないが、「無限の可能性」がある。
それを信じて「今」を精一杯生きる事が大事なのではないかと私にも思える。
ただ・・・正直言って私自身はこの先の事を考えると、
どうしても良いイメージが出来ないのはここだけの話だ。(爆)


※プログラム型・・・タイムトラベルのパターンの1つで
タイムマシン等を使って歴史を変えたつもりでも、
全ては歴史の手の平の上で踊っていたに過ぎないパターンの事。
そしてこのパターンの場合、勿論タイムパラドックスは存在しない事になる。
次に・・・いつもの奈央ちゃんに対する質問コーナーの紹介へ行こう!
今回は「アイドルは本当に電車使ってるの?」
「自分に向けられた好意」に対する質問でした。
それを私なりに答えるとすると・・・

1.「アイドル〜」の場合
そんなの一般ピーポーかつ通勤以外で電車をあまり使わない私が分かる訳がない。(泣)
だがもし奈央ちゃんの言う事が本当なら、まず芸能人を探すよりも
芸能人オーラを感じ取れる位敏感になる方が良いと思える。
ちなみに両親は共にそういう感覚は非常に敏感。なのに私は・・・(苦笑)

2.「自分に向けられた好意〜」
これもある意味オーラかサインの違いだけで、相手のサインに気づける観察力が
非常に重要になってくる。だけどこればかりはうまくやらないと逆に引かれるし
観察力ばかりはひょっとすると天性や環境に左右されるのかもしれない。
それとこれは自分の中で分かっている事なのだが・・・
「メディア(ドラマやギャルゲーetc)で相手の気持ちが理解できても、
現実も同じように出来るとは限らない」
という事・・・
まぁこれは「ギャルゲーでハーレム作れるプレイヤーが実際にもてるとは限らない」
と同じようなものですね。
Posted by chronoss_shine at 13:47│Comments(0)TrackBack(0) 長澤 奈央 | シリアスモード

この記事へのトラックバックURL