July 11, 2006

たった1人の夜−前編−

7月10日・・・
この日は夕方からの勤務という事で、順調に出勤を済ませて
普段よりは短い時間での勤務を終えて帰れば終わる日になるはずだった
しかし、現実は私にとって長く孤独な夜を過ごす羽目になるのだが
事態がいつもと違っている事に気づいたのは
私が駅のホームで携帯版桃鉄をやっていた時の事だった。
桃鉄をやりながらも電車に乗り遅れないように時間を気にしつつ
暇潰しをしていたのだが、電車が来る時間になっても全く来ない・・・
案内板を見るが、夢中になりすぎて乗り遅れた訳でもなく
まだその電車は来ていないという事だけはよく分かった。
この時は「まぁ数分程度なら、乗換の終電も多少は待っているかもしれないな」
等と呑気に考えながら特に事態を深く知る事無く桃徹の続きをやり始めたのだが・・・
実際はとんでもない事になっていた。
そして私がこの電車遅延に関する情報を入手したのは、遅延発覚から15分も後だった。
どうやら人身事故が発生したらしく、その対応がどうやら上手くいっていないようでした。
客の中には呑気に死亡事故!?等と駅員に聞いてくるリーマンもいたが
とにかくこの時になって私は自分が今夜は家に帰れないかもしれないと判断した。
まぁ行ける所まで行ってタクシーに乗るという手段もあったのだが
それでも深夜料金になっているからかなり痛い出費になっていた事だろう。
というわけで私はとりあえず乗換駅周辺で朝を迎える事に決定。
意外と判断は冷静だった。幸いにも携帯の充電器(普通のだけど)は持っていたし
何とかなるだろうと思っていた。
そしてようやくやってきた電車に乗り込み、とりあえずは終電に乗れないだろうけど
僅かな可能性を信じて、乗換駅へと向かった。
でも、やっぱり終電はとっくに終わってた。
そりゃ本来の時間より30分も遅れてしまえば乗れるわけないもんね(苦笑)

Posted by chronoss_shine at 12:10│Comments(0)TrackBack(0) 今日の出来事 | 副業(サラリーマンw)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/chronoss_shine/50540612