August 01, 2006

かまいたちの夜×3 プレイレポートその1

注 今回はかまいたちの夜シリーズを理解してる人以外には、
  少々分かりにくい内容となっておりますのでご了承ください。


という訳で、ほぼ1日かまいたちの夜×3をプレイしていたので
簡単なプレイ感想を書こうと思う。
まずは先日も書いたように、完結編のハッピーエンドを目指して
プレイを開始してみたのだが・・・たった1日で目標達成しちゃいましたけど何か!?(驚)
まさかこれほど早く決着をつけられるとは思いませんでしたよ。
どんな内容かはまだ発売したばかりだし、書く事は出来ませんが
確かにハッピーと言われればハッピーな終わりなんだけど、
正直最後の最後でこんな終わり方なのかよ!とも思えるオチだったので内心複雑でしたね。
だが一応ハッピーエンドで終わる事が出来たのは嬉しかったですね。
何せかまいたちの夜シリーズのベストエンディングはハッピーとは限らないのだ。
(特に「2」のサブシナリオ)
透が最愛の真理を殺害してしまうエンディングもあれば、
逆に真理に殺されて終わるエンディングもあるし、ジェノサイドエンド(登場人物全滅)も
場合によっては有り得るのだ。
そんなパターンもあるこの作品の本当の最後は
ああいった形で終わってくれたのはよかったと思えますね。

ちなみに予想していた4人の主人公についてなのだが
香山俊夫はほぼ予想通りでしたし、ファミ通にも掲載されていたのだが
まさか4人目が啓子だとは思いませんでしたね。
てっきり真理か美樹本辺りだと読んでいたのだが・・・
しかし実質メインは啓子以外の3人だった気がするのは私だけだろうか?


ではここで主人公たちを簡単に紹介しておこう。

【1人目の主人公 香山誠一】
大阪で企業の社長をやっているかなりやり手の商売人。
前作の三日月島殺人事件(わらべ歌編)で新妻の夏美を殺されてしまう。
事件から1年後、夏美の供養の為に再び三日月島を訪れるのだが・・・

彼のシナリオは前半は人物・物語紹介が主だが、
後半は事件の核心に迫るプレイとなっている。


【2人目の主人公 矢島透】
かまいたちの夜シリーズの主人公であるが、今回はメイン主人公を香山に取られる。
そして相変わらず真理との関係は進展していない。
3時点では若くしてペンションシュプールを経営する真理の手伝いをしていたが
香山からの供養の誘いを受けて、真理と共に三日月島へと向かう。

彼の場合は全シリーズ通して、推理力はあるが頼りがいのない青年である為
真相究明シーン以外では実に情けない。
だが真理に危険が迫ったり、ここぞと言う時には体を張れるでもある。

【3人目の主人公 久保田俊夫】
前作である事実が発覚した事により、妻みどりと離れ離れになってしまい
自暴自棄な生活を送っている。
香山から三日月島への誘いを受けるのだが、ここで今までの事件や
そのきっかけとなった「不幸な偶然」に対して疑問を抱いた彼は
緑と自分自身の問題にケリをつけるべく、誘いを受ける事にする。

今回は彼も推理に参加するのだが、彼の動きが今回の事件を解決させるのに
重要な手がかりとなってくる。
そして何気に今回は透以上の活躍を見せてくれる。

【4人目の主人公 北野啓子】
前作から1年の間で、友人だった可奈子と険悪な関係になってしまい
関係の修復を願っているのだが、同時にある人への思いを捨てきれずにいる。
そして香山の誘いをきっかけに全ての問題を解決させるべく
三日月島へと向かうのだが・・・

4人目の主人公となっているのだが、何故か彼女だけ今回の事件に対する見方がおかしい。
そしてあくまで自分の目的を達成する事が優先されるみたいなので
余計な事をしない方が、事件は平穏な解決が出来る。(実はこれ何気にネタバレ)

この4人を使ってプレイをしなくてはならないのだが、
ハッキリ言って今回起きる事件のトリックや犯人を見破るだけなら
1人でも十分に出来る。ただし1人を独走させると真相に近づいた代償として
殺されてしまうパターンになりかねない。

そう、今回はあくまで4人全員でそれぞれ真相を究明しなければ
事件は決して解決しないのだ。

当然だが1人が間違った行動を取るだけで、残りのメンバー全員に影響が出て
悲劇が大きくなっていく・・・

そして更に言うと、4人の主人公を使えるようにする為には
最低、香山・透・俊夫が殺されるようにしなければならない為(条件有)
必ずバッドエンドを見る羽目になる事が判明。
だがここで諦めてはいけない。トリックを解明するにも、真犯人を見つけるにも
特異点を見つけ出しておけば、事件を解明するのは意外に簡単なのだ。
その為、今回の本編(真相編)のバッドエンドは特に重要なヒントとなっている為
くじけずベストエンディングを目指そう。プレイヤーはくれぐれも先走。
未来での失敗は過去で必ず役に立つので・・・
あと言える事は、犯人が分かったとしても見れるうちにバッドエンドは
1つでも多く見ておく事をオススメする。

ところが・・・今回は犯人を見つけ出せたとしても、事件は終わらない。
全ての元凶となる黒幕と対決しない限り、メンバー全員は前進できない。
最後の決着に関しては、今はまだ語るべきではないだろう・・・

Posted by chronoss_shine at 22:08│Comments(0)TrackBack(0) ゲームレポ 

この記事へのトラックバックURL