September 22, 2006

帰ってきたタイキの社会見学 バー編

H駅で背後から私を呼んでいたのは、うちの配属先の課長グループの皆様方だった。
どうやら2次会を行うそうで、その2次会にはいち早く敏感反応した私を
召喚するつもりらしく、特に逃げる理由もなければ断る必要もなかった私は
そのまま課長たちについて行く事に・・・そして着いたのはこれまた駅の近くのバーで
こういった店で「飲む」のはこれまた初体験となるのだった。
それにしてもこの1日でメイドカフェにバーだなんて、実に刺激的な展開だ。

どうやらその店は課長がよく行っていたお店らしく、課長のボトルで
飲ませてくれる事になっており(こういうのをボトルチャージって言うのかな?)
私たちはバーでもまた酒を飲む事に・・・普段飲まない私が従来の何倍飲んだ事か!
正直今日帰れなくなるか、次の日死んでるか覚悟しなければならないと
その時は思っていた。そしてまずはママさんたちに課長と何回か来た事がある人を
除いたメンバーの自己紹介を済ませる事となり、
もうこの際変に恥ずかしがってもしょうがないので素の自分で通していく事を決意した。
自己紹介を済ませた後は、カラオケタイムとなり、
殆どを私と課長が歌うといった感じで時間が過ぎていった。
個人的には実に楽しい時間となったし、最悪家に帰れなくなってもいいかななんて
正直思ってたりもしたが、実際はちょっとはしゃぎ過ぎてしまった気がしてならない。
メンバーの皆さんはそんな事気にするなと言ってくれるのですが
普段から加減の聞かない両極端な人間である私が、
ブレーキをかけられなかったのは確かな事実だと私は思っている。

結局終電ギリギリまで居残って飲み続けた私たちはようやくお開きにして帰宅する事に
なったのですが、実は私1つ気になる事があるんです。
それは今回のメンバーである1人の先輩が、何故か私に対してはとても冷たいのデス。
普段は特にそういった部分に触れる事無く、自分に問題があるのだと
意識して過ごしていましたが、酒が入った事もあり、直接本人に訊ねてみたのですが
結局答えてはもらえませんでした。やっぱり・・・嫌われてるんでしょうか?



Posted by chronoss_shine at 00:00│Comments(0)TrackBack(0) シリアスモード | 副業(サラリーマンw)

この記事へのトラックバックURL