October 29, 2006

木更津キャッツアイ 完結編・・・バイバイ、ぶっさん。

10月28日・・・
今日は私と祖父母の3人で映画館へと出かけてきた。
だが私と祖父母では目的の映画が違っていたために、
祖父母は戦時中の硫黄島のアメリカ部隊を描いた「父親たちの星条旗」を
そして私は「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」を観る事に・・・

木更津キャッツアイを知らない人の為に簡単に説明するが、
本作は木更津で生活するぶっさん・バンビ・アニ・マスター・うっちーの5人が
ある日ぶっさんの余命が僅かだと知った事をきっかけに
昼は野球チーム木更津キャッツのメンバーとして、
夜は怪盗団木更津キャッツアイとして毎回大騒動を引き起こしていく
連続ドラマだったのが劇場版として登場した作品で
過去に日本シリーズ(当時ぶっさんの余命は約半年)が公開されているのだが、
今回はぶっさんの死から3年後・・・それぞれの理由でぶっさんの死に立ち会えなかった
木更津で公務員として働くバンビ、秋葉原でメイド喫茶に通うアニ、
ある事情で大阪で1人たこ焼き屋を営んでいたマスター、
行方不明となっていた(後に自衛隊へ加入していた事が判明)うっちーが
3年後の命日直前にぶっさんの声を聞いた事から物語は始まる・・・

今までしぶとく生き残ってきたぶっさんがこの作品で遂に死亡してしまい
しかも本作ではぶっさんの死が描かれており、本当に完結編なんだなと実感できましたね。
具体的にどんな内容になったとかは流石に公開初日からネタバレは出来ないが
一見シリアスに物語が進んでいくようで、途中からは結局いつものように
その空気をぶち壊してくれるので、笑いあり涙ありの面白い映画だった。
そして思ったのは最後の最後まで展開がハチャメチャで、
どうしてそうなるとか考えるのが、もうばかばかしくなるんですよね!
かつてのドラマ・劇場版をよく見ていた人は、懐かしささえ感じられるので
木更津キャッツアイファンは要チェックですな・・・

Posted by chronoss_shine at 01:03│Comments(0)TrackBack(0) 今日の出来事 | 芸能関連

この記事へのトラックバックURL