December 13, 2006

タイキの非公式交流会−DearCafeの場合−

当ブログの読者の皆様(特に本日の参加者及びMas.Kさん)
大変長らくお待たせしました!本日のプライベート交流会の報告をさせてもらいます。

【注意】
本件、1日の行動がかなーり長いので3部構成とさせてもらいます。
また、プライバシーを考えて名前等は公表しないようにするつもりですが
場合によっては例外もあるかもしれませんが、そこは了承願います(邪笑)

まずは第1部「DearCafe編」の方からスタートします。

12月12日午後12時・・・
横浜駅で待ち合わせをした私たちは前回記事でも書いたように
いきなりだが早速Dearへと逝く事に・・・
内心、ある方はDearでのひとときへの期待を胸に。
またある方は「ネタ」として来るのは良かったが、
正直どうなるか分からない事での不安を胸に。
そしてある男はこれから始まる出来事が自分の公開処刑になるかもしれないが
覚悟を決めつつあった事での不安・期待・動揺・緊張感
そして謎の高揚感を胸に抱いていた。
(どう考えても最後のある男は私としか思えませんよねぇ・・・まぁその通りですがw)


そして実際に店の前まで来ると一部怖気・・・いや緊張する方もいたが
私の先導で店内へと突入してみると、幸い面識の少ないメイドさんが応対した為に
特に何の問題もなくテーブルへと案内される。
ところが・・・私を知るメイドさんと顔が合った際に始まる挨拶の光景に
一部の同僚の笑いが止まらなくなる(苦笑)
彼にとっては私のこんな光景が見てみたかったそうだけど・・・
すいません、これでもまだ大人しい昼時の時間なので
もし仮に普段逝ってる夕方頃に突撃してたら、一体どうなっていた事だろうか!?
まぁ本人にはその場でそう突っ込んでおきましたが。

それからはというもの、基本的には私たちメンバー同士での雑談で時間が過ぎていき
普通の喫茶店と何ら変わらない光景が広がりつつあったのだが・・・
言うまでもないが私自身、そのまま普通に過ごす訳もなく(爆)
皆が会話で盛り上がっている間にあっさりクリスマス版ラミカ×5を購入。

(全15種類の期間限定品らしい)
その光景には流石に同僚全員によるツッコミの嵐・・・
しかし・・・その場にいた私・メイドさん・同僚全員が
これがあくまで第1回戦でしかない事は既に承知済だった(核爆)

そして第2回戦は更に×5を購入し、今回は1人1本ずつ紐引きを体験する事に・・・
ただし入手したラミカは全て私の物だけどね。(て言うか支払うのは私だし・・・)
だけど、不思議と私以外の方が引くと被る事がないんですよねぇ・・・
ごく一部の方を除いてだが(その方はこの件をかなり気にしてたようですが、無問題デス)

一方料理の方は今回私はデザートセット(チーズケーキ+紅茶ホット)と
照り照り丼を注文したんだけど・・・どれも久々だなぁ。
しかも今回は他の方も照り照り丼を注文したのだが(まぁ半分は私の勧めもあるけど)
早速オススメの食べ方(マヨネーズ使用)を伝授しておいたんだけど
気に入ってもらえたようでホント良かったデス。何せ食べなかった他のメンバーまで
これは美味そうだと言ってましたからね!

そんなこんなでDearでの時間は自分が予想してたよりも長く滞在してたのだけど
最後の最後に思わぬ出来事が発生。それはお店を出た後の事だった。
あるメンバーが店内に傘を忘れたという事で単身Dearへと戻っていったのだが
その事をきっかけに突っ込みターゲットが私からそのメンバーへと移行したのだ。
まぁ簡単に言えば・・・
「傘を忘れる→確信犯!?→Dearに居たいという意思表示!?→
今後は隠れファン!?」
と言った流れとなった事でDear関係の話題で
初めて私も突っ込みに回りました。
いやぁ・・・まさか1対4の関係で自分が4の方に回る日が来るとは思いませんでしたよ。
まぁでもその方は色んな意味で伝説を次々と残す方なので、
こういった場合ある意味流石とでも言うべきなのでしょうか!?
(水爆)
しかし・・・この出来事を冷静に考えてみると、
何だか美味しい所を持っていかれたような気分になりますね・・・
ホント残念だよ私・・・だけどここが唯一主導権を握れるかもしれない所だったんだよねぇ。

Posted by chronoss_shine at 00:45│Comments(2)TrackBack(0) Dear Cafe 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
傘を忘れて取りにいっただけで、そのまで突っ込みをする4人の方がある意味凄い。(素)まあそれもその人だからこそでしょうが。(爆)
Posted by Mas.K at December 13, 2006 01:19
全くもってその通りですね(苦笑)
誰から言い出したのかは忘れましたがある意味救われ、
またある意味かっさらわれました。
話は変わりますが、皆揃って注意してもDearで本名で呼び続けるのには困りました。
Posted by タイキ at December 13, 2006 01:26