December 23, 2006

タイキの休養旅行−2日目−

日中のアーチ
雪だるま
宿泊先












普段仕事している時と休んでる時では、やっぱり時間の流れ方も違って感じるようで
あっという間に1日目も終わろうとしていたんだけど、部屋の中がやけに乾燥してて
暑苦しさのあまり、全然眠る事ができなかった。しかもそのまま朝迎えちゃったよ!
これじゃあ休養旅行の意味ないじゃんか〜(泣)

そんな私を見て家族は運転を代わってあげると言ってくれたのだが、
普段こんな機会でもなきゃ車なんて乗る機会がなかったし、
本当にやばそうだったら代わると答えて、結局はこの日も私の運転で過ごす事に・・・
それからは寄り道しつつも無事に家まで運転をし終える事が出来たんだけど
日頃の疲れがまだまだ癒え切れていない事を痛感しましたね。

ここで添付した画像の説明をしたいと思うのだが、
1つ目と2つ目の写真は、前回の記事に添付した画像の日中の姿デス。
夜間は綺麗なイルミネーションが見れましたが、日中はこんな感じなんですよ。
そして3つ目は今回宿泊した施設「ホテル時之栖」さんデス。
ここを見つけたのは今から数年ほど前にタイキ母が見つけた場所で
時間が出来てはよくここに来てたのですが、最近はなかなか行く機会がなくてね・・・
場所は御殿場にあり、実家からはそれほど遠くはないので日帰りでも行けます。
ちなみに最寄駅は御殿場、高速の場合は東名高速の御殿場インターか
裾野インターになりますね。どちらも大体15分ほどすれば到着できると思います。
それとここからなら、あの富士急ハイランドもそんなに時間がかかる事無く行けるので
機会があれば行ってみるのもいいと思えます。
【御殿場での出来事 番外編】
今回起きたエピソードではないのだが、かつて仲間達と時之栖へ出かけた時の話を1つ。
それは私が初めてあそこへ車で自分の運転で出かけた時で、
富士急から帰る途中の出来事だった・・・
既にその時は冬時だったために外は真っ暗で、しかも霧まで出ていた事もあって
慣れない状況での不安が拭いきれない運転になってたんだ。
(ちなみにその時出ていた霧は、後に友人がうっかり落としてしまった小銭の所在さえ
確認出来ない程の濃度でめちゃくちゃ視界が悪かった

しかもこの時はたまたま家の車を使う事が出来ず、レンタカーでやってきた事もあって
頼りになっていたのは僅かな視界とうちの車よりしょぼいカーナビだけだったんだけど
ホテルの近くまでは高速や広い道路もある事もあって、まだ比較的通りやすかったけど
ホテルに近づくにつれてどんどん山の中へ入っていく感じになり、
ホテル近くの山道まで戻ってきてたんだ。だけど山道なんかで霧が見えると
もう周囲の詳細なんて全然分からないし、当時運転初心者だった私は
カーナビを信じきってたんだけど・・・

いつまで走っても全然到着しないんだ。だけどカーナビではすぐ近くまで来ていて、
真っ直ぐ走れば到着できるとなってた。だけど・・・周囲が見えない不安から
どうしても状況を確認したいという思いと、どこかで道を間違えた気がしてならなかった
私は目印となる工事現場を何とか見つけてそこで一時停車して
ホテルを確認しに行った時に、とんでもない事に気がついた。

車が向かおうとしていた正面に広がっていたのは何と崖!

もし止まる判断を誤っていたら・・・今でもそれを考えるととても恐ろしかった。
確かに崖を落下すればホテルの駐車場に落下して「到着」するみたいだったけどさ・・・
その時、車に乗っていた私たちの命は保証できないよね。

その後はカーナビを一切使わずに己の微かな記憶と直感を頼りにして下山した後
無事にホテルへ辿り着く事が出来ました。
ドライバーの皆さん・・・どうか皆さんもお出かけの際に最低限で構わないから
しっかり地図での道順確認を忘れずに・・・そして気をつけてくださいね。
Posted by chronoss_shine at 01:28│Comments(0)TrackBack(0) 今日の出来事 

この記事へのトラックバックURL