February 27, 2007

タイキは不幸の一番星!?

2月26日・・・
この日はロング日勤だったのだが、実に朝からトラブル続きでついてない。
まず前日は全く眠る事ができずにたった1時間の睡眠で+朝食抜きで
会社へと向かう羽目になってしまったのだが、この時腹痛が起きなかった事が
今思えばこの日にとってはある意味幸運な事だったのかもしれない・・・
会社にたどり着くと待っていたのは片付けても片付けても減る事無く増え続ける
障害の数々に、膨大な量の引継ぎ、そして己の空腹及び睡眠不足による体調不良と
頭を抱えるべき要素はあまりにも多すぎた。
まぁこの日が月曜日だったのが運の尽きだと言ってしまえば
それまでなのかもしれないけど、とにかく色々と厄介な事ばかりが起き続けた。
話題に上げるとキリがないので勤務中の話は省略するとして
先ほどようやく長い勤務から開放されたのだが、この日は家に帰る事を諦めていた。
どうせ家に帰ってもまた朝早くからまたロング日勤が始まるのだ。
ただでさえ片道2時間〜2時間半かかる人間が、そこまでして必死に帰っても
得られる物なんてそんなにないだろう。
という訳で今日は久々に会社近くの温泉で夜を明かす事にしたのだが、
ここに行くまでも災難は起きていた。
一刻も早く温泉へ向かおうと駆け始めた勢いが空回りして
前のめりに転びそうになった挙句、そのまま階段を転げ落ちてしまったのだ。
ここまでくると良太郎君や追手内洋一君の日常クラスまでの不幸だ(泣)
結局その影響で左足の膝頭と右足の太ももが今でも痛むのでかなり困りますぅ。
だけど・・・そう言えば階段を転げ落ちるのはこれが初めてではなかったなぁ(遠い目)

かつて小学校の林間学校の山登りの時に、足を滑らせて山道の階段を転げ落ちた挙句
自分の持ってきた大型水筒に後頭部を直撃させてしまった事があったよ(滝涙)
またある時は川を渡ろうとして足を滑らして、
そのまま川を流されていった事もあったし(大マジ)
山で思い出したが、スキーに行った時なんか上昇中のリフトから転落して
コースアウトした挙句に後ろ向きのまま塗装されてない下り坂を
後ろ向きで物凄い勢いで滑り降りた事もあったし
(その後どうなったかは言うまでもない・・・)
スキーといえば、コース探検の時にうっかり新雪が積もったコースに埋まって
身動きが取れなくなった挙句に、一時期呼吸困難になりかけたし
そのままある意味半遭難状態にまで陥ったしね・・・
僕の災難は山だけでなく海でも起きてて、幼い頃にうっかり海に落っこちたのを
誰にも気づいてもらえずそのまま沖に流されかけたり、
浮き輪から滑り落ちてよく言えば装備ナシのスキューバダイビングなんて
やっちゃったし、そう考えると僕って一体何度九死に一生を得ているんだろうか?


ところで海に行った時の事を思い出したんだけど、
あの時の僕、何故か海に沈んでいってたり沖に流されている時でも
誰の助けも呼ばずにただひたすら無言かつ無表情でいたらしい(怖)
一体何を考えていたんだ過去の自分は!?


Posted by chronoss_shine at 00:47│Comments(2)TrackBack(0) シリアスモード 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
もう少し落ち着いて行動しましょう。
今生きているのが幸福ってことで。
Posted by Mas.K at March 16, 2007 22:08
別に慌ててはいないんですけど・・・何故か神に好かれるようでw
Posted by タイキ at March 17, 2007 02:39