March 31, 2007

自己嫌悪に陥った瞬間

と言っても、そんな事はしょっちゅうあったりするんですけど
今回はちょっと人前にもかかわらず泣きたくなってしまいました。

それは家族が揃っての夕食時の出来事。
ここ最近の近況を報告しつつ、食事をしていると上の妹がある話を
私に振ってきたんデス・・・

「お兄ちゃん、いつになったら新しい彼女できるのかなぁ〜」
・・・正直に言いましょう。言われた直後は別に何とも思ってませんでした。
何故ならこの時の脳裏に浮かんだ思いが「最近は恋愛に関心がない」という事だったから。
だからそのまま妹や家族にそう答えると、珍しくこんな事を言ってきたんデス。

「お兄ちゃん、そんなんで婚期を逃したらどうすんの!?」

普段ならそんな一言なんて出てきたりする事は滅多になかった。
だけどその日はその一言が出てしまった。
その時から、何だか分からないけど何故か苛立ちが募っていくのを感じていた。
だがそれは妹に対してではない。周囲にいた家族に対してでもない。
実を言うと今でもハッキリとはしていない。
だけど推測の話でなら大体見当はついている。
自分の内心募った怒りの矛先は自分自身に向いていたんだと思える。

妹にこんな事を言われてる自分が情けなくて・・・
そしてそれを「最近恋愛に興味ない」の一言であっさり流そうとした自分が
何だか嫌だった・・・だけどコレは事実だ。

自分の中に「孤独が嫌で誰か傍にいてほしい自分」もいれば
「不思議と誰にも特別な感情を抱かない自分」もいる訳で
本当に自分がどうしたらいいかも分からないし、仮に相手が出来たとしても
今の自分が相手の為に何もしてあげられないんじゃないかと思えてならない事が
情けなくて、カッコ悪くて、悔しくて、納得も出来ない。
せめてそんな事を言ってきた妹に対して叫ぶ事さえ出来たなら
少しは気楽になれたかもしれない。でもそうする事さえ出来なかった。
結局何も言葉を返す事も出来ず、ただ不快な表情を表してるつもりで
夕食に戻ると、今度は両親が声をかけてきた。

「あんた・・・何、泣きそうな顔してるの?」

自分でも驚いたよ・・・自分がそんな顔になってるなんて思いもしなかったからさ。
だけど冷静になって考えてみると、目頭も熱くなってたし、
気分も沈む一方だったから、むしろ声をかけなかったら
自分は泣き出していたのかもしれない。
これには両親や妹も心配になったらしく、それ以上声はかけてこなかった。
皆に悪い事しちゃったかなぁ・・・気を悪くさせちゃってゴメン。

Posted by chronoss_shine at 01:45│Comments(2)TrackBack(0) シリアスモード 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
恋愛に興味ない時期ってあるある!ケドいなかったらさみしぃ。。って思う時もあるし。。まぁそんな時はよく友達と常に遊んでました★
Posted by トリガラ at March 31, 2007 09:52
そうする事が1番いいんだろうけど、
中々タイミングが合わなくてね…
(自分、社会人。他、学生という問題もあるし)
Posted by タイキ at March 31, 2007 15:42