April 06, 2007

仮面ライダー電王 第10話「ハナに嵐の特異点」

体調不良から電王チェックが出来なかった・・・
ようやくチェックできたので、さっそく書いてみよう。
(何だか最近更新が遅れがちだなぁ・・・)

【今週のモモタロス】
クマイマジンの活躍ですっかり目立たなくなってしまってたモモタロス。
このまま今回も目立たないまま終わってしまうのかっ!?

1.VSサイイマジン
M良太郎は、クマイマジンを追う最中にサイイマジンとも遭遇。
早速戦いを挑むが、戦闘能力は上なはずの電王でもサイイマジンの防御力の高さに
苦戦してしまう。そしてそれは最終決戦でも変わる事なく終わる。
だが彼の見せ場はここではなかった・・・wwwww

2.モモタロスは甘いものがお好き!?
後に詳細を記載するが、クマイマジンはキンタロスとして
デンライナーへと乗り込む事になったのだが、
その歓迎のしるしとしてオーナーからプリンをプレゼントされるのだが・・・
「やったー!プリンだ、プリン、プリン、プリンだ、やったぁ!!」
って貴方子供ですかっ!もうこれだけでお腹一杯ですが何か?(爆)

【今週のハナ様】
話のタイトルにまで浮上したハナ様・・・
ハッキリ言って今回は主役級の話でしたね。

1.ハナ様の「過去」
今までイマジンをひたすら嫌っていたハナ様だったが
それにはちゃんとした理由があった・・・
そしてその真相を語らせたのはイマジンであるクマイマジンだった。
意外にも良太郎君ではなかった事にちょっと驚き。
真相としては、イマジンによって歴史を変えられた影響で消滅した未来で
生活していた為、イマジンを憎んでいたとの事。
しかしそうなるとハナ様自身も消滅してしまう事になるはずなのだが
どうやらハナ様が良太郎君と同じ「特異点」であるらしく、
消滅を免れる事が出来たそうだ(ただし不死身ではない)
【今週の契約者とイマジン】
先週に引き続き、今回は2人の空手家と契約を果たした
イマジンたちの話となったのだが、その1人である本条の望みは
「もう1度空手をやって過去の試合の決着をつける事」だったが
その願いを受けたクマイマジンは、イマジンとしては珍しく
彼の意向を考えて願いを叶えようと努力し始める。
だがそれは自分と同じ強さを求める男だったからこそなのだろう。

一方本条との試合で決着をつけられなかったもう1人の契約者の菊池は
「本当の意味での空手のトップになりたい」だった。
だがそれは本条との決着をつけるという意味でもあったのだが
サイイマジンはそれをライバルたちを全て倒す事で叶えようとする。
でも菊池にとってその願いは誰かに叶えてもらうつもりはなかったんだと
今では思えるな。

それにしてもクマイマジンがあのハナの心を開かせるまでに至った行動は
実に漢らしいですな。まず病気で空手が出来ない本条の為に、
自分が彼の身体を使って空手を習得しようと鍛錬を始める。
その結果が前回の道場破りとなるのだろう。
だがその結果、彼が何を勘違いしたのか相撲をマスターしてしまったのには
一体彼は何を見ていたのか実に気になります(笑)

そして本条の本当の願いが菊池との決着と感じ取った際には
「契約完了」として過去へ飛び、本条・菊池の身を命がけで守る
という行動に走らせたのには実に感動的だ。
しかもそれはイマジンの使命として過去へ飛んだわけではなく
あくまで契約者でありながら自分と同じ強さを求める者の思いがそうさせたのだ。
実に素晴らしいとは思えないだろうか!?

だが素晴らしいのはクマイマジンだけでない。
契約者である本条と菊池の絆の強さも、見ていて実に気持ちがいい。
本条はほとんどの出来事を知らなかったが、
菊池は自分の願いの為に起きてしまった事件に自分なりに片をつけようと
本条を守ろうとしたあの姿は立派ではないだろうか。
先週のあのチンピラ空手家とはえらい違いだったね!


ところでクマイマジン改めキンタロス・・・ハナ様に惚れましたか!?
まぁデンライナー恒例のあの洗礼を受けてもまんざらでもなかったみたいだし
「愛の叫び」には泣けたみたいですからね。今後は一体どうなるのかな?
Posted by chronoss_shine at 17:28│Comments(0)TrackBack(0) 特撮・アニメ・マンガ 

この記事へのトラックバックURL