May 31, 2007

シフト交流会in川崎 −ゴルフシミュレータ編−

同日 21:00過ぎ ダーツバー内シミュレータ前

実を言うとお店を入る前から、このシミュレータの存在には気がついていて
凄く興味があった。もし時間が出来たら挑戦してみたいと思ってさえいた。
そしてそのチャンスがメンバーたちの休憩と共に訪れたのを確認して
いてもたってもいられなくなったハイテンションタイキは、すぐさま声をかけて
計3名でのゴルフシミュレータ挑戦を決意。
どうやらそこでは1時間マシンを貸切で4000円だったのには驚いたのだが
割り勘で何とか了承を得て、プレイ開始。
だが・・・そんなハイテンション(自称)でいられた時間もごく僅かだった。
まずこのシミュレータの担当の店員に、確認を取ってみる。

僕「僕たち初体験なんですけど、1時間で18ホールってまわれますかね?」
店員「いや・・・3人でしたら3ホールもまわれないと思いますよ。」


正直この時はゴルフって意外と時間のかかるスポーツなんだなと安易に考えていた。
店員さんが伝えたかった本当の意味を理解せずに(苦笑)
とりあえず記念すべき初ティーショットの為に、
イメージだけでドライバーを振ってみるが、全く当たる気がしない。
前に親父から聞いていた「ウッド系はアイアンより長いから当たりにくい」
本当でしたね・・・別に疑ってたわけじゃないけど。
仕方なくドライバーを諦めた僕はロングアイアンで攻めていく事にしたのだが
当然ここで感じ取った事実を知らずに観戦してるメンバーからは
ブーイングが出たものの、後に誰も文句は言えなくなる(苦笑)

それでも数十ヤードしか飛ばないって一体どゆ事!?

一方、他のメンバーはドライバーに挑戦してみるものの、
運良く当たった球も、マシン上ではわずか140ヤードしか飛んでない結果に・・・
僕たち・・・もしかしてマシンに嫌われましたか!?
とでも思わなきゃやってられない非情な仕打ち・・・
まともに語りだすとキリがないのでいくつかのポイントに絞ってみよう。

・3人は1時間で3ホールまわれなかった。
・3人中2人は全ホールギブアップになった。
(1人だけ最後の1打でカップイン成功、勿論僕ではないw)
・プライドを捨てて、ほとんどをショートアイアンでプレイした僕。
・それでも池ポチャかOBばかりな僕。(泣)
・カップイン成功した方から「お前ら下手すぎる!」と言われたが
文句を言う事が出来なかった・・・て言うかもう世の中のお父さんを馬鹿に出来ない僕。
・この結果を報告した際に、親父に満面の笑みで徹底的にからかわれた僕(滝涙)
それでも文句は・・・以下省略。
・1打だけ挑戦したSOSな方のスイングが面白かったと正直思えた僕。
勿論この方も今後はゴルファーを馬鹿に出来ないだろう・・・
何せ己の身でゴルフの難しさをたった1打で痛感したのだから。


そんな感じで僕らのゴルフ洗礼は終了。
その一方ではダーツの大会に参加してたメンバーや、
ひたすらダーツの練習をやっていたメンバーや
ゴルフを冷やかしに来ていたメンバーと別れていた状態も終わり
僕たちの飲み会もここで終了となった・・・

【結論】
→今後はゴルフも真面目に練習してみよう。て言うかまずそれ以前に基本を知ろう!

Posted by chronoss_shine at 00:02│Comments(0)TrackBack(0) 副業(サラリーマンw) 

この記事へのトラックバックURL