June 17, 2007

I am a Fatherが聴きたいなぁ…

6月17日・・・
今日は父の日という事なので、今回はちょっと我が父の話でもしてみようと思う。
と言っても過去にも何回か話題には出してるし、改めて書く必要もないかもしれないけどね。
父の日の感謝の気持ちを込めてという事で・・・

普段は仕事の都合など色々な要因もあって、基本的に家族と会話したりコミュニケーションをとる時間が
日に日にとれなくなってきているのだが、そんな中でも特にうちの親父とは全然会話とかがないんですよ。
折角顔を合わせる機会があって、話しかけてみてもテレビ大好き人間な我がファザーは
全く話を聞いてくれないし、テレビが終わったと思えば、自室でゴルフクラブを取り出し、
黙々とスイングをし出したり、最近では携帯アプリの野球ゲームにはまってるらしく、
ゲームやってるかワンセグ見てるかと、とにかく自室で1人きりの時間を過ごす事が好きな我が父だ。
でも・・・本当は自分も決して人の事は言えないんだよね(笑)
だってやる事は違ってても行動パターンが少ないのは全く同じだし(爆)

そんなこんなで気が付くと父よりも母と話す機会の方が多く、父と話す機会があっても
何か他人行儀ではないんだけど、よそよそしくなってしまうのがさりげなく悩みだったりしたのだが
今週の金曜からの仕事先が、職場に近いという事が判明し、普段の電車通勤からは離れて
父の車による便乗通勤をする事になったんだけど、いざ2人きりになってみると
朝の眠たさもあってか、益々会話が進まない・・・かと思いきや意外にも父の方から話しかけてくれるではないかっ!
その時自分は思いっきり音楽を聴いてたりしてたけど、それでも聞き逃す事なく自然に会話してたな♪
会話の内容は些細な出来事の話だったり、車から見える風景の話だったり、ホリデー渋滞に対する愚痴だったりしたけど
それでも・・・正直楽しかった。もともと会話をする事自体嫌いじゃないし、父とも仲が悪いわけじゃなく無口でもないけど
それでも普段は中々ない父の方から切り出す会話が、こんなに嬉しいものだとは思わなかった。
おかげでこの3日間の会社通勤は快適かつ爽快な気分で過ごす事が出来た。
今年22にもなる男がまさかこんな事に感動してるなんて、本人には口が裂けても恥ずかしくて言えないけど
父の日のプレゼントはちゃんと用意しておいた。残念ながら仕事で直接渡せそうにないけど
とりあえず妹には託しておいたし、17日中には何とか行き渡るだろう。

いつも父といると考えさせられる事があるんだけど、父は自分と違って積極的に行動するし
いろんな事が出来るし、とにかく様々な意味で自分とは正反対な人間だ。
そんな父を持てて誇りに思えると断言してもいい。
だけど・・・今度は自分がいつか誰かと恋をして、結婚して、子供が生まれて父親になると思うと
自分は子供に尊敬の眼差しを受ける父親になれるだろうか?
それ以前に相手の女性が見つかるかどうか分からないけど(苦笑)


Posted by chronoss_shine at 22:07│Comments(0)TrackBack(0) シリアスモード 

この記事へのトラックバックURL