July 19, 2007

たった1人の1泊2日旅行 Chapter3 「前半戦」

なかなかペースが進まないが、今回はパークインしてから
前半部分までを書くつもりでいます。

ファルコンによって脳内だけ少年化したタイキ君がまず向かった場所は
入り口から離れた偉大なる科学者ドクター・エメット・ブラウン博士の研究所のある
BTTFライドだった。実はこれUSJを訪れる際の恒例行事なんです。
どんなに混んでようと、どんなに遠かろうと、パークインしたら
向かうのはまずココ!それが1番大好きな映画に対しての礼儀みたいなものだと
自分の中ではそう思っている。それに本家ユニバーサルスタジオのあるアメリカには
このアトラクションは・・・もうない。。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

それにBTTFライド以上に盛り上がれるスパイダーマン・ザライドもある。
現にBTTFライドはアトラクションの中では最も酔いやすいという
致命的欠点がある以上、もしかするとUSJの方もいつ無くなってしまうか
分からない。そう思うとどうしてもここだけは欠かす訳にはいかない。
だからとはいえ何回も乗らないけどね・・・ゴ━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━━ルァ!!

それからは掲示板の待ち時間や気分次第で動いたね。
目の前で何かしらショーをやってれば、ある程度客を煽ってから通り過ぎたし
1年ぶりのジュラに挑戦もしてみたけど、やっぱ気持ち悪い。特に昇る所が・・・
後は毎回欠かさないお勧めアトラクション「ウォーターワールド」にも行ってきた。
無論わざと負けて中央で公開処刑という名のネタ作りをしようとしたら
先に変な外国人軍団に次々と美味しい所を持っていかれる(笑)
彼らは自ら水をかぶりに行くのは勿論、保安官に反撃を仕掛けたり
客席のメンバー全員を煽り、まるでショーの主役は彼らなんじゃないかと
思えても可笑しくないほどの目立ちっぷりに、保安官もやり難かっただろうなぁ・・・
見てる分にはめっちゃ面白いんだけどねぇ。って感心してどうするっ!


その後は段々アトラクションが空いてきた事もあって、
ひたすらスパイダーマンをループしまくってパレードの時間まで潰してた。
ある程度時間も経過して、場所取りの為に移動した際に
シュレックのパレードに遭遇。そしてその時に異変が発生。
どうやら大人なタイキが戻ってきたようでしんどさと空しさに同時に襲われる。
もはや「パレード見たら真っ直ぐホテルに帰ろうかなぁ」と思い始めていた僕。
果たしてこの後一体どうなってしまうのかっ!


Posted by chronoss_shine at 00:04│Comments(0)TrackBack(0) シリアスモード 

この記事へのトラックバックURL