August 29, 2007

初体験!でも何だか息苦しい・・・

8月28日・・・

今日は生まれて初めて脳神経外科という場所に行ってきた。

きっかけは先週の金曜に突然の右足の感覚がなくなって倒れた事だったんだけど

その際に微妙ながらも右半身全体の力が入らないような感じもしていたので

ずっと気になっていたんだ・・・



という訳で早速行ってきた感想だけど、MRIとは無縁とはいえ

まさかあんな場所で「被爆」という言葉を聞く事になるとは思わなかった。

(MRIは磁気が発生するが、黒い三角形が3つつくアレ関係のものはない)



最初は症状説明を先生にして、それから検査準備の為に1時間半ほど

近くのネットカフェでニコ動見て笑いながら時間をつぶす。

それからはあっという間に検査となり、いざMRIに入ってみたんだけど

CTもそうだけど、ありゃ閉所恐怖症には確かにきついわな(父はまさにそれ)

正直自分も15分ほどとはいえ、息苦しくなったしね・・・



でも個人的に問題だったのは、検査中に響く音だった。

病院サイドは「工事現場のような大きい音が鳴り響くが気にしないように」

と言ってはいたが、そんな事はどうでもいい。

問題はその音を聞いてる内に段々ちょっとしたリズムを刻んでるように

聞こえてくるのだ。
もともとじっとしてる事が苦手な自分としては

そんなビート(違)が響こうものなら、無意識に乗りたくなってしまうのよ(病気)



危うく踊りだす寸前で無事に検査が終了し、診断結果を受けたところ・・・

「脳は問題ないが、ちょっと心臓が怪しい」との事。

という訳で近日再検査を受ける事になり、今回はMRI検査代の7500円の大出費で

本日の診察は終了。支払い直後は流石に財布が寒くなったのはショックだったけど

安心感を手に入れる事が出来たし、今回の出費は後悔しませんね。



今回は最悪、脳に問題があった場合とてもじゃないがケチってる場合ではなかったし

今後の人生に大きく影響を受ける事だから、むしろ後悔どころじゃない。

診察を受けるまでの間は自分の中で「生命の危機」を認識してたわけだし。

それに仕事柄いくら年が若いとはいえ、問題があってもおかしくないのだ。



皆さんもどうか自分の身体に気をつけて、そして今、自分が生きていられる事に

心から感謝しないといけませんね!



Posted by chronoss_shine at 00:00│Comments(0)TrackBack(0) シリアスモード 

この記事へのトラックバックURL