September 07, 2008

絶好調タイキ VS 本気モードのK氏

あまり時間がなかったとはいえ、折角調子いい時に
このまま家に帰るのもなんだったから、
K氏とタイマンバトルを1戦だけやってきた。
普段から対人戦のいい練習相手になってもらっているのだが
今回のバトルは個人的に大きな意味を持つ。
昨日、彼の見事な走りを見た上での勝負・・・
新たな目標が出来てからの対人戦・・・
密かに緊張感を抱いていたこの時、K氏は俺にこう言った。

「俺が手を抜いてたなんて心外だな。○○さん相手に手は抜きません」

との事・・・えぇ〜っ!?じゃあ昨日のあの走りは一体何だったんだと
思ったがK氏の話によると、確かにあの時も全力出していたけど
まさか粘れるとは思ってなかったとの事らしい・・・

つまり、K氏的には俺はもう同じ位のレベルだと言うのだ。
ならばそれを実戦にて確認するまでだった。

ステージは大阪、車はお互いにR34(いつもの条件と一緒)
ブーストハンデ付きとはいえ、俺にはそんなの関係ない。
常に全力で走り抜けるだけの事だ。

勝負はどちらが勝ってもおかしくなかった。
詳細を言えば僅かに俺が勝っていたのだが、
厳しい赤コーナーや黄色コーナーで見事なコーナリングをかまし
一時は俺を抜き去った事もあった。
だが今回は俺もしつこく粘り、頑張って付いて行き
最終的にはK氏に・・・勝った。

でも、まだこれで終わりじゃない。
俺にはまだコース全てを把握し切れてないし、
車自体も820馬力まで到達してない上に、彼のカードの方が
馬力は下だったんだから・・・
まぁハンデ付けた時点で関係ないとも言えるけどね。

そんな俺にまるで戦利品を渡すかの如く、K氏は1枚の廃車カードを
くれました。それは・・・前から欲しかったR32だった。

正直新たな車を手に入れた事への喜びのあまり
ゲーセン内を駆け回りたくなったのはここだけの話だwww

Posted by chronoss_shine at 00:52│Comments(0)TrackBack(0) 湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE 

この記事へのトラックバックURL