October 20, 2008

人材活用委員会(前編)

高卒として就職して5年目になった今年・・・
俺は先日初めて取締役クラスの人間と対話する事になった。
キッカケは部長から、うちの会社の人材活用委員会のメンバーが
シフト勤務者の現状をヒアリングしたいという話があり
有無を言わさず、うちの部署代表として指名された事だった。

最初は本来夕方からの勤務だったのに
そのせいで早出する羽目になった事でかなり嫌だったけど
今思えばこれはこれで良かったかもしれないと思ってる。

よく考えたら、上の人間に現状を伝える事で
待遇がよくなるかもしれないし、もしかしたら自分の事を
覚えてもらえるかもしれない・・・まぁどれも「かも」だけどね。

この仕事について最初は自分の事が精一杯だったし
あまり今の仕事について考えようとは思わなかった。
だけどシフトチーフになり、更にオペレータ管理者になって
様々な見方・考え方を知る事で、やるべき事が見えてきたのだから
出来る限りの事を俺はやるべきなんだと思い
今の現状に甘える事なくそれ以上の環境をつくっていく事が大事だと
俺は目標を掲げ自分なりに動いているつもりだ。

少なくともその事を会社に伝える事ができるチャンスである事は
確かな訳だし、会話好きかつ接客とは違うが
顧客と話をする機会が多い俺にはヒアリング自体は苦でもないし
緊張もしていなかった。それ以上に使命感とまではいかないけど
シフトの環境を変えたいという思いがあったんだ。

実力者である先輩方が抜けた事による、スキルレベルの低下。
その反面、むしろ厳しくなるトラブルの数々。
そして今の自分の立場が、黙っている訳にはいかなかった。
ある意味、オペレータから上層部への「反撃」でもあるのだから・・・


Posted by chronoss_shine at 17:46│Comments(0)TrackBack(0) 副業(サラリーマンw) 

この記事へのトラックバックURL