October 21, 2008

食べ物の恨みは恐ろしい・・・

実にそう思える時がある。ちなみに自分はついこの間までは
恨まれる側だったんだけど、先日恨む側の気持ちを知りました。

キッカケは仕事からあがって近くのマックで食事をする事になって
その時の話なんだけど、そん時に居たメンバーがK氏と
同僚Iの計3人だったんだけど、注文で悩んでいた俺が
最後になった事から、この悲劇は起きてしまった。

まぁ簡単に話してしまうと、同僚Iが最後のベーコンポテトパイを
購入してしまい、俺が食えなくなった事だ。

その時のショックを俺は忘れない。

まずその場で急に店員に対する対応が悪くなる。
次に最後に1個を買った同僚Iと何も知らないK氏のいる
テーブルを徹底的に睨み付ける。
そして最後に同僚Iが買った事を再確認して、お盆で殴打。


冷静に考えれば完全な八つ当たりなんだが
それだけ悔しかった事は確かな話だ。
もしここで多少だが理性や自制心が働かなかったら
間違いなく上記内容をフルパワーでやっていた事だろう。
だが・・・話はこれでは終わらない。
むしろここからが話が面白くなってくる。
このままではただの暴走極悪日記だが
ここからは180度ひっくり返ります。


その後、俺の不機嫌及び暴走の真相を知った同僚Iは
哀れみを感じたのか、ベーコンポテトパイを譲ってくれた。
それを遠慮なくかぶりつく、暴走野郎タイキ(苦笑)
そしてここまでを冷静に眺めていたK氏から一言・・・

「あれ?○○さん、嬉しそうに食べてますね。」
ここでようやく冷静になる俺・・・
そしてさっきまでの暴走に対する罪悪感以上に
ポーカーフェース以前に表情を隠せてない自分に恥ずかしくなる。
そこにすかさず突っ込んでくる両名。
「あれ?○○さんひょっとして照れてます?」
図星だから突っ込むな。
「ホント嬉しそうな顔して食べてるよ・・・」
仕方ないだろ好物なんだから・・・

そしてここからK氏のコメントが更に俺を追い詰める。
「それにしても、○○さんは本当に好きなんだねコレ。
食べる時いつもこんな嬉しそうな表情で食べてるし。」
何気に俺を観察するな・・・

それを聞いて思いっきり笑い出す同僚I。
恥ずかしくなって、いつものペースで食事できない俺。
それを見て今度はK氏も笑い出す。
(て言うかコレを書いてる今も俺が思い出し笑いwww)

とりあえずあの場を「し、終電があるから帰るねっ!」と言い訳して
脱出したのは良かったが、今思えば前にも似たような事があった。

その時もある理由で思いっきり笑い泣きしたんだが
それを目撃されたのもあの2人だったな・・・
今後は気をつけよう・・・だけどネタとして暫くは語り継がれるだろうorz
Posted by chronoss_shine at 01:00│Comments(0)TrackBack(0) 副業(サラリーマンw) | ネタ・暴走系

この記事へのトラックバックURL