December 19, 2012

不安広がる現実、僅かに生まれる希望

先日、今年の始めに結婚していた妹から、子供が出来たとの連絡を受けた。
正直結婚してしばらくは夫婦生活を満喫するのではなんて思っていたけれど
まさか早くも子供が出来て、妹が母親になろうとしている事に結構驚いた。
しかもそれって自分が伯父になるって事なんだよね・・・まぁそんな事はどうだっていいんだけど。

あくまで自分の事ではないとはいえ、めでたいニュースである事に変わりはないから
兄として凄く嬉しいし、気分も良い。
しかし、何度も書くように個人的レベルではロクでもない事ばかりだ。
仕事面では、無茶苦茶な体制でモチベーションは下がっていく一方だし
プライベート面でも問題は山積みだ(むしろ現在進行形でかなり重くのしかかってる)

だけど、希望が生まれた。間接的だけど、些細な出来事だけど、俺にとっては小さな希望になった。
待ちに待った希望がようやく出来たんだ。


世の中、2012年にマヤ文明の預言では”人類滅亡説”なんて唱えられてるけど
正直に言うと、滅んでもいいかななんて思った時もある。
むしろ滅んでしまえなんて過激な思想を抱いた事だってある。
勘違いしないでほしいが、死ぬのは勿論怖いし、このまま死にたくはない。
だけどこれから世の中や自分がどうなっていくのか全く分からないし
皆死んでしまうのだったらそれは仕方ないのかななんて思ったりする時がある。

でも今は違う。妹の子供が生まれるまで決して俺は死ねないなと思ってる。
子供が生まれたら、今度はその子が大きくなるのが見たい。
なんかまるで自分が父親のような気持ちに勝手になっているけど、
これから頑張れる理由としては、充分だよね!?

それにしても台無しにするようであれだけど、会社外にいる時は頑張ろうと思えるんだけど
いざ仕事に入ると、そう思えなくなる自分と環境と現実が嫌になる!

Posted by chronoss_shine at 00:50│Comments(0)TrackBack(0) シリアスモード 

この記事へのトラックバックURL