February 02, 2014

劇場版公開より1週間が経過したが・・・(一応ネタバレ注意?)

また観に行ってきたよアイマス。
しかも夜勤明けで昨日1回、そしてファーストデー+2週目特典狙いで1回でもう3回見ちゃってます(^∀^)
(しかもこの3回で地元神奈川県の映画館完全制覇!)
だけど初回と違って鑑賞の際に変化が起きたんだ。
それはクライマックスのライブシーンで涙腺崩壊が抑えられなくなった事(滝涙)
て言うかアリーナ下見段階でかなりやられてたりする。

冷静に分析してみたんだが、初回はアリーナ登場シーンの時、7thライブの事を思い出して
その興奮が何だかんだで強かった事・そして友人の前で涙は流せないなんて潜在意識があったのかな?
理解者サイドだから決してからかったりする奴じゃないって分かってるんだけどね・・・
後はシナリオそのものだろうな。そしてとどめをさすように流れるM@STERPIECE。
CDで聴いてる時はそこまで感情が溢れてくる事なんてなかったのに
映画館で観てる時はもうボロボロ涙が止まらない。嗚咽こそ抑えたものの鼻すすりがひどくなって
周囲の皆さんに迷惑になってなければよかったんだけど(苦笑)
本編での苦悩とアニマスを振り返るともうねぇ・・・。・゚(゚`Д)゙
さて今回は2回目の感想だし、もう少し具体的に語ってしまおうかな!?

2回目以降は各登場人物の心境を意識して観るようにしてたんだけど
個人的に1番劇中でアリーナライブに対して不安を持っていたのは志保だったんじゃないかな?
一見ミリマス組の中では実力者側の人間で、クールかつストイックにベストを尽くして
ライブを成功させたいと思ってる。しかしスクール組の実力差が激しく少しでも追いつかなければいけないのに
一向に結果を出せないどころか”事件”が起きてしまった。
にもかかわらずリーダーの春香の考えが理解できず、更に悩みを深めてしまっていく。
て言うか”事件”が起こる前から密かに少しずつだが誰よりも不安だったのではないだろうか?
単純に観ると不穏な空気を作り出してしまったメンバーと見えてしまうが
あれは貴音の言葉を借りれば、心の乱れによって不安が爆発してしまった結果のように思える。
それは後に美希によって多少見透かされてたようだけど・・・もっとも美希は成長したとはいえ
基本マイペースは変わらないから、逆に物事がしっかり見えてたのかもね。
(まぁ空気が読めないって事は流石にないっしょ!)

まぁ自分勝手に色々考察しちゃったけど、ネット上では本来の志保は
こんなキャラじゃないって声が結構あるみたいだね。まぁミリマスは初めてちょっとで一旦止めちゃってたから
本来どんな子なのかじっくり確認してみようと思う。
何か書いてる内に色々語りたくなってきたから、一旦ここで区切る事にしよう・・・

Posted by chronoss_shine at 02:26│Comments(0)TrackBack(0) アイドルマスター | シリアスモード

この記事へのトラックバックURL