October 16, 2014

アイマス9thTOKYOの感想・・・のはずが

本来の予定ではムビマス発売日に書くつもりだったが、思ったより夜勤疲労が激しく
まさかの1週間遅れの更新になってしまった(苦笑)
ムビマスショックもあり、細かい部分については多少記憶が薄れつつあるが
改めて感想を書いてみたいと思う。

今回は予算やスケジュール事情もあり、東京のみの参加だったけど
9thも熱いライブになったのは前回にも書いた通りだ。
2日間でセットリストを変えてきた事もあり、元々ありえないがだらける事もなく楽しめた。
そういえば前にも書いたが、今回の9thTOKYOは2日間共にSSA以上の長時間ライブとなった訳だが
我ながらよくここ最近の体力低下及びコンディションの悪さで休憩なしで乗り切れたものだ。
正直言うと1日目は映画館内のクーラーの効き過ぎかあるいはこまめな水分補給の影響か
腹痛に襲われる事が何回かあったんだけど、最後まで気力で乗り切ってやったわ!

まず”原点回帰”を意識したライブになってたように個人的には思える。
この2日間でアケマス時代の曲が結構セットリストに入ってたから
アケマスデビューした身としては非常に嬉しいチョイス。
しかもこれからムビマスが発売されるという時期に原点を振り返る時が個人的にもあっただけに
この9年間、離れてた時期もあったとはいえこの9年間の間、自分の身近にアイマスがあったんだなって思えた。
だけど当時はまさかアイドルマスターがゲーセンから家庭ゲーム機に移行する事すら予想してなかったし
それがアニメ化して映画化してソーシャルゲーにまで発展するなんてねぇ・・・
来年にはモバマスもアニメ化するし本当に凄い。
俺の原点は夜勤明けの寝ぼけ途中下車だったんだよなぁ〜
もしあの時寝ぼけたり途中下車してなかったら、ゲーセン通いしてなかったら
この9年間はどうやって過ごしてたんだろうとか考えられないもんね!
・・・っと脱線していきそうだから、話を戻すが今回は原点回帰と同じように
SSAやモバマス・ミリマス1stライブでも感じた”未来に向かって歩んでいく”姿も同じ位に感じられるライブだった。
あと特に心に響いたのは2日目最後のえりりん(天海春香役、中村 繪里子)のコメントだろう。
と言っても一言一句覚えてるわけじゃないけど確か・・・

プロデュース(応援)の仕方は人それぞれだけど、内容は何でもいい。これからも皆が居てくれれば!

嬉しかった。そして同じ位驚いた。まさかこんな風に言ってもらえるなんて思わなかったし、
何気に気になってた部分なだけに、またしても救われたような気がしてならなかった。
アイマスに出会ったのは稼動直後のアケマスだから9年前・・・
キャリアだけ言えば古参と言えるのかもしれないが、実際アイマスを応援するにあたって
自分がやってきた事なんて、こうしてブログにゲーム記録やライブ感想を書いたり
カラオケで歌ってみたり、オフ会に参加する位しかしてない。
数多く居るPの皆さんに比べたら、ぶっちゃけ誰でも出来る事をやってるだけと言われてもおかしくない。
ニコマスを作ったりSS書いたり、アイドルたちの絵を書いてみたり出来る訳じゃない。
内心まだ自分に出来る事はあるんじゃないかって思う事もあったのは確かだし。
だけどさ・・・それでも良いんだって言ってくれたんだよね。
アイマスから離れる?そんな事あるわけないじゃん!
何度も救われてるし、アイマスがあったからこそ今の自分がある。
アイマスが切欠に広がったものだってある。だから自分はこれからもPでいる。あり続ける!
そして来年、改めて胸を張って言おう・・・

「那賀タイキ、趣味・特技アイマスです!」ってね。

Posted by chronoss_shine at 23:06│Comments(0)TrackBack(0) アイドルマスター | シリアスモード

この記事へのトラックバックURL