July 23, 2015

タイキP、最高の2日間を求めて(最後は番外編)

アイマス10thライブの準備に今年最も注意・準備を重ねてきたわけだが
最終的には帰宅後に熱中症で倒れるというオチが待っていたタイキP。
だが自分のエピソードはコレだけでは終わらない。
思えばこの時からタイキPは変な事になっていたのかもしれないw


1.タイキP、痛恨のミス
これは1日目の朝の話・・・
自宅から一旦ホテルに向かい、荷物を軽量化して西武ドームへ向かっていた特急列車での出来事。
Twitterをチェックしつつ、あまりの物販列の混雑振りに1日目の名刺大交換会に間に合わなくなる事が
想定できた為、無念の思いでカバンから名刺ケースを出してみたところ、
そこに入ってたのは、P名刺ではなくリアル名刺(つまり本名入り副業名刺!)
どっちにしろ名刺交換会には行ける筈もないww(旧パターン名刺は30枚位は残ってた。)
2日目はちゃんと正しい名刺セットを持っていきました。

2.タイキP、今度はヒヤリハット
今度は1日目ライブ終了直後の話・・・
規制退場の為、荷物やゴミを整理してちゃんとゴミは捨てて帰ろうと
意識がそちらに向かいすぎて、アリーナエリアを脱出する寸前まで
ミニショルダーバッグを座席に放置したままな事実に気付かずwww

しかし、隣にいた高校生Pグループの1人であるリボンPさんがバッグの存在に気付き
遺失物コーナーに届け出てくれていた。
しかもその遺失物コーナーは、自分が捨てようとしてたゴミ捨て場の隣にあり
もしゴミを捨てる意識を持たず、放置などしていたら・・・
荷物の紛失に気付くのは大幅に遅れてしまっていただろう。
幸いそのバッグには大した物は入れていなかった・・・はずだったのだが
3DSセット(本体、ファイアーエムブレムif、どうぶつの森、ラブプラス、スパロボUX)が入っており
危うくとんでもない損失をするところだった。我ながらドジにも程がある(苦笑)
※後にその高校生グループにお礼及びお詫びのツイートをしたのは言うまでもない。

3.タイキP、偶然の出会いが重なる。
・1日目の場合

帰りの電車にて何の約束もしていないのに、大混雑の電車内にて
飲みM@Sメンバーのけそんぷ氏と出会う。

・2日目の場合
ライブ途中の休憩タイムにて全力疾走でトイレ行列に並んだタイキP
しかし自分の前に並んでいた人物が、まさかの副業の元同僚だった事に気付く!
正直「お久しぶりです」と声をかけるべきかどうか悩んだけど
相手が気付いてるようには見えず、仮に声をかけてうっかり本名で呼ばれるのは
何となく拙かったので、そのまま列を抜けて別のトイレに移動しました。
向こうが気づいていたのか未だに気になる・・・

4.タイキP、迷子になりかける
2日目の午前中の話、前述の名刺交換会に向かおうとしたところ、場所が分かりにくく
途方に暮れていた所、幹事の1人である、ぷる〜ぬすPさんに保護される。
一瞬2人揃って道を間違えるなんて出来事もあったが、集合場所までの移動の間
会話も弾み、緊張感をほぐす事もできた。
※ここでも名刺交換会の場で改めて御礼と共に名刺を交換させていただきました。
5.念入りに用意した熱中症対策グッズ

・水分補給編
飲みM@S時を除いては、基本的には水+スポドリパウダーの即席スポドリか
ソルティライチばかり飲んでいたけど、これが効果的だったのか喉の渇きに苦しむ機会は最小限で済んだ。
飲みM@S以降はほぼコーラだったけどねw

・栄養ドリンク
普段風邪になりかけた時とかに飲むここぞのドリンクを数本持参。
その結果体力的には意外と持った。

・塩分補給
レモン味のタブレットを用意した。昔のヨーグレットを思い出して美味しかった。

・扇子
100円均一で購入したものを使用。+現地で貰った紙団扇で心地よい風は確保。

・帽子
765プロ仕様の帽子を装備して行動。やっぱ帽子あるのとないのでは全然違うね。
当日は雨が降った時間帯もあったし・・・

・ホテル
去年と違い、安価なネカフェやカプセルではなく、しっかりホテルを取った。
おかげで荷物は軽量化できたけど、規制退場・西武鉄道の悪夢の影響で
結果的にチェックインは深夜となり、ほぼ寝に帰るだけになってしまった。
そういう意味ではお金が勿体なかった様な気がするけど、逆に取ってなかったら
宿なんか取れなかっただろうし、家にも帰れなかっただろう・・・

・熱冷ましシート
額に張る分には問題ないが、首や背中は張ってもすぐに剥がれるから駄目だね(苦笑)

・冷感スプレー
→服に吹きかけるだけで、ひんやり出来るのだが、これが予想以上に効果的。
暑さ以上にスースー感がいい意味でやばかった!

・サングラス
格好次第では不審者の出来上がりとなるが、熱中症対策としてはこちらも地味に効果アリだと思う。

おかげで対策グッズだけでかなりの重装備となったが、用意できた事そのものは後悔していない。


思い出したら、また追加で書いてみるつもりw
Posted by chronoss_shine at 16:00│Comments(0)TrackBack(0) アイドルマスター 

この記事へのトラックバックURL