September 13, 2015

タイキ・スプライト・Vorfトリオ、久々に集結!(大河原邦男展)

20150913 011

20150913 010

2015年7月12日・・・
朝10時に上野駅で待ち合わせし、ほぼ時間通りにタイキ・Vorf氏・スプライト君の3人が久々に集結。
目的は上野の森美術館で開催されてた大河原邦男展に行くためだ。
うちの同僚達も行ってきて結構楽しかったとの事もあり(お土産も貰えました。)
前から興味があったタイキが2人に声をかけて実現した。

早速当日券を購入して、中に入ると音声ガイド(有料でプレーヤー貸出)あったんだけど
1人だけ聴いてもしょうがないから今回は見送ったんだけど、今はガイドあっても良かったかなと
思い始めてる(苦笑)
展示の流れとしては、大河原氏の作品を歴史を振り返りつつ見ていく一方通行型になっていて
序盤の70年代コーナーでは戦闘機のデザイン画が多かった事もあり、戦闘機に興味のある
スプライト君が熱心に見てたのが印象的だった。
後半に入るとガンダム・ボトムズ・レイズナーなどリアルロボットのデザイン画が展示されていたんだけど
個人的には最終案よりも没案になったデザインの方が好きだなと思える作品もあった。
3人揃って食いついてみてたのは、やっぱりファーストガンダムコーナーと
ボトムズのスコープドッグだった気がする。(タイキはスコープドッグが見たくてここに来た。)

一通り見終わって思った感想としては、様々な作品に携わっているんだけど
不思議とリアル仕様のデザインや子供向けの玩具等のコミカルな作品を
バランス良く製作されていて、展示を見ていく身としては、珍しく退屈する事もなく
ゆっくり時間をかけて楽しく見る事が出来た。まさか午前中きっちり時間をかけて見る事になるとは
想定してなかったけどまぁ嬉しい誤算だとしておこうw

Posted by chronoss_shine at 21:00│Comments(0)TrackBack(0) シリアスモード | 特撮・アニメ・マンガ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/chronoss_shine/51919808