March 11, 2016

タイキなりに3.11を振り返ってみる

2016年3月11日・・・
今日であの東日本大震災から5年が経った。
タイキ自身や周囲の皆がこの震災で、何か大きな被害を受けたとかいう話はない。
いや、幸運にもなかったと言うべきなのかもしれない・・・

今から5年前のあの日、タイキは朝から夕方までのいわゆる定時勤務中だった。
しかもあの地震が来る約30分前まで、防災訓練を行っていたのにもかかわらず
現実にそれが起きた時には、結局何も活かされなかった。
職場から従業員を避難させるどころか、業務確認を優先させられ
全てが終わった頃には、既に夜を迎えてしまっていた。
その間にやっていた事と言えば、職場のエレベータを停止させたくらいだと人づてに聞いたのだが
当然そんな事態になった事に、上層部はご立腹だったのは言うまでもなく
色々と後日問題になったらしいのだが、あの時には誰もそのような事は気にしていなかった。

帰宅する為のルートが全て地震によって使えなくなり
帰宅難民どころか職場から出る事もできず、普段から”陸の孤島”と呼びつつある場所で
翌日に誕生日を迎える事になってた元同僚を複雑な心境ながらも祝い
深夜はほとんど寝て過ごした。(とても業務なんて出来る状態ではなかったが、無人には出来ない)

3月12日・・・
幸い電話が使えた事や職場近くの高速道路が使えた(しかしその後一時封鎖されたらしい)事から
父が自分を迎えに来てくれて、帰宅する事ができたんだけど・・・
それから約2〜3週間、地元の鉄道が復旧できなかった事もあり
自宅待機としての時間が過ぎていく事になった。そしてこの時、初めてこの大震災の実態を知る事となる。
職場にいる間はテレビもなければネットも繋がらないから、「ヤバイ地震が起きた!」とは思っても
地元や顧客への連絡は問題なくとれた事から、それほど深刻な事にはなっていないんじゃないかなんて
今思えば何てお気楽な事を考えていたものだろうか・・・

しかし帰宅してみると、昨日までのありふれた”日常”は存在していなかった。
テレビをつければ東北地方を襲ったあの猛威の爪跡が、あるいはまさにその猛威を振るう瞬間の映像が
そして遠く離れた自分達のところでも、その影響を受けている場所がある事を知る。
あの1日であっという間に”日常”が崩壊した事に対する不安・恐怖が強く襲ったのは未だに忘れられない。
だがそれだけじゃない、うちの母方の親族は皆、東北に住んでいるのだ。
自分達の知ってる人が、あの場でどうなってしまったのかが全く分からない。
心を落ち着けたくても、電気を使うPCやゲーム・音楽を聴く等をやる気にはなれず
本を手に取ってみても、とても読書に集中できる心境ではなかった。

数日後、親族の全員が無事だったとの連絡がうちの家族にも伝わった。
何て幸運だった事だろうか・・・どんな知らせが来てもおかしくないこの状況で
誰もが望んでいた答えが返ってきたのだから。
だがタイキの不安や恐怖が拭えたわけではない。
相変わらず職場復帰は出来ないどころか、どこか遠くへ外出できる状況でもない。
タイキが好む娯楽だって今は楽しむ空気でもないし、する気にもなれない。
だけどこのまま何もせずにじっとしている事も到底出来ない。
最初は誰かの役に立てる事はないかなんて考えた時もあった。
だがよくよく考えてみれば、結局それは自分に言い聞かす為のただの方便でしかないと思えて
”自分に出来る事なんてたかが知れてるが、まずは出来る事をやってみよう”という簡単な結論を出すのに
無駄な時間を使ってた気がする。

まず家事手伝いは出来る限りやってみた。家族と共に買い物にも行ったし
仕事に使ってる車のガソリンを入れに行ったりとかもした。
(震災直後はガソリンを入れるのにも長蛇の列で、何時間かかる覚悟を決めなきゃいけなかった。)
次に自分に出来る事と言えば、”皆と話をする”事だった。
自分の仕事柄、帰宅が深夜になったり、夜勤で入れ違いになったりと
なかなか面と向かって話をする機会が取れていない事もあった。
そして自分の周りからもしかしたら皆いなくなってしまうかもしれないという
恐怖を振り払うには最適な方法だと思えたから・・・
取り留めのない話だったり、過去の話だったり色々としたけれど
震災自体の話や愚痴に繋がる話だけは意図的に避けてた気がする。

震災から数週間が経過して、鉄道が復活した事でようやく職場への復帰も果たした。
その日は夜勤だったんだけど、”陸の孤島”に向かう送迎バスから見える風景は
まるで深い闇の奥へと連れて行かれるような錯覚を感じた。
実際は普段点灯している電灯が計画停電などで使えなくて消灯してただけなんだけど
この時には改めて日常生活に電気が存在する事に改めて感謝した。


あれから5年・・・
少なくともタイキの周囲には日常が戻ってきている。
だが3.11でありふれた日常の大切さや有難みを感じる事ができたし
自分だけじゃなくこの日本で生きる皆がそれぞれ何か得たものがあるはずだろう。
未だに地震に対する恐怖も心身に刻まれているけれど
あの出来事で得た事感じた事を大切にして、これからも頑張って生きていこうと思う。
Posted by chronoss_shine at 14:46│Comments(0)TrackBack(0) シリアスモード 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/chronoss_shine/51944947