September 21, 2016

タイキP、今回は飲みM@Sについて語ってみる

ドモデス!ネットで飲みM@Sを検索すると、公式のご案内とこの「オフ平穏」が
ヒットする事実に驚きを隠せなかったりしているタイキですw今回のお話は・・・

−前回のあらすじ−

神楽さん「今回飲みM@S参加された方は、飲みM@Sに関する感想・要望を
    DMでもいいので教えてください。」

タイキP「分かりました。それじゃあタイキは、”オフ平穏”で回答します」

参加者一同「!?」

神楽さん「無理に書かんでいいのよ(苦笑)」



という訳で今回は飲みM@Sについて書いてみようと思う。
改めて書くけど、飲みM@Sはもうすぐ2周年を迎えるとの事・・・
(一方でタイキの参加は2015年2月からで、参加歴は1.5年といった所。)
まず特徴をいくつか挙げてみると・・・

・月一の割合で定期的に集まれている事。
※参加者は数人の時もあれば20人以上集まる事もある。

・比率上少ないが、女性Pも参加している。(その上で孤立させる事なく、フォローも徹底してる)

・非公式な飲みM@Sも小規模ながら開催。(ただ飲みたいだけなのかもしれないけどw)

・常連者の中で、派生としてBBQやカラオケ等のイベントを開催する等、かなりアクティブ。
(個人的には参加したいけど、未だタイミング合わず参加できてない)

・LINEを活用してライブチケットを確保・分配。

・多趣味な参加者が多く、LINEグループでも様々な「飲みM@S○○部」が存在。
(タイキは、デレステ部・グラ部る・カラオケ部に参加。)

・開催は神田・秋葉原エリアなのに、様々な都道府県から参加
(そのまま2次会やネカフェで泊まり込む方もいた)

・1度だけ大規模打ち上げオフの開催経験あり
(アイマス10thライブ後の打ち上げ、地方遠征者も多数参加)


これだけでも充分凄い事だと思うよ。他にも特徴あるかもしれないけど
僅か2年足らずでこれだけの形を作り上げる事は
なかなか出来ない事だと少なくとも自分には思える。
もっとも自分が世間を知らないだけなのかもしれないが
実績あるアイマスオフの1つになってるのは確かだ。
さて、ここからは飲みM@Sの背景に関わらず、タイキの願望を含めた要望をいくつか書いてみようと思う。
(変えないでほしい所も書いていくつもり)

・開催場所、参加費について
これについては、十分に満足しているので、大幅な規模拡大でも起きない限りは
このまま変わらなくていいと思う。立地的に2次会場探すのも楽だし
様々な所へのアクセスもそんなに悪くないので。
費用も実際やろうとすると、今の設定よりもう少し値が張ってしまいがちなので
何かのネタ等でお店を選定するケースとかじゃない限りは、今のままでいてほしい。

・ご新規さんについて
恐らく今後のシンデレラSSA・ミリオン4th武道館・最近では台湾遠征の話もあり
多くのご新規さんが参加される事が予想できる。
そんな中で、利点でもあり危惧点と言うべきか飲みM@Sの場合、常連者の参加が多く
つい自己紹介などが疎かになりがちで、幹事によるフォロー等の負担が大きくなる傾向が見える。
しかし、限られた時間で大人数参加する飲みM@Sで自己紹介を行うには少々厳しいのも現実。

そこで以前くぎゅさんが幹事として行っていた自己紹介シートの復活を希望します。
ただくぎゅさんの時みたいに、現地で紙媒体での記載は運営・参加者共に負担がかかるので
Twiplaのコメントに簡潔ながら記載してもらうのはどうでしょうか?
(TwiPlaのオフ会案内ではよく見かけるパターンですが)

・幹事力(参謀と言うべきか?)育成について
名前通り、幹事をサポートできる要員(参謀ポジ)がもう何人か居た方が
様々なイベントが出来るようになって、もっと面白くなるんじゃないかなと個人的には思ってます。
そういう意味では、現在前向きに動き出してる猛蔵さんには期待しています。
自分も出来る限りの事はしたいのですが、副業との調整もあって
常に参加を保障できる立場ではありませんので・・・

といった感じですかね。なので個人的には実はそんなに不満はなかったりするのですが
飲みM@Sをどのような方向へ進めていきたいのかを把握し切れてない身で言えるのは
ここまでかなと思っています。
Posted by chronoss_shine at 14:00│Comments(0)TrackBack(0) 飲みM@S 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/chronoss_shine/51970757