March 01, 2017

タイキP、飲みM@Sカラオケ部Twiplaデビューを見届ける(ただの0次会w)

2017年2月26日・・・
この日は2月度飲みM@S開催日であり、そしてタイキも所属してる
飲みM@Sカラオケ部による0次会が行われたのだが、今回は初めてカラオケ部単体で
Twiplaを用いてメンバー集めを行い、1つの独立サークルとしての活動が開始した。
今回自分も含めて10人以上は集まってくれており(カラオケ単体参加者もいた)
一応発足の言い出しっぺである自分としては、何だか嬉しい気分である。
言い出しっぺなだけで、特に何もしてないけどね(企画等のブレーンを目指してみるか?)

ここからは当日の話に戻るとして・・・今回電車遅延の影響で少しだけ遅刻してしまったのだが
来た時にはもうバンバン曲が入ってて、どの曲からこの輪に入っていこうか正直悩んだ(苦笑)
しかも2ndライブ直後という事もあり、SideMの選曲が多かったから
2nd行けなかった(+行けなかった原因となった副業も当日散々だった)事を思い出して
若干凹みつつあったのは今だから言える話w

それにしても改めて選曲や参加者の層を考えると、
どうしてもシンデレラやSideM寄りになりがちになるようで
何だか少し寂しかったので、タイキの選曲は765プロ(AS・ミリオン)でいってみた。
まずは原点回帰という意味で、relations(個人的には千早ソロVerが好き)
次にスパロボΩにキサラギ参戦記念で、arcadia
このまま隣に・・・を入れようかと思ったが、空気的にそんな感じではなかったので
ミリオンに切り替えて、ShootingStarsを選曲。
(正直BlueSynphonyかPersonaVoiceで悩んだ、今思えば鳥籠で騎士団の誓いやってもよかったな)

ここからはカラオケオフ全体をタイキ視点で振り返った感想に入るのだが
まず幹事の段取り力としては、皆も言ってたけど初めてにしては
悪くない出来ではなかったと思ってる。しかしまだまだ場の流れを
完全に掌握しきってはいなかったようなので、今後の成長に期待したいところ。

それと褒められる要素としては、カラオケオフの中でフリートークタイムを導入した事。
実はこれなかなか出来そうで難しいんだよね。
理由その1.参加者は歌い(あるいはコール)に来てるから、1曲でも多くやりたい思いのはず。
理由その2.フリートークタイムは、コミュ障寄りメンバーが集まってしまうと
      最悪の場合会話が進まず、幹事力・企画力が試される。


しかし、うまく空気を作る事が出来れば、休憩にもなり名刺交換や自己紹介などが
行えるようになり、メンバー同士でのコミュニケーションが深くなるので
メリット・デメリットそれぞれ大きいんだけど、今回幹事はそれを成功させた。
この経験は地味に大きな収穫だったのではないか?(大袈裟すぎるかww)
最後になぜか皆入れてなかったSideMからS.E.MのStudy Equal Magic!を
今回初めて振付に全力投球でやり切ったわ。
リクエスト入れたのは俺だけど、曲が始まると俺以外にも前出てきたり
マイク握る方が居てくれて、だいぶ負担が軽くなったから、本気でやり切ったwww
しかしそれが後に色んな意味でタイキ暴走フラグへと繋がる事になるのだがwwwww

といった感じで結果としてはカラオケ部公式発足は成功に終わった事もあり
幹事も意欲が高まり、次回の3月も0次会開催を決定したようでひと安心。
タイキが行けるかは分からないが、とりあえず今後も楽しんでいきたいと思う。

Posted by chronoss_shine at 01:28│Comments(0)TrackBack(0) 飲みM@S 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/chronoss_shine/51990526