June 13, 2019

【長文】タイキ、ギターレッスン3回目にして基礎練習が終了する【自己解説付き】

2019年6月8日・・・
この日はなかなかのハードスケジュールだった。
午前起床ですぐさまレッスンに出発→昼休み30分→レッスン第2ラウンド
→御茶ノ水へ移動→ギターのセットアップ・弦交換→飲みM@S→帰宅(翌朝から法事)
といった感じだったのだが、勿論レッスンで気を抜く事なんてあり得ん。
1分1秒無駄に出来ないし、ダウンしてた分練習できていないのだから
こっから巻き返さないとね!

【今回のレッスン内容】
・前回レッスン以降のおさらい(主にパワーコード、ハンマリング、プリング、スライド)
・チョーキングの説明、実践
・ローコードのおさらい(実践メイン)
・実際の楽曲を用いての練習(今回はスタンドバイミー)
・弦選びのポイント


以前と比べると目新しい要素は少ない。しかし先生曰く「前回は相当なハイペースだった」
との事なので、復習メインになるのは仕方がない。
もっとも前にも書いた通りコレは自ら頼み込んでやってる事だからペース管理は全て一任している。

〜芦鵑里さらい
ダウンして練習できてなかった事を正直に白状して
前半戦の1時間は復習メインにしてもらった。
パワーコードもただ演奏するのではなく、主にコードチェンジを交えて
運指能力向上を目指してひたすらフレーズ練習である。
ハンマリング・プリング・スライドは実際にやってみて気になった部分だけ
口を出してもらってというやり方をしてたら、こっちはあっさり終了。

▲船隋璽ングについて
前回時点で様々なチョーキングについて説明・実践するという予告があったので
挑戦してみたが、やはり半音チョーキングより上となる1音チョーキングが難しい。
しかしこの1音が出来ないと、後述のチョーキングが厳しくなる。
例えばクウォーターの場合、文字通り1/4音をチョーキングで上げるのだが
フレットを使っての正解の音を判断できないので、楽曲の理解が深くないとダメだし。
ハーモナイズドやユニゾンは、2本の弦を同時ピッキング後に片方だけチョーキングするなんて
器用な事を求められるし(タイキは筋金入りの不器用さん)
だが先生曰く「ほとんど出来てるから時間の問題」との事だったが。
個人的にはまだまだな気もするけど、先生の言葉を信じてモチベ下げず
頑張っていくつもりだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーお昼休み30分間ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ローコードのおさらい(+ぅ好織鵐疋丱ぅ漾爾猟戦)
‘瑛揺習パートであるのだが、なぜ分けたのかというと
前回のレッスンで選ばなかったAルートの「基礎技術を活用して実際に1曲演奏ルート」を
実施するために必要なコードの習熟度を確認する必要があったからだ。
今回練習したコードは、G・Em・C・Dの僅か4つだけ。
だがこの4つのコードだけで、スタンドバイミーの1フレーズが弾けてしまえるらしい。
しかしコード自体は弾けるのだが、リズムに合わせてコードチェンジするのが
やっぱり難しく、なかなか思うように弾けなかったな。
という訳で次回の練習(6/30)までにそれなりの形にするのが最大の課題かな。

ジ港びのポイント
本当は弦交換のやり方も教わりたかったけど、これはお店でも教えてくれる所もあるので
練習時間確保優先で、交換すべき弦の選び方だけアドバイスを受けてみた。

・弦を交換するタイミングは、弦が錆びてきたり弦切れした時に
 6本分纏めて交換するのが一般的。(ただし錆び始めであれば様子見でいい)
・弦の太さやギターの日々のメンテナンス次第であるが
 大体2〜3か月で交換する事になる(ただし例外あり、詳細は後述)
・所有するギターによって交換すべき弦の相性もあるので要注意。
・コーティング弦というのもあり、文字通りコーティングされている分
 錆びにくく切れにくい丈夫な弦だが、その分通常の弦より高い(2〜3倍の値段との事)
→交換したらずっと張りっぱなしにしたければコーティング弦がお勧めとの事。

いきなりコーティング弦にすると、自分で弦交換する機会が遠のきそうだから
今回は止めておいたけど。自分でやってみて面倒くさいと感じたらコーティングに変えるけどね。

【補足】
今まで自宅練習用にヘッドフォンアンプにしてたんだけど
実家がギター練習を許可してくれたので、実家用の小型アンプを追加購入してみた。
これでどっちにいても練習ができる!(ギターは持ち歩く必要があるけど)
Posted by chronoss_shine at 13:30│Comments(0) 自分REST@RT計画 | エレキギター挑戦