June 17, 2019

【祝実写化記念】タイキ、アラジン実写版を観てきた【ネタバレ注意】

前回の記事でアニメ版の話を書いたので今回は実写版の話をネタバレ前提で書いていこうと思う。
本当はスノーロワイアルだけ観るつもりだったんだけど、ウィルスミスのジーニーに興味あって
字幕・吹替両方観たんだけど、個人的には字幕版の方が好き。
そして内容はなかなか面白かったと思うよ(詳細は後述)
俺個人がチェックしたかったのは、ディズニー作品の中ではかなり破茶滅茶な傾向のある
アラジンを実写版がどこまで寄せられるか?だったんだけど
アニメにはない設定を導入した事で、大筋は変わらないにしても
まるで別作品を観てるような感じがしたから、これはこれで新鮮な気分で楽しめると思う。
例 侍女ダリアの登場、ジャファーの過去が判明、アグラバー以外の国を登場させたetc

さてここからは徐々にネタバレに触れていくよ!


【アニメと実写の違い】
アラジン:身体能力凄いし、アラジンとしては文句なしだが
               アリ王子としてはアニメ以上にダメっぷりが半端ない。
               (ジーニーがランプに戻りたくなるレベル)
               とりあえずアニメ版やKHよりは少し弱いのでは?

ジャスミン:結婚について肯定的だが、市場で出会ったアラジンが気になって仕方がない。
                   民の幸せの為に女王になる覚悟もできてるので、アニメよりしっかり者。
                   実写版は美しいと言うしかない。超有能。

ジーニー:過去のご主人を何人もいて恐らく破滅も見てきたが、アラジンの人柄を見て
               徐々に心を開いていく。アニメ版ほどフレンドリーではなく、どちらかと言うと父親のように感じるが
                恋愛面ではアラジンとどっこいどっこい…って恋愛!?

アブー:ジャスミンとの仲を拗らせかけ、ギルティ案件だったがクライマックスで大活躍。
            やっぱすげぇよアブーは。

魔法の絨毯:どこか子供っぽいアニメ版と違い、紳士っぽく表現されてる…って絨毯がぁぁぁ!

ジャファー:ヴィランだけど、正真正銘の悪党であり、アラジンの可能性の1つ。マジ怖くて厄介な強敵。
                   2番手である事に強いコンプレックスがあるらしい(ルイージを見習え。)
                   実写版でジャファーの逆襲(アニメ版続編)やったらマジでアグラバー滅びる。

イアーゴ:同じ名前のオウムが居たけど、俺の知ってるやつじゃない。

サルタン:ジャファーに洗脳されかけるも、有能なアグラバーの国王。風船親父なんか居ない。

ダリア:吹替ではみゆきち(沢城みゆき)な彼女。彼女のおかげでジャスミンパートが面白くなった。
            彼女が居なければアラジンとジャスミンの恋はなかったであろう。
            そして好みのタイプであるジーニーとのやり取りでウッキウキな彼女可愛過ぎか!

【良かった点】
・アニメでは説明不足だった点を補完している
・侍女ダリアの登場
→ジーニーからのデートのお誘いで内心ウッキウキな(以下略)
・歌唱パートの追加
・アラジンのバルクール
・クライマックスの攻防戦の変更
・吹替版の山ちゃん
・ジャファー超強化
・有能な国王
・ダリアに危害を加えようとしたジャファーを止めたいけど逆らえない苦悩感を見せたジーニー
(尚、ダリア本人は恐らく正体を理解しつつもジーニーを責めていない模様)

【悪かった点】 
・俺のイアーゴどこ行った!?
・オープニングで下手したら「あっ(お察し)」となりかねない
・ジャファーの歌唱パートがない
・吹替版の歌唱パート(山ちゃん除く)
→特にジャスミンは歌に力強さが足りないので字幕版と比較すると吹替版は弱々しい。
    アナ雪の松たか子が良いお手本だと思う。
  後はアニメ版の歌唱パートが良すぎたから思い出補正があるのも否定できない。

とまぁこんな感じかな?
アラジンの次は8月にライオンキングが控えてるわけだが
こっちはどんな感じになるんだろうか?
ここしばらくは久々に映画館通いの頻度が上がりそうだねぇ。
なのに今月から100円値上げとかないわぁ〜(T_T)

Posted by chronoss_shine at 17:45│Comments(0) 特撮・アニメ・マンガ | 芸能関連