August 05, 2019

タイキ、ギターレッスン7回目で遂に!?

2019年8月4日・・・
合同レッスンから1週間が経過し、遂にこの日がやってきた。
この日、合同レッスンで話し合った結果を先生に相談し、課題曲を決定する事になるのだ。
先生の方も以前合同練習を行う旨を伝えていた事もあり、話はスムーズに進んだ。

タ「バンドメンバーにも相談したんですけど、流星群もプラリネも挑戦するには
 それぞれの難点があるけど、自分の好きなやつをやればいいとの結論でした・・・」

先「う〜ん、確かに楽譜も見せてもらって音源やYoutubeとかの動画もチェックしたけど
 どっちも難しいですね。本来ギター始めて数か月ではどっち選んでもハードル高いかな?」

タ「本来ならある意味ゴール的な曲でしたので(苦笑)」

先「タイキさんの言う通りに流星群は個々のギタースキル、プラリネはバンドの総合力が
  試される感じですよね。もっともドラム視点での難しさとかはドラム次第なので
  判断しにくい部分がありますが・・・それでもトータル的な難易度はトントンなので
  最後の決め手は、やっぱり思い入れですかね!?」

タ「分かりました、それなら・・・流星群に挑戦します!


という訳でタイキ最初の課題曲は流星群に決まったのだった。
という訳で今回の練習内容はこんな感じ。

【今回の練習内容】
・流星群(イントロ)に挑戦
・新コード「Bb」「C」「Am」「Dm」「F」「A」「Gm」の実践
・※アルペジオ奏法の説明、実践
・ギター初心者の宿敵「※バレーコード」に挑戦


※アルペジオ:左手はコードを押さえて、右手の指(またはピック)で
       弦を1本ずつ弾く演奏テクニックの事。

※バレー(セーハ)コード:1本の指で同フレット上の複数の弦を同時に押さえて弦く奏法
             これが出来なくてギターを挫折した方も多いのではと
             悪い意味で有名な初心者脱却最後の壁。
             ちなみに職場のギター経験者の同僚もここを忠告してた。


今回のメインはあくまで流星群のイントロパートのマスターを目標にやる訳なのだが
そこで必要になるのがコード「Bb」「C」「Am」「Dm」「F」「A」「Gm」である。
スタンドバイミー時の4つとは違い、イントロだけで既に7つも覚えなければならない。
しかも今回はこれらの中にセーハが早くも登場するのだ。
今まで意図的に避け続けてたセーハと遂に戦う時が来てしまった。
だが厄介ばかりではなく、今回はアルペジオの活用の為
バレーコードであっても必ずしもセーハする訳ではない。
・意外な難敵
まず最初に取り組んだ事は楽譜の読解及び使用するコードの確認
そしてそのコードを実際に押さえて弾く事で覚え込むレッスンだったのだが
ここで苦戦したのが、「Bb」と「C」の2つである。
あれ?「C」って今までも散々やってきたアレだよね?と思うかもしれないが詳細は後述とする。

まず「Bb」については通称Bフラットメジャーと呼ばれるコードであり
実は最初の1つ目からいきなりバレーコードだったりする。
しかし今回はアルペジオで弾くパートである為、セーハする必要はなく
5弦1フレットを人差し指で押さえるだけでいいのだが、問題は残りの指は
全て1フレット飛んだ3フレット目を押さえなければならず、指が届きにくい。
単純に指を伸ばせばいい問題ではなく左手の構え方や親指の使い方も考慮しなければ
仮にできても無理すれば腱鞘炎などの負傷に繋がりかねない。

そして一見問題なさそうな「C」についてだがコードチェンジや音色の問題で
正規の構えではなくBbの形を維持したまま2フレット分ずらす形にするよう
楽譜では指定されていたのだ。実際に正規のCで演奏してみても聴けなくもないけど
どこか違和感が出てしまう。その結果コードチェンジでの移動の際に
指の形が崩れてしまう問題があった。

・アルペジオの秘訣
コード練習の際にちゃんと抑えられているか1音ずつ確認する意味で
無意識に行ってた事もあるであろうアルペジオだが
重要なのはピッキングの使い分けである。今回はオルタネイトではなく
アップとダウンの2つをどう使い分けるかがキーとなってくるのだが
1音引いたら次の弦へ移動するので、それに合わせてアップとダウンを使い分ければいい。
簡単に言ってしまえば・・・

次に弾く音(弦)が高い:ダウンピッキング
次に弾く音(弦)が低い:アップピッキング


この理屈を基本として考えると、かなり安定したピッキングが出来るようになり
スムーズにアルペジオが行えるようになるという事らしい。

・セーハに挑戦
「Am」・「Dm」・「A」はバレーコードではない為、出来るようになるのもほぼ時間の問題で
「F」についても今回はアルペジオによるセーハ抜きで対応可能な為
構え方だけ反復すれば問題なしのようだったが、最後の「Gm」だけはどうしても
セーハを避けられなかったので、この機会にまずはFコードを基にセーハ初挑戦。
タイキ自身予習すらしていない状況だったので、当然だが上手くいく訳がない。
(前述の先生による始めて数か月での挑戦は〜の最大要因)

しかし先生から「正規ポジでだと弦が硬いから、中央側フレットでやってみよう」との
アドバイスを受けて弾いてみたところ・・・出来ちゃったよΣ(゚Д゚)
その後正規のポジションでもFコードでやってみたところ
何回か成功した事もあり、まさかの先生もびっくりである。
「何だマスターしたんじゃないのかよw」と思われるかもしれないのだが
大事なのは成功したという実績がある=成功のイメージが持てる事だと思ってる。
1度でも成功のイメージさえ持てれば、例え何度失敗したとしても
的確に成功に近づけられるし(無駄な試行錯誤を減らせる)
成功後も安定した奏法が出来るようになるからね。


次回は来週なのだが、今週は殆どが夜勤シフトなので練習量が限られるが
まずは体調重視で無理なく頑張ってみよう(熱中症で死にかけた経験アリ)
Posted by chronoss_shine at 19:36│Comments(0) エレキギター挑戦