September 23, 2019

タイキP、UNI-ON@IR!!(ミリオン6th)を観て今度は小鳥と化した?

【注意】
タイキの推し属性が集中している事もあって
主にフェアリー向けの感想となりますので、予めご承知ください。


2019年9月21日、22日の2日間、SSAにて行われたミリオン6thライブ追加公演に
今回はリフレッシュ休暇と有休のコンボをフル活用して自分も参加してきたのだが
正直今回はどう感想を書こうか現在進行形で悩んでたりする。
そもそも資金やスケジュールの事情で6th自体フェアリーの福岡公演しか参加してないし
その上でSSA単体として書いてみたとしても「結局それタイプ別でやった事じゃん」って
後々になって思わされるのも何だか嫌だし・・・
とりあえず今回もセトリはアイマスDBさんとリンクさせていますので
そちらを参照してもらった上で読んでいってほしい。
今回については全タイプが集合して行われる事もありタイプ別とは違って
個人曲をやる余裕はないが、765AS曲のミリオンアレンジVerはやるよ!
といった感じであるが、タイプ別の時とは一部違っているものもあるらしい。
とりあえず全部書くとキリが無さそうだし、記憶が定かな内に書けるだけ書いてみようと思う。

■Day1のお話
・今回のD/ZEAL

Day1参加理由は勿論D/ZEALが参戦するからという事が主な理由だったのだが
今回はDay1の大トリだったのだが、正直今回あまり出番なさめだった気がしないか?
え?オーディナリクローバーで静香出てたし、トゥインクルリズムで
ローアングラー撮りまくってたじゃんって??
まぁ確かに主だった出番ってそれ位なんだけど、結局このローアングラーで確実に
爪痕を残していったね(外のキャラじゃ絶対あり得ないしな。ツッコミ役だからw)
ただその分福岡公演では大いに盛り上がった子猫ちゃんコントにちなんで
今回は小鳥ちゃんネタでまたもやウケ狙いにいったのはいいのだが・・・
正直小鳥ちゃんと言われて、まず最初からチュンチュンって反応はアイマスPには厳しいぜ(苦笑)
何せウチには美咲ちゃんが尊敬するあの先輩事務員がいるのだから
チュンチュンと言うよりピヨ!?と反応してしまった俺は悪くねぇ!
尚、Day2でことり繋がりでこっこちゃんがこのネタいじってくれたので
それはそれで満足です!

それと今回は流星群でもSING MY SONGでもなく、遂にアライブファクターである。
かつてハッチポッチDay2にて元祖アイマス歌姫である千早(ミンゴス)と
まるでお互いの歌に関する信念をぶつけ合うかの如く激しいパフォーマンスを披露した
あのアライブファクターが遂にジュリアを相手に帰ってきた!
これは盛大な戦い?になる・・・と思いきや、おや何か雰囲気が以前とは違う。
ハーモニクスではないが、静香とジュリアがアライブファクターで共鳴を果たしてると
表現するのが1番分かりやすいのではないかなと個人的には思ってる。

・D/ZEALといえば・・・
そういえばTwitterで見かけたんだけど、Day1の関係者席にて
D/ZEALガチ勢の方が相当高まっていたのが目撃されたらしいが一体何吉なんだろうか?
(すっとぼけ)

・病からの帰還
以前、種ちゃんが治療の為に声優業をお休みして復帰したなんてエピソードがあったのだが
今回は茜ちゃん(野々原茜)を演じる小笠原早紀さんが早期とはいえ舌がんが判明し
先日まで治療の為に休業したというニュースがあった(9月上旬に復帰宣言)
そして今回の公演で復帰したわけなのだが、以前と変わらぬ元気な姿を見れて嬉しかったね!

・ありそうでなかったインタビュー
閃光☆HANABI団とコラボした和太鼓集団の梵天、Jelly PoP Beansとコラボした
タップダンサーズへまさかのインタビューを今回決行!
今まで紹介される事はあっても、インタビューされる事は少なくとも俺は聞いた事がなかった。
(765ASでいじられた事は記憶に残っているがw)
梵天さんについては、和太鼓をたたきつつアイドルたちに合わせてダンスも披露するという
彼女たちにとっては経験のないチャレンジを行っていた事もあり
お見事だったと盛大な拍手を送ったのだが、一方のタップダンサーズの方はと言うと
まさかのメンバーの1人にアイマスPがいる事が判明。
注目されるのは一体「誰の担当」なのか!?という所だったが
「皆好き過ぎて選べない・・・」との一言でうまく躱した箱推しとの事だったが
・・・本当のところはどうだったんでしょうねぇ!?

・キラメキラリ、ミリシタに実装。ギターソロは?
アイマスPの大半が知ってるであろう765ASの高槻やよいソロ曲が
遂にミリシタでも実装されるとのお知らせがあったのはいいが
もしかしてギターソロにジュリア来ちゃう?なんて思ってたら本当に来ちゃった!
(実際にコミュにもジュリア参加してたのが伏線だった)
これはこっちのギターソロも練習しないとな!(スコア持ってないけど)
■Day2のお話
ミリオン6th本当の千秋楽であるこのDay2では
どちらかと言うと過去のエピソードを知ってると知らないとでは
正直温度差が発生してしまう部分が目立つと思ってる。
まぁ知らなくても十分楽しめる事は確かなんだけど
あの時、演者達はどういった思いであったのか等を察する事が出来ると
より深く感情移入できるのではないだろうか?
これはディレイビューイングが楽しみになるのではないだろうか?

・夜想令嬢、更なるパワーアップ
夜想令嬢 -GRAC&E NOCTURNE-は、福岡公演同様今回もミュージカル形式での進行。
以前にも書いたように、ここではミュージカル用に音源も編集されてそれに合わせて
演者4人は動くという難易度の高い事をやっていた訳なのだが
今回更に場面が追加されており、その上で不自然な調整等もなくやり切った。
クリス・エドガー・アレクサンドラ・エレオノーラの瞬瞬必生感がより強くなっており
もはやガバまみれのタイキPの涙腺にはダメージが大き過ぎるぅぅぅ・・・

・アイドルヒーローズジェネシス
アイドルヒーローズジェネシス参戦という知らせを聞いて真っ先に思ったのは
真が遂にミリオンに参戦してくるのか?初の765ASシークレットゲストにワンチャン!?
なんて考えてたんだけど、結論から言うと参戦はなかったんだけど
冷静になって考えてみると、ミリシタから参加の南ちゃんとこーりーの
Wセンターなんだよなこの曲。あの2人にとってはより特別な1曲だったのではないか?
実際に南ちゃんは、何かしらのプレッシャーを感じてたみたいだし
(それを救ったのがあいみんと小笠原さんだったというエピソード)

・EScape
クール系ヤベー美少女ユニットでお馴染みのEscapeだが
設定がアンドロイドという事があってか、機械的な動きや終始真顔でいる事に
相当意識を向けていた模様(SSAは花道があって、あそこ歩くとなるとテンション上がりそうだし)

ところで真壁瑞希役の阿部里果さんが、ふと印象に残る事を言ってたのだが
「Escapeとしてのパフォーマンスを悔いなくやれるように頑張ると言ったけど
少しくらいは悔いが残ってもいいのではないだろうか?」との事だった。
この言葉だけを捉えれば、失敗した言い訳のように聞こえなくもないだろうが
あくまで俺個人の印象だが、めっちゃストイックに取り組もうとしてる阿部里果さんが
そんな言い訳をするはずがない。勿論この言葉には続きがある訳で・・・
全力でやっても悔いが残る事だってあり得る。だけど悔いが残るからこそ
またこのユニットで更に上を目指したい、単純に言えば絆が深まったこのユニットでまたやりたい!
という意思表示だった。何てカッコイイんだこの人は・・・

・White Vows
ミリシタにて実装されたウェディングソングであるこの曲なのだが
イベント当時はこれだけは最低限衣装を確保するつもりでちょっとだけ頑張った記憶も新しいが
ぶっちゃけこの曲の初期メンバーの組み合わせでもベストマッチしてただけに
相当心に響く1曲だったのに、ライブ後に至ってはとうとう一部歌い分けが
ミリシタに実装される事になりライブに参加できずミリシタやってた人にとっては
かなりの破壊力のあるサプライズになった事が想定される。
(ウェディングドレスも一属性だけ無料プレゼントときたもんだ!)

アイドル一同「出会ってくれて・・・ありがとう!」
タイキP「あっ・・・(泣き崩れ)」

・次回、ミリオン7thは野外ライブ!
ミリオン6thライブもディレイビューイングを除けば無事に全公演終了したわけだが
次回の7thライブは何と5月に富士急ハイランド・コニファーフォレストで行われる事が
決定しているらしい。もし仮に現地行くとしたら俺だったら車で行くかな?
近くにお気に入りのホテルもあるし、車なら自宅からもそう遠くはないし。
電車やバスでも行けなくはないけど、圧倒的に車の方が楽だし・・・
それにしてもその間に一旦距離を置いたシンデレラやSideMを抜いても
シャニマス2ndもあるだろうし6thライブの円盤だって発売されるし
相変わらず出費を強いられているのだが(苦笑)
とりあえず全部増税が悪いって事にしておこうw
IMG_3575

Posted by chronoss_shine at 16:09│Comments(0) アイドルマスター | ミリシタ(ミリオンライブ)