September 24, 2019

タイキ、久々に夏季休暇をとってみた・・・が

2019年になって働き方改革や勤続報酬の関係もあって積極的に有休をとらなければならないが
やり過ぎると場合によってはかえって負担となりかねないこの現状で
調整に調整を重ねた結果、ミリオン6thライブへの参加という理由もあって
数年ぶりにまともな夏休みを申請してみた。
夏休みと言っても1週間程度の休みなのだが、社会人にとっては1週間以上の休みをとるとなると
現実に復帰する際に、休んだ分だけダメージが大きくなりがちだったりする。
かつて2週間休んだ時には、復帰後の引継ぎがキングジム1冊分になった事もあったし(泣)

だがとりあえず夏休みは夏休みだ。休みに入ったら一体何して過ごそうか?
ギターの練習するのもいい、自室の片付けと衣替えを進めてもいい。
ミリオンライブに備えて予習するのもいいし・・・なんて思ってた時期もありました。
だが実際に夏休みを迎えてみるとイレギュラーだらけで正直休めたかと言われると
ある意味休めたしある意味落ち着けてない。(少なくともギターの練習は全然できてない)

■理由その1.肉体ダメージの蓄積
以前にも書いたようにここ最近は猛暑期間だった事もあり
自室で休むどころか自分の時間を作る事すら難しく深夜徘徊なんてやってた事もあった。
当然冷房の利く部屋で休む事になるのだが、ソファーで寝たり床で寝たり
朝を迎えれば生活スペースで寝てるから当然目が覚めてしまう。
そんな生活を送っていれば睡眠不足から体調が崩れてしまってもある意味仕方がない。
その結果休みに入った途端、タイキは頭痛と吐き気(実際に吐いた)に襲われて1日を潰した。
だがこの休暇中に多少湿気は残っているものの猛暑ではなくなった為
多少の掃除を済ませて自室に帰ってくる事が出来たのは不幸中の幸いである。
■理由その2.副業先の人事異動
話は9月上旬まで遡る。自社の組織異動の知らせが展開されており
なんと長年お世話になっていた上長が来月から別センタへ異動する事になっていた。
そこで今年度の課幹事であり上長だけでなく奥様にもお世話になっていた背景もあり
(上長と奥様は職場結婚だった)
タイキが率先して壮行会を開く事になったのだが・・・
以前タイキの教育係の送別会幹事を経験した事はあったが
相手が上司となると色々準備が必要となってくる。

・日程調整
・出欠確認(関係部署の調査)
・会場の確保
・ビジネスマナーの確認
・記念品の準備
・費用の回収
・乾杯音頭、コメンターの選出(根回し、当日いきなりなんて論外)


当然タイキ1人で全てを賄う事はこれから夏季休暇に入る事もあって不可能な為
頼れそうな先輩方に半分無茶ぶりを承知でお願いして夏休みに入ったのだが・・・
当然その間タイキもただのんべんだらりと過ごすわけではなく
会場の下見に行ったり、記念品の購入に行ったり、出社して出欠状況を確認したりした。
え?ほとんど1人でやってるじゃんって?ハッキリ言ってしまおう。
あいつら誰も俺の手伝いなんてやってなかったんだよ!(怒)
業務都合もあるから並行しては厳しいって意見も分かる。
だがな・・・それなら出来ないなら出来ないなりの行動をとった上で発言してもらいたいものだ。
メールに対して返信もなくただ時間だけが過ぎた事や
電話でこっちが相談してもまた後日だとしか言わない癖に、
文句だけはいっちょ前に言ってくる始末。
まともに動いてくれてたのは出向先の課長と同じルームで働く同僚だけ
同僚はともかく課長さんは俺らにとってはお客様だ。これは一体どういう事だ!?

今回ばかりは目上の相手だけと言わせてもらう。
あいつら本当に使えねぇ、これもある意味一種の仕事であり上司への感謝を伝えるって
認識がないのだろうか?(タイキ家はそういった礼儀と資金管理に非常に厳しい)
まぁそれはともかくこれだから信用なんて出来る訳がない。
「業務が忙しかったから・・・」なんて言ってるけどさ。
むしろそんな事言われなくとも誰よりも分かってる上に業務と並行して調整してるのは
俺と彼らだけであり、言い訳に使ってるだけじゃねぇか。

こういう時はせめて何も出来ずに申し訳ないの一言くらいあってもいいんじゃないのか!?

突然だが史上最弱の仮面ライダー主人公(ただしメンタルは史上最強説アリ)の
野上良太郎(演:佐藤健)の言葉を拝借しつつアレンジして書かせてもらうが
「自分たちの業務に忙殺されるのは理解できる。だけどそれが何もしない理由にはならない」

※元ネタでは「弱かったり運が悪かったり何も知らないとしても、それは何もやらない事の言い訳にならない。」

そう言ってる自分も必ずコレが貫けてるかと言われたら断言はできないとしても
少なくとも今回は俺の動きに壮行会の成功がかかっている。費用回収が遅れるのはまだいい
俺の手が届く範囲でやった方が管理しやすいし。
ただ事前に根回しする必要があるコメンター選出を一切やってないのはいただけない。
(この時点であいつらが何を言ってきたとしても、この件に関してだけは
 まともに話を聞く気は正直ない。)
実際我慢できずキレた場面もあったしな(自分が未熟だと痛感させられた)

改めて言うが今回の壮行会準備自体はプレッシャー自体はかかるけど
自ら望んでやってる事だしむしろ楽しんで遣り甲斐すら感じてやってたりする。
それでもボロが出てしまうかもしれないけれども、言葉にすると恥ずかしいが
それがちゃんと相手に伝わるよう精一杯やってみようと思う所存である。

んな事を考えながら休日を過ごしてたのである意味充実こそしてたものの
ミリオン6thライブ以外ではあまり落ち着けない休暇になってしまった。

あぁ・・・壮行会が終わったら今度は新しく来る上司の歓迎会とか
課レクとかもあるんだよなぁ・・・
Posted by chronoss_shine at 09:30│Comments(0) シリアスモード | 副業(サラリーマンw)