January 31, 2020

タイキ、龍が如く7を買ってみた(ネタバレ一応なし)

2020年1月16日に発売された「龍が如く7−光と闇の行方ー」だけど
前回のブログでの意見から一転して、真っ先に購入して睡眠時間を削りながら楽しんでいるw
(FF7リメイクが分割制と知って、買う気失せた。昔ほどゲームに金かけられんのよ)

最初は舞台が横浜(正確には関内・伊勢佐木町・山下公園・横浜中華街)という事もあって
地元民としてのプレイしてみたさがあったんだけど、今ではRPGになった事もあって
PS4使えなくても、Vitaのリモートプレイ使ってプレイしている。
戦闘システムが賛否両論らしいけど個人的にはRPG要素が辛くなってきたら
ジャッジアイズ戻ってストレス発散がてらアクション要素を満喫してもいいかなと思ってる。
て言うか内心安く買えるならPS4版の龍が如く0か維新あたりを
買い直そうかなと思い始めてる(どっちか選ぶなら、0だな)

とにかく言いたい事としては、RPGでも結構楽しめてるよって事!
同じRPGでも、もう全然楽しめないやつあるしSEGAがネタに全力投球してる事もあって
RPG過ぎなくて丁度いい感じかな?

話は7に戻すとして、主人公は桐生ちゃんから交代してONLINEの主役でもある春日一番。
彼についてはONLINEでの経験もあったから人間性は大体把握してるんだけど
7のオリジナル要素としては、幼少期にドラクエをやり続けて勇者に憧れているとの事。
(SEGAのゲームなのに、よく許可貰えたなw)
そんな事もあってか、本作ではRPGではお約束でもある仲間と共に巨大な敵と戦っていく事となる。

とりあえずこのブログ書いてる段階では第12章までプレイ済であり
もう後半戦に入ってるんだけど、今回のストーリーは中々面白い。
メインストーリーではイチの成り上がりぶりや仲間たちとの絆が描かれてほっこりする傾向にある。(5の冴島の網走刑務所パートとか結構好きだった)
元極道という事もあって裏社会に関する知識はそれなりにあるんだけど
古き良き極道+荒川真澄という憧れがあってか、極道らしくないんだよね。
ある意味0の桐生ちゃんのように半端者なのか?

馬鹿な所もあるけど自頭は決して悪くないので、猪突猛進という訳でもなく
だけど仲間や弱き者の為なら強大な相手にも立ち向かってく姿には大いに好感持てる。
桐生ちゃんの場合はネームバリューも戦闘も強かったから単身突っ走るイメージがあった。
(6の場合、悪い意味でそのイメージが目立つ場面もあった)
実際そうじゃないって分かってるんだけど肝心な時に痛い目に遭うか失う事が多かった。
でもイチの場合は、桐生ちゃんのような強さもなければ東城会でも若衆のままで
桐生ちゃんとはまた違ったどん底を経験してるけど、その分イチは強い信念はあるけど
1人では突っ走らず、仲間の支えを受けて立ち向かっていくから
ある意味桐生ちゃん以上に好感を抱いてるかもしれない。

龍が如く0や1では極道要素が強いからメインではドシリアスかつエグイ場面も多かったんだけど
7は新規ユーザー確保を意識してるのか、結構感情移入しやすい。(ないとは言ってない)
特にイチとナンバの絆の物語は、結構涙腺に来るし・・・
そして相変わらずサブストーリーもネタに突っ走ってて笑えるから好きなんだよね。
特に好きなのは弟の手術代を得るために募金活動に励む少女のストーリー。
これは笑い話ではないんだけど、これ何部作かになっててけなげに弟の命を救おうと
学校を休み体調を崩しても危険な街である異人町で声を上げ続ける。
そりゃあ春日のおじさん、いくらだってお金出しちゃうわ。
何、100万?10分時間くれればおじさん何とかしちゃうよ!(サブの会社経営進めば本当に可能)

それと今回はキャバ嬢攻略がなくなった代わりに、別のパターンで女の子たちをオトす
イベントがあるらしいけど(修羅場イベントもあるらしい、八神君にはなかったのに!)
浪漫製作所のすみれちゃんと大海原の宮越さんはフラグ立っちゃった(猪狩君、すまんのぉ)
一番製菓のえりちゃんは時間の問題だし(全ヒロイン中、唯一外堀まで埋められつつあるw)

12章からは過去の龍が如くキャラも続々登場するらしいのでメインストーリーも
大いに盛り上がっていくだろうから、金稼ぎつつ楽しませてもらうつもりだ。

Posted by chronoss_shine at 21:40│Comments(0) ゲームレポ