May 09, 2018

タイキP、シャニマスの現状について語ってみる

シャニマスがリリースして1週間以上が経過したので
タイキPの現状を書きつつ、シャニマスに対する思いを書いてみようと思う。

まず最初にタイキ事前登録ガチャにてSSRめぐるの確保に成功。
正直SR咲耶とも悩んだけど、ガチャ確率の事も考慮しての選択だった。
運命の10連ガチャについては、SSR1枚(真乃or灯織)+プロデュースSRorサポートSSR咲耶を
条件としてリセットしまくった結果、SSR真乃とSR咲耶+サポートSR数枚きたので
ガチャ終了して本編開始。だがサポートが多くても育成するためのトレチケが全然足りない為
結局最序盤は大いに苦戦する事になり、WING優勝はおろかシーズン4突破さえできない事もあった。

しかしシャニマスプレイヤーによる様々な戦術アドバイスや時間をかけて現状把握出来る事もあり
タイキ自身の読み違えによる失敗以外での負けは極力なくす事が出来ていると思ってる。
ただプロデュースがうまくいったからといって、優秀なフェスアイドルが出来たかというと
必ずしもそうではないので、常により優秀なアイドルを育てる事に意欲的に取り組めている。

シャニマスでもイベントが始まり、現時点でイルミネーションスターズと
アンティーカのコミュも兼ねたイベントミッションが始まったのはいいんだけど
ミッションをクリアするために指定カード(ガチャで入手する)が必要になるやつが
ある事に関しては正直どうかと思っている。世の中常に課金頑張れるPばかりではないのだ。
イルミネーションスターズの時なんて、SSR3人分必要な上にWING優勝が条件とか
やりがいもあるが、ある意味嫌がらせのようにも思える。
流石に問題視したのかは知らないが、アンティーカのイベントでは
WING決勝進出までに緩和されてたが(もっとも決勝進出ですら難しいんだけどね。)
あくまで個人的意見だが、せめてガチャをやらせたいんだとしても
イベントミッション関わるんだったらイベント期間中だけでも排出率上げてほしいところ。  続きを読む

Posted by chronoss_shine at 00:02Comments(0)

May 01, 2018

タイキP、シャニマスデビューしてみた

前回の流れから映画の感想をネタバレ前提で書こうと思ってたけど
大事なことを忘れていましたよ!


2018年4月24日・・・
新たなアイマスコンテンツであるアイドルマスターシャイニーカラーズ
通称シャニマスが遂にリリースされた訳だが、今回このシャニマスには
今までのコンテンツ以上に大いに期待をしていたんですよ!
何せソシャゲ要素はあるとはいえ、ゲーム性はかつてのアケマスや無印に似ているシステム
という事もあり、かつて若き頃の血で血を洗う熱いオンラインバトルが
帰ってきたのかとワクテカが止まらなかったんですよ。

ちなみに第1印象での担当候補(推せる)アイドルは
・L'Antica(アンティーカ)の白瀬咲耶(早くもある業界では大人気)
・ALSTROEMERIA(アルストロメリア)の桑山千雪お姉さま
・放課後クライマックスガールズの西城樹里
(どこかジュリアを彷彿させる上に、あいみんが推してるとの噂も)

だったんだけど・・・プレイし始めてからは、更にイルミネーションスターズ(今回の顔役)3人も
なかなか推せると言うか尊いと言うか思い入れが出来始めてる今日この頃・・・
今まで何だかんだ各アイマスの顔となるユニット(信号機トリオ)には
あまり関心がいかない傾向があったんだけど、今回は今までとちょっと違くなりそう。
これ何気にタイキにとっては珍しい事なんですよ!
タイキの性分としてスポットライトが当たりやすいキャラクターよりも
逆にメインキャラを支えるサポートや時たま程度でスポットが当たる子を
応援したくなる部分があり、その影響もあってか年上系キャラを推す事が多い。
まぁそれでもある個人的理由でニュージェネはあまり好きじゃない

・システムについて
ガワとしては思いっきりアケマス・無印を意識させるものとなっているのだが
やはり全く同じという訳ではない。
まずアイドルをプロデュースするにしても、今までならキャラのカード1枚あれば
問題なかったのだが、今回はプロデュース用とサポート用で別にガチャる必要があるので
これらがうまくベストマッチしないと、高ランクなアイドル育成は出来ないようになっている。
つまり旧作のようなレッスンやオーディション等のプレイヤースキルだけで
カバーしきる事はできないようになっている。

(そもそもレッスンについては、本作ではプレイヤースキル関係ないし)
イメージとしてはここ最近のパワプロのサクセスに近いものではないだろうか。

・オーディションについて
まず利点を挙げるとするとメンタルという要素を追加したのは
個人的にはなかなか良いものだと思ってる。
いくらパラメータを強化しても、メンタルが足りないと心が折れて打ち負かされ
オーディションどころではなくなるからねぇ〜
次に欠点についてなのだが、あくまでアケマスとかと比較しての話だが
今のシステムではどうしても取るべき戦術が限られてしまい
育成やオーディション采配に面白みがなくなってしまっている事だろう。
アケマス時代もなかなかオーディションはマルチタスクを求められる事から
難易度が高かったのだが、それでも様々な戦術が生み出せる可能性があり
常に逆転を意識した油断のないスリリングなプレイが楽しめたのだが
シャニマスではWING(今回のゲーム目的である最終オーディション)の
NPCがかなり強く設定されており、現時点では2属性特化でのプロデュース(キャラ育成)を
余儀なくされており、流行次第では戦う前から敗北が確定してしまうのは正直よろしくない。

だがこの要素を利点として考えると、今までのアイマス自体が比較的緩めだった事もあり
原点回帰寄りな難易度とした事で、強敵に挑む楽しさというものを思い出させてくれた
要素でもあるので、あながち全否定するものではない。
しかし、アーケードやコンシューマーではなく、常にイベントやメンテナンスが
絡んでくる事もある中でWINGでの勝利がイベントに影響を与える事が想定される以上
あまり難易度が高過ぎるのも痛い部分ではあるので
運営視点で考えるとそのバランスをとるのはなかなか難しいのではないだろうか?
ぶっちゃけSSRのプロデュースアイドルやサポートを持っていても
WINGで安定して優勝できる事はないし、そもそも高パラメータだから勝てる訳でもないので
現時点ではプレイヤー側による模索がまだまだ必要であるだろう。

・フェスについて
プロデュースが終わると、フェスアイドルとして育成キャラを登録できるようになり
フェスアイドルを用いたフェスバトルがオンラインのユーザー同士での戦いとなる様なのだが
今のところユーザー同士の戦いのイベントが幸いまだないので
対人戦が本格的に始まった時にどう転がっていくのかが気になるところかな!?


最後に今回のシャニマスの対応機種の敷居が高めに設定されてる事もあり
(例 iPhoneは7から、PCでもプレイできる)
かなり動作はなめらかであるが、その分スマホやタブレットなどでプレイすると
相当な通信量がかかってしまうので、プレイの際にはご注意を!
  
Posted by chronoss_shine at 15:23Comments(0)