September 27, 2018

スプライト君、タイキの暴走に巻き込まれる(後編)

【前回のあらすじ】



ペニーワイズ(タイキ父のトラウマ):タイキ
ジョージィ:スプライト君

動画が見れない方はこちら

という訳でタイキの最寄り駅を余裕でスルーした上で川崎へと移動した両名だったが
過去の教訓もありちゃんとスプライト君を釣る餌も用意してあった。
それは川崎駅周辺スポットの数々。彼にとってここはまさに天国である事をアピールしたのだ。
幸いにも学生時代はこの川崎で過ごし、娯楽を堪能した事もありそれなりに知識はあった。

映画館のあるDICE地下にはシルクハット、銀柳街にはPIA、そしてチネチッタや
ウェアハウスと食い付く事間違いなしであり、実際食い付いた。
(そして駅周辺は数多くの食事店もある。)
映画を観るまでに時間がある事・鑑賞時間が短いので後で観光する事も約束した。

・移動中のトークの一部(意訳)
ス「のんのんびより見るのは了解しましたけど、そもそもどんな作品でしたっけ?」
タ「とある田舎で過ごす子供たちの日常を描いた癒しアニメ(駄菓子屋れんちょんはいいぞ)」
ス「あの・・・一応俺の実家も相当な田舎なので特に何も感じないかも。」
タ「キャラクター達もなかなか個性的だから受けると思うけど(兄ちゃんとなっつんもいいぞ)」
ス「それで・・・劇場版では何するんすか?」
タ「そんなレギュラーメンバーが沖縄旅行に行くお話(あおなつはいいぞ)」


まさに典型的なオタクスタイル(推し作品には超饒舌)なタイキである(苦笑)

映画館に到着して無事に席を確保し、いざ視聴開始したのは良いのだが
前回彼と映画観に行った時とは違い、映画視聴中にいくつか彼がコメントしてる場面があった。
時には突込みだったり、感想だったりするのだが・・・うっかり出たのか
俺に確認したり意見したかったのかは知らないが、とりあえず言いたい事は・・・

上 映 中 は お 静 か に
※爆音上映やLV等はその限りにあらず。
  続きを読む

Posted by chronoss_shine at 08:41Comments(0)