January 06, 2017

タイキ、スクフェスACをきっかけにゲーセン復帰してみた

2016年12月・・・
スマホアプリゲーとして大ヒットしたラブライブ!スクールアイドルフェスティバルの
アーケード版が登場したという事で、初プレイをしたのが昨年クリスマスの事。
ちなみに自分はスクフェス一応やってるけど、EXPERT難度の曲とか全然できないし
とてもスクフェスの公式大会なんか問題外なプレイヤー。(レベル68)

そんな事もあり、とりあえずはHARDでデビューを果たしたんだけど
やはり最初はボタン配置の感覚を掴めず(スクフェスのシステム上画面中央上部見てないと混乱するから)
ボタンの押し間違え等でなかなかコンボが決まらなかったけど
現在では20回以上プレイした事もあり、流石に慣れてきたのかEXTREMEでも
それなりに出来るようにはなってきた。ただ最上級のCHALLANGEは多分無理きっと無理絶対無理!
(根拠はアイマス曲やりたさに挑戦したmaimaiで惨敗した事による音ゲーセンスの無さ。)

ちなみに今やってる「第1回スクフェスAC実装楽曲選抜選挙」については
3ユニット平等に投票するようにしてこんな感じ・・・

Printemps・・・Pure girls project(中間発表ユニット曲2位、総合5位)
lily white・・・微熱からMystery(ユニット1位・総合2位)
BiBi・・・Cutie Panther(ユニット・総合共に1位)


更に上記3曲から好きなのを選べと言われたら、やっぱCutie Pantherかな!
といった感じに何気にスクフェスAC楽しんでます。

ところでスタートは絵里・希・花陽・真姫で悩んだけど、最近気になり始めた事もあり
真姫ちゃんを選択してプレイ開始。(スクフェスの方は確か希で始めたはず)
以降来たHRメンバーは、にこ(2枚)・海未(2枚)・絵里・凛の計5名分しかHRがない状態。
どうせなら最低でも全員分HR欲しいかな・・・

あとスクフェスACプレイして気になったポイントをいくつか挙げていきたいと思う。

・設置店舗数
プレイ後に公式サイトで設置店舗を調べてみたんだけど
意外に少ないと感じたのは自分だけだろうか?
少なくともうちの近所や通勤ルートで考えても2〜3店舗位しかなかったのだが・・・
やっぱり「何でスマホでできるのにわざわざゲーセンでやるの?その余裕あるなら11連回さなきゃて感じなんだろうか?
ただ設置してるお店のスクフェスコーナーは結構人来てプレイしてる感じだけどね。

・回転率
1クレ(100円)でシングルプレイだと2曲プレイできるのだが、
2曲しかできないのかよ!なんて思いつつも、2曲という設定のおかげか
プレイヤーの回転率も悪くなく、すぐに順番回ってくるから長蛇列・整理ボード記入面倒くさくて
敬遠なんて事になりにくくて、正直ありがたい。

・ACでもガチャ要素
やっぱりあったガチャ要素w本命はプレイするサテライト筐体ではなく
メンバーガチャやカード発行が出来るセンター筐体でしっかり取る所は取ってるみたいだ(苦笑)
それでもガチャでお目当てを引きやすくなるハッピークラッカーは非常に助かる。

・協力プレイ
いくら回転率が良いとはいえ、それなりに並んだり待ってプレイする事になるゲームなのに
協力プレイやりにくくない?ゲーセン側での工夫とかもないとそんなに流行らないと思うけど。

・ゲーセンにあるカード交換台
自分の行ったゲーセンには、スキルカードとかを交換できる台がセットされてたんだけど
交換するのはいいとして、カードにプレイヤー名入っちゃってるし
プレイに影響与えるような感じでもなさそうだし・・・ただのコレクション用という事でいいのかな?
ただそうなるとカードに他のプレイヤー名入っちゃってるの個人的には何となく嫌かな(苦笑)  続きを読む

Posted by chronoss_shine at 01:56Comments(0)TrackBack(0)