September 01, 2019

タイキ、スパロボDDでスパロボ熱を取り戻せ!

ここ最近のタイキのささやかな娯楽は、ネット小説漁りとスマホアプリゲー
そして前回紹介した魔王様、リトライ!を見る事なのだが
先日ミリシタに復刻ガチャで巫女ジュリアが戻ってきたので再度回したけど
今回もハッピーニューイヤーに撃沈したので、傷心のあまり最近はスパロボDDに浮気中です。
(一応来たけど全部恒常SSR美奈子だけってどゆ事!前回の巫女のり子と同じパターンじゃねぇか!
 確率上昇中ってなんだよ?辞書引いて出直してこいや!!)

という訳で今回は先日リリースされたスーパーロボット大戦DDについてなのですが
元々スマホアプリでクロスオメガがあったのだが、正直俺はアレ好きじゃなかったので
今回のDDには大いに期待していたので、早速プレイ開始したのは良かったのだが・・・
リセマラが面倒くさい!(チュートリアルが長過ぎる)
しかもこの時期は緊急メンテが入ったり不運にもその直後に
AWS(Amazon Web Service)障害に巻き込まれたりと散々だった事もあり
すっかり心折れてリセマラを諦めた。
次にガチャを回すための石の入手があまりにも渋すぎて無課金プレイ者には厳しいかもしれない。
ただ今のところはキャンペーンでガチャチケ貰えるからそれで良いのを引ける事を祈るしかない。

プレイ開始時のガチャ結果(これでスタート)
・SSR ハラキリブレード(ヴァルヴレイヴ)
・SSR メグの激励 ディド(オリジナルヒロイン)
・ SSR アムロ・レイのパートナー(チェーン)
・SR ジー・エッジ(ヴァルヴレイヴ)
・SR GNロングブレイド(エクシア)
・SR ヘレブ・ネガー(ディーダリオン)

なんというヴァルヴレイヴ推しなスタートである(本編未視聴、二次小説で少し触れた程度の知識)
ちなみにタイキが狙っていたのはSSR クロスレンジ・アタック(νガンダム)
あるいはSSR ゲッタースパイクブレード(ブラックゲッター)

本作では機体自体はストーリーで必ず入手できるようになっており
ユニットパーツ(主に武装)が課金要素となる模様。
今までのスパロボで必殺技(演出が豪華なもの)がSSR扱いになるようだ。

【ストーリー面】
プロローグでオリジナル世界の南極でディーダリオンの暴走で
異世界(ワールド1〜4)へと飛ばされてしまうらしい。

.錙璽襯稗韻両豺
参戦作品がマジンガーZ・コンバトラーV・鋼鉄ジーグ・デビルマン(!?)・
ビルバイン(ダンバイン)と昔のスパロボを思い出させる世界観。
そういえば石丸さんボイスの甲児君は久々だね。
この世界ではスーパーロボット軍団を結成し、各勢力との戦いを繰り広げる事になる。

▲錙璽襯稗欧両豺
こちらはブラックゲッター(真ゲッター)・ガオガイガー・ボルテスV・Zガンダム・νガンダム
ユニコーンガンダム・エヴァンゲリオンとなっており
インベーダーやゾンダーが大暴れし、ネオジオンが暗躍し(シャア総帥も健在)
ボアサン星人の侵略も並行しており、そしてセカンドインパクト発動済と相当カオスな世界観

ワールド3の場合
こちらではARX-7アーバレスト(フルメタ)・ストライクガンダム(ガンダムSEED)
ソレスタルビーイングのガンダム4期(ガンダム00 1st)・紅蓮弐式(コードギアス)と
非合法組織・極秘傭兵組織が入り乱れるスパロボZ以来久々のスーパーテロリスト大戦ぶりである。

ぅ錙璽襯4の場合
最後にここでは、ガンダムバルバトス(鉄血のオルフェンズ)・スコープドッグ(ボトムズ)
レイズナー・ヴァルヴレイヴ・ゼーガベインと
新規参戦組メインの世界観で、主に鉄華団を中心として物語が進行していく。

【共通点】
・スパロボマジックは期待できない?

この作品では原作では悲劇で終わるキャラクターや敵対するキャラクターを
自軍に率いる説得や鬱フラグブレイクも売りの一つだが
どうやらこの作品ではそういった要素は今のところなさそうである。
せめてやれるとしてもオリジナルのディーダリオン暴走を絡めて便乗させる程度か?

・プレイ自体はプレイヤーの根気が続く限りずっと可能。
ここ最近のスマホアプリゲーに導入されている要因であるEN(体力と表記される事も)の
設定が制圧戦以外にはない事から、ずっとやり続ける事が出来るので
クリア報酬で少しずつ自軍を強化できそうだ。  続きを読む

Posted by chronoss_shine at 13:30Comments(0)